菅総理、”ステーキ忘年会”について「国民に誤解を招いたという意味で真摯に反省」と陳謝!→ネット「反省の内容が間違ってる」「誤解をした俺らが悪いのか」

Pocket

どんなにゅーす?

・2020年12月14日に行なわれた、菅総理と二階幹事長や各界の著名人らによる「ステーキ忘年会」に対して国民からの批判が殺到している中、菅総理が記者陣からの質問に応じ、「国民に誤解を招いたという意味で真摯に反省している」とコメントした。

・この菅総理による”なんちゃって陳謝”に対して、国民からは疑問の声が噴出。「反省の内容が間違ってる」「誤解をした俺らが悪いのか」などの怒りの声が上がっている。

5人以上の会食 菅首相「誤解を招くという意味で真摯に反省」

菅総理大臣が5人以上で会食し、野党側が批判していることについて、加藤官房長官は、目的と感染防止策の徹底というバランスの中での判断が重要だとしたうえで「国民の誤解を招いたのではないかという指摘は真摯(しんし)に受け止めなければならない」と述べました。

また、この後、菅総理大臣は、記者団に対し「他(た)の方との 距離は十分にあったが、国民の誤解を招くという意味においては、真摯に反省している」と述べました。

政府が大人数での会食をできるだけ控えるよう呼びかける中、菅総理大臣は、14日、都内のステーキ店で、自民党の二階幹事長や林幹事長代理らと5人以上で会食し、野党側から批判が出ています。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2020.12.16.】

「ステーキ忘年会開催」で菅総理が謝罪に追い込まれるも、(予想通り)「ひねくれた謝罪コメント」のせいで火に油を注ぐことに…!

「ガースーです!」のひんしゅく挨拶に加えて、「ステーキ忘年会」の発覚で大炎上に見舞われている菅総理が謝罪コメントを発表しました。
しかし、予想通りというべきか、いかにも菅総理らしい何ともひねくれた「なんちゃって謝罪コメント」だったために、国民からはますます批判が噴出
結果、ますます火に油を注ぐような事態になっています。

まさしく「謝れない」「反省しない」「自らの間違いを認めない」などの、最近の与党政治家の増長や傲慢ぶりをよく表した謝罪コメントだと思うけど、「誤解を招いた」と国民に責任を転嫁しつつ「真摯に反省している」と言っているのだから、このコメントそのものが支離滅裂だ。

しかし、菅総理がこんな風に反省しているそぶりを見せたこと自体、官房長官時代からあまり記憶にないし、それだけ、現在、菅政権が本格的に追い込まれていることの証でもある。
菅政権にとっては、まさに今こそ「最善の手」を尽くして、政権運営の立て直しに注力すべき状況なのではと思うけど…相変わらず「中途半端な謝罪」のせいで、ますます国民から怒りを買っているのだから、もう何から何までダメダメだ。
この調子ではますます火の手があちこちに拡がっていきそうだし、最後は、「決定的な不正疑惑やスキャンダル発覚」でそのまま終了…いった未来が薄ぼんやりと見えているような感じだね。

菅総理は、自民党内においても、麻生氏とは犬猿の仲の上に、(GoToの一時停止によって)頭が上がらない二階派からも激しい突き上げにあっている様子で、ここで最小限にダメージに抑えておかないと、あっという間に権力基盤を失い、実にあっけなく倒壊するような展開も多いに有り得るでしょう。
今回の「なんちゃって謝罪」で、ますます危機管理能力や政権運営のセンスの欠如を感じずにはいられませんが、菅政権がこの先どのような道をたどっていくのか、今後の展開をよく見ていこうと思います。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事