【世界の恥】BBCの「詩織さん事件特集」で放送された自民・杉田水脈議員らの振る舞いに怒りの声が殺到!水道橋博士「これは本当に酷い映像だと思う」

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年6月28日に英国BBCで放送された、安倍総理と深い関係を持つジャーナリスト・山口敬之氏からの薬物レイプ被害を訴え続けている伊藤詩織さんを特集したドキュメント番組「日本の秘められた恥」において、詩織さんを批判する側として登場した、自民党・杉田水脈議員らの主張や振る舞いに、国内外から怒りの声が殺到している。

・番組内では、杉田議員ら安倍シンパが集まるネット番組で、詩織さんを面白おかしく中傷・嘲笑するシーンが紹介され、杉田議員の「彼女は女としての落ち度があった」と主張するコメントを放送。このコメントに、海外からも衝撃と批判の声が上がっているほか、日本からも「日本の恥だ」などの非難が殺到。改めて「詩織さん事件」をめぐる日本国内の深刻な病巣が浮き彫りとなっている。

安倍政権にはびこる、腐りきった「弱者蹂躙」「女性蔑視」「権力賛美」思想がついにワールドワイドに紹介される!

↓レイプ被害者の詩織さんを面白おかしく嘲笑する安倍カルト女性議員の醜い姿と信じがたいコメントに、世界で悪寒と嫌悪感に震える人が続出。

出典:Twitter(@bettybeat)

当サイトでも紹介した、伊藤詩織さんを特集したBBCのドキュメンタリー世界で大きな反響を呼んでいますが、中でも、詩織さんを批判する側として登場した自民・杉田水脈議員らの振る舞いと、「彼女は女としての落ち度があった」と言い放った信じがたいようなコメントに対し、世界で大きなショックと怒りの声が殺到しています。

まさに、人としての心や最低限の良識すらも、”全て”をかなぐり捨ててしまったカネと欲にまみれた「見るに堪えられないほどの姿」に、かなり大きな衝撃と反響が起こっているようだね。

BBCの記事によると、海外のネットユーザーからも「何がいやだって、女性が女性を攻撃してること。被害者を支えるんじゃなくて、女性が彼女を責めてる。犯罪を犯した男を責めなさいよ!」との声や、「私の『ぜったい行きたい』リストから、日本はいきなり外れてしまった。#JapansSecretShameを見ているけど、性的暴行を軽くあしらう態度にぞっとしている。」などの声が出ているほか、英国ガーディアン紙でも「観るのがとても大変なドキュメンタリーだ。痛ましく、不愉快で、動揺させられる。」と評価。
想像を上回るほどの日本社会の腐敗しきった現状に世界が大きく反応している上に、(週刊新潮以外の)日本のマスメディアが全くといっていいほど報じてこなかったことで、その実態をよく知らなかった日本の人々からも、大きなショックの声が次々上がっているようだ。

こういう状況を包み隠さず分かりやすく伝えることこそが、マスメディアに課せられた「本来の役割」であり、この事件をことごとく隠蔽し続けてきた日本のマスメディアも、詩織さん事件の”共犯者”といえるばかりではなく、日本の人々に(安倍政権と一緒になりながら)政治・警察・検察腐敗の実態を覆い隠している罪は非常に大きいです。

このようなクレイジーな思想と劣化しきった精神性を持ち合わせている議員たちが日本の政権政党として絶大な権限を握っていること自体、日本史上はたまた人類史上において未曾有の危機的事態であり、この国はかつてない崩壊の危機に晒されている。

当たり前のことだけど、真に困っている人達、社会の弱者の痛みが全く理解出来ない人間は絶対に政治家になってはいけないし、自民党のトップにいる安倍総理や、さらにその上にいる経団連などのグローバル資本勢力にひたすら擦り寄り、美味しい権益をもらうことしか頭にない政治家らに国会が占拠されれば、社会の下層にいる民衆にとっては地獄のような”ディストピア”がやってくるのは自明の理だ。

安倍政権は、民衆をより独裁的に支配・統制するために、民族差別、弱者蔑視などの「ヘイト思想」を強固に社会に流布させており、安倍政権を支援している(統一教会幸福の科学などの)数々のカルト宗教団体が大きく力を増しながらステルス的に「安倍礼賛」の布教活動を行なってきたことで、このようなモンスターのような「ヘイト・カルト議員」が大量に日本の権力層にはびこる事態となっている。

このような「未曾有の危機事態」を客観的に日本国民が認識するには、もはや、良質なネットメディアや海外メディアを通じて多くの情報を得るしかない状況だし、そういう意味では、今回BBCがこのような特集を放送したことは、非常に大きな意義があったといえるだろう。

客観的に捉えれば捉えるほど、日本の末期的な事態が痛感されてしまいますが、少しでもこの状況から脱却していくためにも、まずは私たち自身が、この国の実態を冷静かつ客観的に把握していくことが必要ですね。
そして、より多くの人がこの特集を視聴することで、日本や世界を少しでも良い方向に向かわせる推進力となることを強く願いたいと思います。

そうだね。とにかく、こうした自民党議員の世にも醜い姿をより多くの人々に観てもらい、現状の国民の間に広がっている危機感をより大きくしていくことが大事なんじゃないかな。

おススメ記事&広告

 
Pocket