贈賄容疑・JOC竹田会長が退任表明も、6月の任期満了まで居座り!「不正はしてない」「若い人たちに託す」

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年3月19日、東京五輪招致における贈賄容疑でフランス当局から捜査を受けているJOC竹田恒和会長が、6月の任期満了に伴い退任し、IOC委員も辞任することを明らかにした。

・ネット上では、身柄拘束を恐れて海外の会議の出席を拒み続けているにもかかわらず、「不正はしていない」「若い人たちに託す」などと説明している竹田会長に対して疑いの声が噴出。国民を煙に巻くようなやり口に、ネット上では批判が殺到している。

JOC竹田会長、理事会で退任表明 買収疑惑で捜査対象

2020年東京五輪・パラリンピックの招致に絡む買収疑惑で、仏司法当局の捜査対象となっている日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長(71)が19日、東京都内で開かれたJOC理事会で退任する意向を表明した。竹田氏は「世間をお騒がせしたことを大変心苦しく思う。今期をもって役員の定年を迎える。JOCの将来を思うと次代を担う若いリーダーに新しい時代を切り開いていただくことが最もふさわしい」と述べた。国際オリンピック委員会(IOC)委員も辞任する。

疑惑の当事者となっている竹田氏に対しては、20年大会組織委の関係者らから「東京大会のイメージを損なう」などと資質を問う声が高まっていた。

01年に会長に就任した竹田氏は現在10期目。20年大会の招致委員会では理事長に就き、いまは大会組織委の副会長を務める。JOC会長としては今年6月に改選期を迎えるが、当初は「東京五輪までは竹田体制で」というのがJOC内外での既定路線だった。

~省略~

【朝日新聞 2019.3.19.】

「不正はしていない」と主張しつつも、身柄拘束を恐れて海外の会議を”ズル休み”し続けている竹田会長が、6月の任期満了まで居座ることを表明!

贈賄容疑のJOC竹田会長が任期満了の6月いっぱいで退任することを明らかにしたわね!
本人は相変わらず「不正はしていない」って主張しているけど、その割には、海外で逮捕されるのを恐れて海外の会議を”ズル休み”しまくってる状況だし、言ってることと行動が全く一致していないんだけど!!

しかも、すぐに辞任するのかと思いきや、なんと、6月の任期満了まで会長の座に居座ることになったみたいだね。
これは、竹田氏自身が主張している「不正はしていない」「若い世代に託したい」との発言の整合性をどうにかつけようとしているのと、ネット上で疑いの声が上がっているように、退職金などを受け取ろうとしている可能性もあるだろう。
いずれにしても、国民に対して、どうにかして「深刻な問題発覚により引責辞任」とのイメージをぼやかしたい思惑があるのは間違いない。

でも、あおいちゃんの言うとおり、本当に不正をしていない絶対的な自信があるのなら、むしろ、海外の会議に積極的に出向いて、明確な根拠とともに世界の人々に丁寧に説明するはずだし、どうみても、竹田会長の行動は、「やましいものを抱えている人間」の行動パターンだ。
いわば現在の状況は、日本政府(東京五輪組織)が「贈賄疑惑の容疑者」をかくまっている状況だし、安倍総理が言っていた「完全にブロックされています」という言葉が、ますます皮肉に聞こえてくるね。

出典:Twitter(@jucnag)

安倍政権は、何としても「黒い金」まみれの東京五輪を強行するために、日本のマスコミや国内世論を「アンダーコントロール」してきた上に、竹田会長がフランス当局から逮捕されるのを「必死にブロック」してるってことねっ!!
竹田会長本人もまるで酷いものだけど、そもそも、日本政府やマスコミそのものが根本から腐りきってるわっ!!

諸外国であれば、とっくに大規模デモや暴動が起こっているんだろうけど、何をされても全く大人しく、蹂躙・抑圧されるがままの「真性奴隷」の国民に支えられた日本ならではの現象だね。
今後のフランス当局の捜査を見守っていこうと思うけど、これ以上、日本国内に腐った価値観が蔓延し、モラルが完全崩壊するのをどうにか止めるためにも、フランス当局が厳しい対応をしてくれることを願っているよ。

Pocket