グーグルが検索エンジンの大規模アップデートを実施!→当サイトのアクセスが激減!アップデート当日より従来の半分以下に!

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年9月24日、検索エンジンのグーグルが「コアアルゴリズムアップデート」を実施。これにより、従来のウェブサイトの表示順が大きく変動し、ネットユーザーやウェブサイト運営者に大きな影響が発生している。

当サイトも、このアップデートによる大きな影響を受けており、これまで上位に表示されていた多くの検索ワードにおいて、大幅に順位が下落または圏外に飛ばされる事態が発生。おおよそのアクセス数が従来までの半分以下にまで減少する事態が発生している。

【Google大変動】コアアルゴリズムアップデートによる2019年9月24日からの順位変動について

2019年9月24日から、Google公式に「コアアルゴリズムのアップデート」が実施され、namazで通常より変動が大きくなっており、大変動が続く中さらに目立った動きを観測してます。

このコアアルゴリズムアップデートは、今年の3月中旬(2019年3月12日)と6月初旬(2019年6月4日)に実施されたものと同様の大規模なもので、現に最大級の順位変動が起こってます。

~省略~

また、今回のコアアルゴリズムアップデートも前回(2019年6月4日)と同様に、事前告知としてGoogle公式アナウンスがTwitterでつぶやかれました。

~省略~

【SEOラボ】

ウェブサイトの「生きる」も「死ぬ」もグーグルのさじ加減一つ!?グローバル巨大企業がネット世界を独占支配する”危うさ”

↓当サイトのグーグル経由によるアクセス数。9月24日頃から急激に減少し、従来の2分の1程度の数に。

世界中のネット世界をほぼ独裁的に支配しているグーグルさんが、この度、検索エンジンアルゴリズムの大規模アップデートを実施。
ありとあらゆるウェブサイトが影響を受けているみたいだわ。

いやあ、これは当サイトにとってはひどい”改悪”だ。
なんせ、今回のアップデートによって、当サイトの検索エンジンからの流入数が40~50%程度にまで落ち込んでしまっておりアクセス数が激減
実際に調べてみると、これまで多くの人が来ていた検索ワードの当サイトの表示順位が軒並み大きく下がったり、場合によって圏外に飛ばされる(表示されなくなる)事態が連発しており、簡単に言うと、当サイトの存在が従来よりも多くの人に認知されずらくなってしまったようだ。

7月末ごろには、私たちのサイトのグーグル広告配信(グーグルアドセンス)が、全く心当たりがないにもかかわらず、一方的に配信が止められて、「ポリシー違反」との名目でアカウントがはく奪されてしまったけど、”それ”も何らかの影響を及ぼしているのかしら?

とにかく、グーグルの内部システムや検索順位の評価基準は、ほとんどすべてが非公開(秘密)となっており、詳しい内部事情は全く分からないのが現状だ。
したがって、グーグルアドセンスからアカウントをはく奪されたことが検索順位に悪影響を及ぼすかどうかと言われれば、「分からない」としか答えようがないんだけど、これは、言葉を言い換えるとすなわち「可能性はある」ともいえる。

ちなみに、グーグルの大規模アップデートは、ここ最近およそ3か月ごとに行なわれているようで、今年(19年)はこれまで3月と6月に行なわれたとのこと。
この時にも、当サイトも多少の順位変動やアクセスの増減はあったけど、いずれもそこまで大きな影響はなかったし、ここまで大きくアクセスが変動したのは、おそらくサイト開設以来初めてだ。
そのせいで、ただでさえ、広告収入がなかなか厳しい状況になっている中で、さらに大きく減少してしまう事態に見舞われているし、なんだか、当サイトが「見えざる”巨大な何か”に頭を強く抑えつけられている」ような感覚に陥っているよ。

私たちのサイトをどうにか存続させようと、懸命に手を尽くしている状況だけど、まさに泣きっ面に蜂のような事態ね。
これまで地道に作成してきた多くの記事も、人目につかない場所に追いやられてしまうと、ほとんど意味がないような状況になってしまうし…実質的に、今の世界のネット社会がグーグルさんの”独裁支配体制”のようなシステムになってしまっている中、私たちのようなウェブサイトの「生きる」も「死ぬ」も、グーグルさんの「さじ加減一つ」ということね。

従来までの検索結果と比べて、大手の企業メディアなどが上位を占めるようになってきているように見えるし、表面的には「読者にとって有益な質の高いページが優先的に上位表示される」と謳っているものの、グーグル側による何らかの「恣意的な意向や判断」が存在していてもおかしくないと考えた方がいいだろう。
そもそも、一民間企業にすぎないグーグルが、ボクたちが作ったありとあらゆるウェブサイトを勝手に”評価””ランク付け”して、一般市民のビジネス活動の生殺与奪を握っているというのも、なんだかおかしな話だと思うけど…つまり、グーグルなどのグローバル資本勢力側にとって、不都合な情報を積極的に発信しているウェブサイトは、その他のサイトに比べて、悪い評価を与えられ、人目に付きづらい場所に”排除”されてしまう可能性があるということだ。

…まあ、現時点では、一時的に下位に追いやられている可能性も否定できないし、1か月ほど様子を見た方がいいかもしれないけど、ただ、特定の民間企業が世界中のインターネットを地球規模で支配している実情はいささか異常だし、事実、ありとあらゆるウェブサイト運営者が、グーグルに揃って忖度し、ひれ伏している現状があることは否定できないね。

これこそ、巨大民間企業が地球規模で人類を支配する「グローバリズムの極致」ですし、これまでの出来事を振り返っても、私たちのサイトがこれらの「インターネットの支配者」から目をつけられている可能性は「ないとはいえない」わね。

Pocket