【これは酷い】菅総理が学術会議の「説明放棄」を宣言!NHKの番組で「説明できることとできないことがある」と言い放つ!”法律完全無視”の菅総理に国民から怒り殺到!

Pocket

どんなにゅーす?

・2020年10月26日、NHKの報道番組に出演した菅総理が、学術会議の任命拒否問題についてコメントし、「結果的に一部の大学に(会員が)偏っている」などと学術会議の体質を問題視している考えを示した。

・さらに、「説明を求める国民の声もあるように思う」と質問されたのに対し、菅総理は「説明できることとできないことがある。学術会議が推薦したのを政府が追認しろと言われているわけですから」などと放言。先日に「推薦リストを見ていない」と発言していたことと矛盾する発言が出た上に、違法行為を暗に認めつつ「説明放棄宣言」ともいえるコメントが飛び出してきたことに、国民から怒りの声が噴出している。

首相「説明できることとできないことある」学術会議問題

菅義偉首相は26日夜、NHKの報道番組に出演した。日本学術会議の任命除外の問題について、現会員が後任を推薦できるとする現在の仕組みに改めて懐疑的な考えを示し、「結果的に一部の大学に(会員が)偏っている」と主張した。

日本学術会議が出した105人の推薦者のうち、6人を任命しなかったのは、「推薦された人を前例踏襲して任命していいのかどうか迷った結果、今回このような(任命しない)対応をさせていただいた」と説明した。

ただ、司会者が「説明を求める国民の声もあるように思う」と発言すると、菅氏は「説明できることとできないことがある。学術会議が推薦したのを政府が追認しろと言われているわけですから」と語気を強めた。

~省略~

【朝日新聞 2020.10.26.】

菅総理が公共の電波で「任命拒否は違法行為だった」ことを暗に認めつつ、「説明できない」と(逆ギレ気味に)開き直り!

出典:Twitter(@Ryohhei039724Rs)

ついに菅総理が、学術会議の任命拒否問題について「説明できることとできないことがある」なんて言い放ちながら、実質的に「説明できない」と完全に開き直ったわっ!!
つまりは、今回の行為について「問題ない」ことを説明するための根拠が何もないってことを総理自身が認めたってことだし、本人も「やってはダメなこと(違法行為)だった」ことを認識してるってことじゃないのよっ!!

しかも、この事態を受けて「すみません、私たちが間違っていたので再任命します」って言えばまだマシなのに、本人の口からも説明不能なことを「徹底的にゴリ押し」って、一体どうなっているんだ。
つまりは、「海の向こうのご主人様からの圧力に逆らえずに、重大な違法行為をやってしまいました」ってことなんだろうし、日本が完全なる「エセ民主主義国&エセ独立国家」であることが白日の下に晒されてしまうので、そりゃ、口が裂けてもそんなことは言えないだろうね。

おまけに、なんで「推薦リストを見ていない」(つまりは官邸官僚から促されるままに決裁印を押した)って言ってたのに、「メンバーが偏っている」などと思うことが出来るのか?
菅総理が自主的に考え、決断したことをアピールしようとしているつもりかもしれないけど、すでに「誰かから言われるままに任命拒否した」との”本音”とごちゃ混ぜになっていて、菅総理によるあらゆる主張の信頼性が崩壊している。

つまりは、菅総理自身、何が何だか分からなくなってきていて、説明責任を求めるまっとうな国民からの声に対しても「投げやり&逆ギレ気味」になっているってことねっ!!
この時点で、早くも菅政権は土台や柱が本格的に崩れかかってるってことだわっ!!

こうやって、菅政権による違法行為がどんどん常態化していくことで日本政府の信頼性もガラガラと崩れ落ち、やがては国家体そのものが本格的に崩壊していくのだろう。
まさに菅総理は、グローバリストによる「日本破壊」のアジェンダを推し進めるのに最適な人材と言えそうだし、多くの国民が自民党を漫然と支持し続ける限り、「その時」は思ってたよりもずっと早くにやってくるかもしれないね。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事