■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【ゆるねと通信】「JOC幹部の急死」の続報が完全にゼロに(多くの国民が忘却)!、米山元新潟知事が有名ツイッタラー「黒瀬深」による中傷案件で開示請求!、明石家さんま「僕はワクチン打たない」!

【ゆるねと通信】「JOC幹部の急死」の続報が完全にゼロに(多くの国民が忘却)!、米山元新潟知事が有名ツイッタラー「黒瀬深」による中傷案件で開示請求!、明石家さんま「僕はワクチン打たない」!
Pocket

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

(ゆるねと通信 2021年6月24日号)

東京五輪強行が決定し、「JOC幹部の急死」の続報が(”事故死”ということにされたまま)完全にゼロに!(すでに多くの国民が忘却)

【東京五輪】JOC 経理部長急死に沈痛 「絶対に許されない」職員たちを憤怒させた一部報道

~省略~

午後2時すぎ、山下会長は東京・晴海で開かれる大会組織委員会の理事会へ向かうため、JOCオフィスから出て来た。明らかに動揺し、硬い表情だった。「経理部長の件ですが…」という問いかけに「連絡は入っています。ご遺族が確認した、と。確認するまでは、ご遺族は信じたくないということで、周りには一切連絡していなかったようです」と沈痛な面持ちで経緯を説明した。

当初、JOCは「事実を確認できない」としていたが、7日の深夜になって山下会長に一報が入ったという。五輪直前での衝撃的な出来事をどう受け止めているのか? そう問うと「申し訳ないけど、まだ細かい事実関係が確認できていない。これ以上はコメントできない。勘弁してください」と話すのが精一杯だった。だが、去り際に「それから」と切り出した山下会長はこんな本音を漏らした。

「役員でもないのに実名で報道されていた。ご遺族のお気持ちを考えるとね…」

7日午前の第一報では男性の実名が報じられた。その時点で、警視庁広報は取材に「50代の男性が電車と接触して亡くなったのは事実ですが、その方が誰であるかは発表していません」と回答している。しかし、一部メディアは捜査関係者からの情報として実名報道に踏み切ったのだ。

~省略~

経理部長だけに一部では「五輪とカネ」と結びつけるかのような報道もあるが、男性を知る関係者は「芯が強く、むしろ不正と闘うタイプの人。招致の問題とも全く関係ない立場」と証言。「何らかのメッセージでは」と憶測を口にする関係者もいるが、真相は闇の中だ。

【Yahoo!ニュース(東スポWeb) 2021.6.9.】


出典:Yahoo!ニュース(日テレNEWS24)

東京五輪の強行開催が完全に決定したことで、つい2週間ほど前に発生したJOC幹部・森谷靖さんの”謎の急死”の続報が全くなくなってしまった上に、このニュースそのものが「なかったこと」にされてしまっている状態です。
あまりにも予想していた通りの展開ですが、改めて、この国が深い闇と腐敗にまみれた「一大ブラック国家」であることを痛感されます。

ボク自身も、先の記事で「JOCの『組織としての信頼性』はすでにゼロ」「組織委と同じく、自己保身や隠蔽に走りがちなブラックな体質が見え隠れしている」と指摘したけど、週刊文春もJOCを「金銭疑惑が常に渦巻く“伏魔殿”」と表現しているね。
ネット上で積極的に情報を集めている人々も多くが忘れてしまっている状況にみえるし、テレビでも事件発生当初にわずかに報じられたくらいだったために、この事件そのものを全く知らない国民もかなり多いんじゃないかな。

それに、第一報直後から、山下会長があからさまにマスメディアを脅す発言を繰り返していたし、いくらか詳しい内情を報じた上の週刊文春に対しても、「事実と全く異なる。大きく歪曲して書かれている。断じて許せない行為だ」などと最大級の恫喝をかけていたくらいなので、そりゃ、(腐敗した権力の奴隷である)日本の大手マスコミがすっかり黙り込んでしまうわけだよ。

こうした全体の状況を俯瞰してみても、「誤って電車に当たったただの事故死」であるはずがないし、JOCや菅政権、そしてIOCも一緒になって、無理やり「事故死」ということにして、真相を徹底的に闇に葬ろうとしているのが丸分かりだ。

本当に恐ろしいことです。
いよいよ森友事件と何から何までそっくりになってきていますし、すでに遺書が見つかっているにもかかわらず、これらも全部隠蔽したうえで、ありとあらゆる情報を操作・制限している可能性もあるでしょう。

大手マスコミも東京五輪のスポンサーになってしまっている以上、運営側(特権階級)にとって本当に都合が悪い情報を報じることが出来ない状況だし、(この一件に限らず、新型コロナワクチンに関しての報道といい)まさに中国並みの凄まじい情報統制だ。
何度も言ってきたことだけど、まさに、東京五輪が日本の既存の民主主義システムを完全に破壊してしまったといっても過言ではないし、いかに今のこの状況が根底から狂ってしまっているのか、日本国民は改めて再認識する必要がありそうだね。

 

米山元新潟知事が、有名ツイッタラー「黒瀬深」による中傷案件で開示請求!すでに米山氏は発信者の詳細情報を把握している模様!

記事の続きは、月額ウェブマガジン「ゆるねとパートナーズ」の有料会員登録を行なっていただけますと閲覧することが出来ます。

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ゆるねと通信カテゴリの最新記事