昭和大病院の医師が女性に睡眠薬飲ませレイプ!2人を逮捕!ネット「山口敬之氏とほとんど同じ手口」「なぜ山口氏は逮捕されないのか?」

Pocket

どんなにゅーす?

昭和大病院に勤める2人が、女性に睡眠薬を飲ませて意識を失わせた上で強姦したとして、内科医の金古政隆容疑者(28)と研修医の大林久晃容疑者(26)がわいせつ略取と準強制性交の容疑で逮捕された。

・二人は、女性を性行為を行なったことは認めているものの、薬を使用したことは否認しているという。

・ネット上では、安倍総理と深い関係を持つジャーナリスト、山口敬之氏のレイプの手口とほとんど同じことを挙げながら、「なぜ、山口氏の方は逮捕が直前で中止され、そのまま揉み消されたのか?」と強い疑問を唱える声が上がっている。

女性乱暴容疑で昭和大病院医師ら逮捕 睡眠薬飲ませる

女性に睡眠作用のある薬を飲ませて自宅に連れ込み性的暴行を加えたとして、警視庁捜査1課は27日、昭和大学病院の内科医、金古政隆容疑者(28)=東京都品川区西中延=と、研修医の大林久晃容疑者(26)=横浜市都筑区荏田東=をわいせつ略取と準強制性交の疑いで逮捕した。

金古容疑者は「酩酊(めいてい)状態の女性と合意で性行為したが薬は飲ませていない」と否認、大林容疑者は「女性に乱暴したことは間違いないが薬は飲ませていない」と一部否認している。

同課によると、女性の体内から睡眠作用のある薬物の成分を検出した。薬物は市販のものではなく、同課は入手経路を調べている。

逮捕容疑は1月18日午後11時から19日午前5時半ごろにかけ、品川区のカラオケ店で20代女性に睡眠作用のある成分を含む薬を入れた酒を飲ませた上で、金古容疑者の自宅に連れ込んで性的暴行を加えた疑い。

19日に被害女性が警視庁に相談した。金古容疑者らは被害者を含む女性2人と居酒屋で飲食後にカラオケ店に行ったという。カラオケ店から自宅に移動する際、女性は1人では歩けない状態だった。一緒にいた女性も同様の被害を訴えており、同課が調べている。

【日経新聞 2019.2.27.】

安倍トモジャーナリスト・山口敬之氏とほとんど同じ手口で女性をレイプした容疑で、内科医と研修医が逮捕される!

女性が飲んだお酒に睡眠薬を入れて意識を失わせた上で、自宅に連れ込んでレイプした容疑で、昭和大病院の内科医と研修医が逮捕されたわっ!
被害女性が警察に相談したことで逮捕されたみたいだけど、これって、何から何まで山口敬之氏が伊藤詩織さんをレイプした手口とほとんど同じじゃないのよっ!

本当に、こういうニュースを見聞きすればするほど、山口敬之氏が逮捕される直前に(逮捕日当日に)警視庁トップが動き空港で山口氏を待ち構えていた警官に突然に「逮捕中止命令」が出された不可解さや不自然さがますます際立ってくるね。
当サイトでも、これらの類いのレイプ事件について逐一紹介してきたけど、リアルナンパアカデミーの事件(大量の酒を女性に飲ませてレイプ)についても警察がかなり力を入れている上に、睡眠薬を入れて女性を強姦しようとした”未遂事件”でも会社員が逮捕されており、いずれも山口敬之氏の件との扱いの違いが目立っている。

しかも、山口氏の事件についても、警察は逮捕できるだけの十分な物証を揃えた上で、満を持して空港で山口氏を待ち構えていた状況だったし、このような状況の中で、当時の警視庁のトップで菅官房長官の秘書官も務めた中村格氏が直々に動いて、山口氏の逮捕の中止を命令したというのは、どこをどう考えても、山口敬之氏が安倍総理と(まるで秘書官のような)「特別に親密な関係」を築いていたことが大きく影響したとしか思えないんだよ。

●過去参考記事:【虚偽答弁】安倍総理と山口敬之氏との”ズブズブ情報”が続々!「山口氏の結婚式で挨拶」「昭恵夫人の弟と一緒に写真」「衆院解散時の原稿をホテルで読み聞かせ」

はぁ…改めて思い出しても、「山口敬之氏レイプ揉み消し事件」は、安倍政権の無法性と独裁性を象徴するような、異常で異様な事件なのを痛感するわ。

すでに、この国は、「安倍官邸に忠誠を誓っているかそうでないか」によって、警察や検察の扱いが180度変わる社会に成り代わっており、民主主義の基本である立憲主義や法治国家の原則も大きく崩れ去ってしまっている状態だ。
改めて、ボクたち日本国民も、そうした「異様な社会」で生かされていることを客観的に認識した上で、「これ以上のディストピア社会に向かっていかないためにはどうするべきなのか」について、真剣に考えていく必要があるんじゃないかな。

Pocket

 

 関連記事