■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

東京五輪、日本側がIOCに「強行開催を”懇願”する方針」で一致か!組織委幹部「政府は、強行開催で財界が喜び、国民もなんだかんだで喜び、ひいては支持率も大幅回復できるとソロバンを弾いている」

東京五輪、日本側がIOCに「強行開催を”懇願”する方針」で一致か!組織委幹部「政府は、強行開催で財界が喜び、国民もなんだかんだで喜び、ひいては支持率も大幅回復できるとソロバンを弾いている」
Pocket

どんなにゅーす?

・新型コロナ危機の第4波が本格襲来している中、菅政権は今でも一貫して東京五輪を「強行開催」する方針であることが一部メディアで報じられた。

万一IOCが”中止”に傾き始めた場合、日本側は強行開催を”懇願”する方向性で一致しているといい、組織委のある幹部は「とにかく政府は『五輪を強行開催すれば、財界が喜び、国民も何だかんだ言いながらアスリートたちの熱戦に酔いしれて批判的言動を忘却させ、ひいては自分たちの支持率も大幅回復できる』とソロバンを弾いている」とコメント。菅政権が、国民の生命・生活を徹底的に軽視しているばかりか、国民を根底からコケにしている内情が浮かび上がっている。

東京五輪「日本はIOCに開催懇願」の衝撃情報

危険な“暴走”にますます拍車がかかっている。東京五輪・パラリンピック組織委員会、国際オリンピック委員会(IOC)、日本政府、東京都、国際パラリンピック委員会(IPC)の代表が大会の準備状況などを確認し合う「5者協議」が28日、オンラインで開かれた。組織委・橋本聖子会長、政府・丸川珠代五輪相、東京都・小池百合子知事、IOCのトーマス・バッハ会長、IPCのアンドリュー・パーソンズ会長が代表者として議論し、観客上限数については6月に判断することで合意した。

~省略~

■ もしもIOCが「開催困難」に傾いたら日本側は「開催懇願」ですでに一致

大会開催においてはあくまでも“慎重派”のスタンスを取り続けている組織委幹部の1人は「そうはならないというか・・・日本側がそうはさせない段取りで動いているようだ」と打ち明け、このようにも続けている。

「首相の『IOCに権限がある』という説明にはどのように考えても無理がある。無論、日本側が東京五輪開催に関して国の総意として『NO』と言えば、莫大な違約金が生じる可能性が高いとはいえ、中止の方向に進んでいくでしょう。でも日本側のトップたちには現在のところ1ミリも、そのような考えはない。むしろIOCが開催困難という結論を持ってきたとしても、逆に日本側はアピール材料を再整理し『お願いだから開催してくれ』と説得及び懇願する方向性で一致しているのです。

とにかく政府は『五輪を強行開催すれば、財界が喜び、国民も何だかんだ言いながらアスリートたちの熱戦に酔いしれて批判的言動を忘却させ、ひいては自分たちの支持率も大幅回復できる』とソロバンを弾いている。東京都知事の胸の内にも『コロナ禍における東京五輪開催と成功を自らの功績にしよう』という政治的野心があるのは、この大会に関わる関係者であれば誰もが見抜いています」

~省略~

【Yahoo!ニュース(JBpress) 2021.4.29.】

IOCが中止をちらつかせてきたら日本側は「強行開催」を懇願か!最悪、IOCにカネを積んで「強行開催をお願い」する展開も…?

どうやら、菅政権はすでに「つける薬が無い」ほどに腐りきってしまっているようです。
現在のところは、IOCと「強行開催」で一致しているように見えますが、万一IOCが「中止」の方向に傾き始めた場合、なんと日本側はIOCに強行開催を「懇願」する方針で一致しているというのです。

もうこいつら、手の施しようがないわっっ!!
完全に平常心や理性すらも失ってしまってるみたいだし、これ以上菅政権を野放ししてたら、冗談抜きで日本国民が大量死してしまうわっ!!

ってことは、IOC側が日本側の意向を読み取った上で、(わざと)中止するようなそぶりを見せれば、日本側はカネ(血税)を積んででも強行開催をお願いする”用意”があるということなのかな?
これ自体が、根底から腐敗しきってしまってるとしか言いようがないけど、日本側が強行開催に拘泥している「理由」がこれまたふるっている。
組織委の幹部によると、「とにかく政府は『五輪を強行開催すれば、財界が喜び、国民も何だかんだ言いながらアスリートたちの熱戦に酔いしれて批判的言動を忘却させ、ひいては自分たちの支持率も大幅回復できる』とソロバンを弾いている」というのだから、一体どこまで日本国民をバカにしきっているのか

ほんとに、「東京五輪を強行すれば、なんだかんだ言って国民が盛り上がって支持率が大幅回復する」と考えている時点で、「日本国民は本物の馬鹿だ」と考えているのと同じですし、これで日本国民が本気で怒らないなら、自分たちがおバカな奴隷であることを認めてしまうも同然だわっ!!

もし本当にそうなったのだとすれば、「1%の支配層の利権やお金儲けのために多くの国民が犠牲になった東京五輪に、多くの日本国民が熱狂する」という、まさに「狂気の構図」が展開されることになりますし、まさに、東京五輪の強行開催が「日本が滅亡する未来を確定させるような出来事」となってしまうでしょう。

菅総理といい小池都知事といい、どうも、本気で「東京五輪の強行開催によって国民からの大きな支持やレガシーを手に入れることが出来る」と思い込んでいるように見えるし、まさに、グローバリストへ利益誘導によって得られる私利私欲や保身しか頭にない”売国政治屋”によって、この日本が完全に崩壊してしまう寸前となっている。
下手をすれば、東京五輪を意地でも開催させるために、さらに国民の莫大な血税がどぶに捨てられてしまう可能性も大いに出てきているし、まさに「日本を守るための五輪中止」か、あるいは「日本を崩壊させることを意味する五輪強行」か、今の日本はこの「重大な2択」を迫られている状態であると言えるだろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事