柚木道義議員による詩織さん事件追及第2弾!中村格氏はまたも逃亡!上川法相「逮捕状執行停止命令の報告を受けたかどうかは答えられない」

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年12月5日、衆院法務委員会にて希望・柚木道義議員による詩織さん事件追及第2弾が行なわれたものの、今回も山口敬之氏の逮捕中止を命令した中村格刑事部長は出席せず。代わりに出席した警察庁・大賀真一官房審議官が、しきりに論点を逸らす逃げの答弁を繰り返したものの、その中で中村氏が逮捕中止を命じたことは暗に認めた

・また、当時の担当大臣だった上川陽子法務相に対し、柚木議員が「中村氏から逮捕状の執行停止命令の報告を受けたかどうか」を質問したところ、「報告を受けたかどうかは答えられない」と答弁。今回も関係各所の担当者は「答えられない」「分からない」などの連発で、ますます疑念を深める状況となっている。

スポンサーリンク

↓12月5日の衆院法務委員会より。

ついに、国会で初めて中村格・元刑事部長が伊藤詩織さんを被害者とする
準強姦罪疑惑について、捜査員が逮捕寸前に執行停止命令出したことを
公式に認めました。
https://www.facebook.com/michiyoshi.yunoki
おまけに、上川法務大臣は、この執行停止命令の報告を受けたかどうか、
答えられない、と。
指揮権発動でないことを証明する意味でも、
報告受けてないなら、
「受けていない」
と答えたらどうか、との私への問いにも答えず。

ところで、私の質疑最中に、偶然とは思いますが、
今回の準強姦罪疑惑の被疑者だった元TBS記者が顧問をしていたと報じられている
スパコン会社社長逮捕の報道。
http://ceron.jp/url/www3.nhk.or.jp/news/html/20171205/k10011246741000.html
以前に週刊新潮に関連記事があります。

ちなみに、今回、被疑者だった記者の氏名をイニシャル「Y氏」にしても
資料をボード提示を与党は却下しました。

【Instagram (michiyoshiyunoki) 2017.12.5.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回の国会追及でも、中村格氏を始めたとした重要人物は揃って逃亡!魂を抜かれたかのように「分からない」「答えられない」を繰り返し続ける部下たち

出典:YouTube

希望・柚木道義議員による、「詩織さん事件」の国会追及第2弾が行なわれましたが、やはりここでも最大のキーマンである中村格氏は全力で逃亡し、その代わりに、森友疑獄での佐川氏をほうふつとさせるような大賀真一・警察庁官房審議官による本質そらしの逃げの答弁がひたすら繰り返されました。

そして、当時の担当大臣でもあった上川陽子法務相は、中村格氏から逮捕の中止について報告があったのかとの問いに対し、「逮捕状の執行停止命令の報告を受けたかどうかは答えられない」と、何とも意味深な答弁を行なった。

また、柚木議員が「中村氏が逮捕中止を命じる前後に、菅官房長官や安倍総理に相談や報告をしているのかどうか?」との質問を大賀氏にぶつけたところ、「報告していないと聞いている」と答弁。
これに柚木議員が「それは本当なのか??」と強い疑念を示す一幕もあった。

有名人に関する捜査や逮捕状の発布については、捜査段階より上層部に報告がなされること自体は珍しくないようで、詩織さんの著書によると、山口氏の案件についても、当時の捜査員は被害届を出す前から検察官に報告していたことを詩織さんにも明かしている
したがって、警視庁の上層部がこの件をある程度把握していたり、どこかのタイミングで山口氏と懇意な菅長官や安倍総理の耳に入ったとしても何らおかしくはないだろうし、
高輪署の捜査担当者は、当時ドイツに滞在していた詩織さんに対し、「今から成田空港で山口氏を逮捕するので急いで帰国してきて欲しい」と電話で連絡していたことも彼女の著書に記されている。

ここまで逮捕の手はずが万全に整えられていた中で、あまりに突然に(菅官房長官の秘書官も務めていた)中村格刑事部長(当時)から逮捕の中止が命令されるというのは、どう考えても普通では考えられない話であり、柚木議員は「このようなケースは過去に何件あったのか?」との問いに対しても、大賀氏は「そのような個々のデータは把握していない」とここでも気の抜けるような答弁を行なっている。

事件の当事者は今でも揃って逃亡を続けては、代理で出てきた担当者たちは、まるで魂を抜かれてしまったのかのような、無表情かつ無気力な答弁に徹している始末です。
この姿を見ても、この国がいかに深刻な”病巣”に内部の奥深くから冒されてしまっているのかがよく分かる状況となっています。

ここまで政権与党のみならず、警察も検察も司法も深く腐りきり、あまりに惨い一般国民への人権の蹂躙が行なわれている以上、この腐敗を正していける可能性があるのは、ボクたち国民一人一人の意思と国民の後押しを受けた心ある野党議員だけだ。
今後も柚木議員の魂の追及に期待していきたいし、超党派の追及チームによるさらなる頑張りに望みをかけたいところだね。

そして、私たちがこの話題を大きく盛り上げ、多くの国民に知ってもらうことこそが、マスコミを動かし、日本の病巣をより大きくえぐり出すことに繋がるかと思いますので、私たちも引き続き頑張っていきましょう!

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket