神奈川の異臭騒動、横浜市が臭気の採取に成功!ペンタンやブタンなどが高濃度で検出されるも、発生源はいまだに不明!ネットでも様々な推測が飛び交う!

Pocket

どんなにゅーす?

・2020年10月13日、神奈川県南部で原因不明の異臭騒動が続いている中、横浜市が会見を開き、臭いが含まれた大気の採取に成功したことを発表。分析の結果、ガソリンなどに含まれるイソペンタンとペンタンが通常の大気と比べて10倍以上の濃度で検出されたほか、ブタンも通常の3倍近い濃度で検出されたという。

・この他、木材を燃やした時などに発生するエチレンとアセチレンも通常の2倍以上の濃度で検出されたというものの、発生源はいまだ不明のまま。住民からは多くの不安の声が上がっている中、ネット上でも様々な推測が飛び交っている。

横浜「異臭」 ガソリンなどに含まれる物質 通常より高く検出

~省略~

JR横浜駅やその周辺では12日、「ガスのような臭いがする」といった通報が16件相次ぎ、横浜市保土ケ谷区にある消防の庁舎でも臭いがしたことから職員が外の空気を採取し、市の研究所で成分の分析が行われました。

これについて横浜市は13日午後5時半から記者会見し、ガソリンなどに含まれるイソペンタンとペンタンが市内の通常の大気と比べて10倍以上の濃度で検出されたほか、ブタンも通常の3倍近い濃度で検出されたことを明らかにしました。

また木材を燃やした時などに発生するエチレンとアセチレンも通常の2倍以上の濃度で検出されたということです。

横浜市は現時点では健康に影響を及ぼすことはないとしています。

一方、こうした物質が高い濃度で検出された原因についてはわからないとしていて、市は、県や国と連携して原因を究明するための検証を進めたいとしています。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2020.10.13.】

横浜市が臭気の分析結果を発表するも、謎はますます深まるばかり!ネットでは「人為説」「自然説」の双方が飛び交う!

出典:Yahoo!ニュース(テレ朝news)

神奈川で頻発している「謎の異臭騒動」だけど、横浜市が臭いが含まれた大気の採取に成功、その分析結果を発表したわ。
だけど、これだけじゃ「何が原因なのか」の真相究明には程遠いし、ネット上でも様々な推測や意見が飛び交っているわ。

ううむ。
これらが、本当に異臭の中に含まれていた成分なのなら、赤潮や青潮が原因である可能性はいくらか低くなった感じかな。
ペンタンやブタンは天然ガスの中にも含まれているようだし、地殻変動などによって、どこかから天然ガスが噴き出している可能性があるほかに、相変わらず、米軍などのグローバル勢力がどこかで何らかの実験や秘密の掘削作業などを行なっている疑いも否定できない。

従って、いまだに巨大地震の前兆であるとの説も否定できないし、もっとうがった見方をすると、(先に触れたように)グローバル勢力が三浦半島の近海で「おかしな実験」を行なっており、人工的に地震を引き起こそうとしている疑いも拭えない。

いずれにしても、ここまで本格的に調査を行なっていてもなお原因が突き止められないというのは、相当に奇妙だし、このエリアで「何らかの異常」が起こっていることは間違いない
そういう意味でも、特に巨大災害などについて、入念な備えと心構えをしておくに越したことはないし、(ここまで調査して全く突き止められない以上)この先も「本当の原因」が分かる可能性はあまり高くないかもしれないね。

少なくとも、グローバリストの人たちが「犯人」だったとしたら、私たちに本当の原因が知らされることは永久にないわね。
世界支配層お抱えの科学者たちが、長年にわたって「人工地震」を研究&実験してきた(以前では大手新聞でも報じられていた)ことは紛れもない事実ですし、今回の件においても、あらゆる可能性や疑いを持ちながら十分な防災準備をしておくのがよさそうだわ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。