自民・杉田水脈議員が反天皇団体の住所を晒す→デマだったことが判明!識者「テロや脅迫を助長する危険な行為」

Pocket

どんなにゅーす?

自民・杉田水脈議員が、天皇制に反対する団体(反天連)について、「表現の不自由展に関与している」と主張しつつ、団体本部の住所を晒すも、この住所が間違った情報だったことが判明。識者が杉田氏の行為を「(テロや脅迫などの)犯罪を助長する危険な行為」と問題視している上に、ネット上で批判が殺到している。

杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

自民党の杉田水脈衆院議員が、天皇制に反対する団体の本部だという住所をツイッターに投稿したが、毎日新聞が調べたところ、誤りだった。杉田議員は、誤りが確認できれば訂正を検討するというが、そもそも、自身と主張が異なる団体の所在地を拡散させるのは「威力業務妨害など犯罪を助長する危険な行為」と識者は指摘する。【山口朋辰/統合デジタル取材センター】

~省略~

【毎日新聞 2019.8.24.】

デマでもなんでもフル活用し、「韓国への憎悪」や「日本国民同士の分断・衝突」を扇動!日本社会はすでに「ディストピアの入り口」に!

出典:Twitter(@miosugita)

「詩織さん事件」「生産性がない発言」などで、世界に向けて日本の悪評を広げまくってきた杉田水脈議員が、またとんでもない問題行為をやらかしたみたいね!
ヘイトやら差別やら煽りやら、しまいには悪質なデマ拡散まで…この議員はどれだけ日本に害を及ぼせば気が済むのよっ!!

どうやら、天皇制について議論を呼びかける別の団体が事務所を構えていた時があったみたいだけど、(杉田議員が住所を晒してまで呼びかけている)反天連の本部は元から別の場所にあるとのことだ。
まさしく「安定のクオリティ」といえるような問題児ぶりだし、「反知性国会議員」の筆頭格として、「日本の破壊」に余念がないね。

管理人自身は、このようなやや過激な運動を行なっている反天皇組織は支持しないし、過去の歴史を紐解いても、戦後に一時期過激化していった反政府運動の背後にグローバル資本勢力が入り込んでいたことを疑っているけど、このようなデマを用いて国民を扇動し、仮想敵国への憎悪を煽ったり、国民間の衝突や分断を促している杉田議員本人も、まさしく、グローバル戦争資本勢力の「傀儡工作議員」そのもののような行動だ。

まともな国家であれば、杉田氏のような国会議員がここまで大きな権力や影響力を持つような事態そのものが「有り得ないような話」だし、これそのものが、日本がかつてなかったまでに知性や教養が崩壊していては、国家そのものが相当なまでに弱体化しきってきていることを示している。
国民や国家が繁栄していくために最も必要なのは、まさに、議員や国民間における高いモラルや理性、思考力などの「知力」だけど、今の日本は、その「知力」がかつてなかったまでに疲弊してきてしまっているね。

ほんとに、杉田議員以外にも同じ穴の狢のような国会議員がわんさかいるし、こうした問題児議員が一掃されるどこか、ますます増えてきている始末なんだから、冗談抜きでこの国は終わってしまっているわ。

日本の外を見ても、世界的な規模での経済崩壊が目前になってきた雰囲気があるし、まさしく令和の時代は、混沌や争乱、そして大規模な崩壊や破綻をも伴った、戦後経験したことがないような「大変な世の中」になっていきそうだ。

Pocket

 

 関連記事