NHK大河ドラマ「いだてん」の視聴率がワースト3位!東京五輪プロパガンダ丸出しの内容に視聴者も冷ややか!?

Pocket

どんなにゅーす?

・日本でオリンピックが開催されるまでの経緯などを綴ったNHKの新作大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」の初回視聴率が、歴代ワースト3位の15.5%だったことが分かった。

・ビートたけし、小泉今日子、役所広司など、「豪華なキャスト陣」を擁し、大々的にNHKや各メディアが宣伝しているものの、安倍政権やNHK、電通らによる2020年の東京五輪に向けての国威発揚の意図やプロパガンダの臭いを感じた視聴者も多かったのか、なんとも貧弱な滑り出しとなった。

NHK「いだてん」は「あまちゃん」と同じ?話題先行で低視聴率の理由

ビートたけし、小泉今日子、役所広司、星野源、森山未來、松坂桃李、生田斗真、神木隆之介、橋本愛、川栄李奈……。

日本でのオリンピックをテーマに、中村勘九郎と阿部サダヲのW主演、脚本は“クドカン”宮藤官九郎がつとめるNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」。1月6日に放送された第1話では豪華キャストが次々と登場したものの、平均視聴率は15.5%(ビデオリサーチ調べ関東地区)で、初回として歴代ワースト3位となった。

上智大学の碓井広義教授(メディア文化論)は、視聴率が振るわなかった理由を分析する。

「いつもの戦国や幕末・明治維新と違う近現代を舞台にした大河ドラマ。大河ファンの中には、今回はパスという人も少なからず存在します」

~省略~

【AERA dot. 2019.1.13.】

東京五輪に向けての「国威発揚」「五輪礼賛プロパガンダ」丸出しの「いだてん」に国民から冷ややかな声!裏金疑惑の再燃でさらに白けムードに!

出典:Wikipedia

東京五輪をテーマにした大河ドラマ「いだてん」が、放送初回でワースト3位の視聴率だったことが分かりました。
宮藤官九郎さんの脚本と、「豪華キャスト」を売りに、NHKや各メディアで大々的に宣伝されていましたが、(やっぱり?)国民の反応は結構冷ややかだったようです。

そういえば、ボクの親父も「なんだこれ、つまらん」といってすぐにチャンネル変えていたっけ。
なんだか、一部のメディアでは「初回視聴率が『西郷どん上回る』」「演出家も手応え!」なんてどうにかポジティブにねじ曲げて盛り上げようとしているような報道も見られるけど…そもそも、東京五輪を1年後に控えたこのタイミングで「悲願の東京五輪招致を果たした男たちの物語」なんて、安倍政権や電通などによるプロパガンダ臭が完全に丸出しだ。
前回の「西郷どん」も、”薩長テロリスト&明治維新賛美”の「安倍一族礼賛」の意図が見え隠れしていた中で、いよいよ、こうした意図を隠さずに「安倍賛美」「国威発揚」の洗脳ドラマを堂々とやり出した状況だね。

これまでも、安倍官邸と電通の配下にある大手メディアでは、うんざりするほどに東京五輪の宣伝をごり押ししてきているけど、竹中平蔵氏率いるグローバル大企業やゼネコンによる独占的な利権に加え、億単位に及ぶほどの裏金(電通は、ディアク親子と以前から国際陸連を通じて昵懇)と、ここまで汚れきった五輪はなかなかないような状況だし、ここに来てその賄賂疑惑が一気に再燃し始めたことで、ますます国民が白ける事態になっている。

東京五輪をここまで露骨に国民にごり押しし、マスメディアを使って露骨に「国威発揚」を展開している時点で、この国が近代の先進国とはほど遠いような体質であることを痛感するし、こうした安倍政権に露骨にくみし、1%の特権階級による汚れた利権や裏金にまみれた東京五輪への賛美を率先して国民に刷り込んでいるのが他ならぬNHKということだね。

これも、日本社会の中に様々なウソや虚飾が蔓延している一端ですね。
日本のマスメディアが安倍官邸や電通に支配されている以上、海外のマスメディアの力も借りつつ、この東京五輪がどれだけ不当なプロセスで決定し、国民に多くの虚飾を刷り込んできたのかを明らかにしていく必要があるのではと思います。

五輪誘致のプレゼンで安倍総理が言い放った「アンダーコントロール」が、日本社会の実情や東京五輪の「全て」を物語っているよね。
これから竹田会長らの賄賂疑惑への本格捜査が始まる中で、是非とも、この調子で「いだてん」には”低視聴率街道”を突き進んでもらい、「安倍一派に追従していくとロクなことにならない」というのを強く示して欲しいところだ。

Pocket

 

おススメ記事&広告