北朝鮮で拘束の杉本倫孝(ともゆき)氏が解放、日本に帰国へ!北メディア「人道主義の原則に従って寛大に許し、国外に追放することにした」

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年8月28日午前、北朝鮮当局にスパイ容疑で拘束されていた映像クリエーター・杉本倫孝(ともゆき)氏が解放され、同日中に北京を経由して日本に帰国する予定だという。

・北朝鮮側は「人道主義の原則に従って寛大に許し、国外に追放することにした」とコメントしているものの、詳細は明らかにされていない状況。菅官房長官は記者会見で「報道は承知している」とコメントしたものの、「具体的なことについての発言は事柄の性質上、控えたい」と詳しい言明を避けた。

北朝鮮に拘束の日本人男性 解放 北京に到着

今月、北朝鮮国内で軍事施設を撮影したとして当局に拘束された日本人男性が、28日午前、解放され、ピョンヤンから空路、中国の北京に到着しました。男性は28日中に日本に帰国する見通しです。
この男性は杉本倫孝さんと北朝鮮の国営メディアは伝えていて、日本政府関係者によりますと、今月、北朝鮮西部のナンポで軍事施設を撮影したとして拘束されたということです。

日本政府は北京の大使館ルートなどを通じて北朝鮮に早期に解放するよう求め、26日夜、北朝鮮が国外追放にする方針を明らかにしていました。

男性は28日午前、ピョンヤンから空路、中国の北京に到着し、空港で日本大使館の関係者に迎えられました。

北朝鮮国営メディアは、男性に関して、「犯罪を犯したため、該当する機関に拘束されて取り調べを受けた」としたうえで、「人道主義の原則に基づいて国外に追放することにした」と伝えていますが、どのような法律に違反したとみなされたのかなど、詳しいことは明らかになっていません。

~省略~

官房長官「邦人の安全確保は責務」
菅官房長官は閣議のあとの記者会見で、「報道は承知している。邦人の安全確保は政府の最大の責務であり、政府としては全力で取り組んでいるが、具体的なことについての発言は事柄の性質上、控えたい」と述べました。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2018.8.28.】

北朝鮮当局に拘束されていた杉本倫孝氏が突如解放される!菅長官「報道は承知している」

↓杉本氏のTwitter。

出典:Twitter(@_sugimoto)

北朝鮮当局にスパイ容疑で拘束されていた杉本倫孝(ともゆき)さんが無事に解放され、まもなく日本に帰国するとのことです!
北朝鮮側は多くの情報を出しておらず詳細は不明な状況ですが、北朝鮮メディアは「人道主義の原則に従って寛大に許してやり、国外に追放することにした」とコメントしているようです。

うむ。思ったより早くに解放されて、その点について本当に良かったね。
一部では、安倍政権に近い立場にある政治団体に属している人物で、日朝会談の橋渡しをするべく情報収集するために北朝鮮入りしたのではとの情報が出ていたけど、杉本氏のTwitterをざっと見る限りでは、そうした政治色は全く感じられず、実際の所どうなのかは不明な状況だ。

見たところ、杉本氏は主にデジタル系ミュージックを手がける音楽クリエイターやプロデューサーっぽいような感じで、そんな彼が、何故わざわざ海外を経由して北朝鮮に入ったのかも現時点ではよく分からない。
おまけに、何故大きな危険を冒してまで軍事施設を撮影したのかも不明だし、なんだか色々と謎が多い事件だね。

菅長官は「報道は承知している」とコメントしつつ、やはり詳細については言及を避けていますし、あらゆる点で不思議な点が多い状況ですね。
北朝鮮側は、世界に向けて寛大さや柔軟さ、人道重視路線をアピールした形で、ひとまずは日朝関係が大きくこじれるということにはならなさそうですし、その点についても良かったと思います。

そうだね。
もしかしたら、帰国後に杉本氏本人がメディアの前で何かのコメントするかもしれないし、ひとまずこの後の様子を見ていくとしよう。

おススメ記事&広告

 
Pocket