【おぅ】中国の宇宙実験施設「天宮1号」がまもなく地球に落下か!”制御不能状態”で日本のどこかに残骸が落ちる可能性も?

Pocket

どんなにゅーす?

2018年4月1日~2日頃にかけて、制御不能に陥っている中国の宇宙実験施設「天宮1号」が大気圏に再突入し、地球のどこかに燃え残った破片が落下する可能性があるという。

・ESA(ヨーロッパ宇宙機関)は、落下する場所に日本も含めており、ネット上の一部の人々の間で不安の声が上がっている。

天宮1号、間もなく大気圏に 日本も落下範囲か

制御不能になっている中国の宇宙ステーション実験機「天宮1号」が早ければ31日にも大気圏に突入する見込みで、地上まで落下する恐れも指摘されています。

天宮1号は中国が2011年に打ち上げた宇宙ステーション実験機で、全長約10メートル、重さは8.5トンあります。2016年に運用を終えましたが、現在は制御不能になっているとみられ、中国当局は今月になって31日から4月2日の間に大気圏に突入するという予測を発表しました。天宮1号は29日に関東上空を通過する姿が捉えられています。今後、大気圏に突入する際は軌道から外れるため、落下場所は特定が難しく、明らかになっていません。ESA(ヨーロッパ宇宙機関)は落下する恐れのある一帯に日本も含めていますが、人に当たる恐れはほとんどないとしています。

【テレ朝news 2018.3.31.】

 

産経新聞が「毒性の強い液体が残留の恐れ」と危険を煽る報道している以外は、被害が発生する可能性は低いとの見方

にゃにゃあ!?
制御不能になった中国の宇宙実験施設の残骸が「地球のどこか」に降ってくる可能性が言われているみたいだにゃ!
しかも、日本の上空でも、この「天宮1号」にゃんが飛んでるのが、バッチリ肉眼で見えたみたいだにゃ!

当サイトでも、2016年の9月にこの天宮1号が制御不能に陥ったことと、近く地球に落下する可能性があることを紹介したけど、ついに「その時」がすぐそこに迫ってきたみたいだね。

見たところ、産経新聞が「中国の無人宇宙実験室『天宮1号』 破片に毒性の強い液体が残留の恐れも」なんて、声高に中国のネガティブイメージと危険を煽る報道に走っている以外は、おおよそ、地球上で大きな被害が出る可能性は低いとの報道が多い感じだね。

一部では「北カフカスの一地方」あたりに残骸が落下の可能性との報道もあるけど、いずれも予想レベルであり、はっきりとしたことは分からないみたいだ。
よほど運が悪いことにならない限り、人的被害は出ないとの見方が多いっぽいけど、とにかく、何事もないまま無事に終わることを願うとしよう

世の中、何が起こるか分からにゃいし、にゃこも今日明日はおうちで大人しくしてよっかにゃ
どの人にも動物しゃんにも当たらないで、地上に降ってくる前にキレイに燃え尽きるのを願っているにゃ!

おススメ記事&広告

 
Pocket