孫正義氏がPCR検査の「100万人分無償提供」の考え表明するも、何故か”非難”の声が大殺到!孫氏「評判悪いからやめようかなぁ。。。」安倍サポ軍団「そうだそうだ!」

Pocket

どんなにゅーす?

・2020年3月11日、日本国内で新型コロナウイルスのPCR検査が一向に普及しない現状を受け、ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長が、自身のツイッターで「PCR検査キットの100万人分無償提供」の考えがあることをツイートしたものの、何故か、「医療崩壊を招く」「絶対にやるな」との非難ツイートが大殺到する事態が発生している。

・思わぬ炎上に見舞われた孫氏は「検査したくても検査してもらえない人が多数いると聞いて発案したけど、評判悪いから、やめようかなぁ。。。」とツイートすると、「そうだそうだ」「良く決断した」などの大量のコメントが。通常では考えられないような”異様な事態”が日本国内で展開されている。

孫正義氏、「新型コロナの簡易PCR検査を100万人に無償提供」とツイート 「医療崩壊させる気か」リプライで批判噴出【追記あり】

ソフトバンクグループの孫正義社長(兼会長)が3月11日に、「新型コロナウイルスに不安のある方々に、簡易PCR検査の機会を無償で提供したい。まずは100万人分。申込方法等、これから準備」と、新型コロナウイルス感染症に対する具体的な方針をTwitterに投稿した。一方、医療関係者とみられるTwitterアカウントなどからは批判の声が上がっている。

日本国内での新型コロナウイルスのPCR検査人数は、3月11日正午時点で9195人。100万人が検査を受けられれば、国内の新たな感染ルートが見つかる可能性はある。海外でも、米国は「検査キットが足りない」(マイク・ペンス副大統領)として120万人分の検査キットを今週末までに配布する方針を示している。

~省略~

孫社長が午後6時25分に当該ツイートを投稿してから午後8時までの時点で、約3400件のリプライがTwitterユーザーから寄せられている。その多くは批判的な投稿で、医療関係者とみられるアカウントからは「検査機関への過剰な負担になる」「受け皿となる病床が乏しい状況での検査乱発は控えてほしい」「無症状の陽性患者や偽陽性の方が医療現場にあふれかえり、医療崩壊を招く可能性がある」など、検査の乱発を控えてほしいという声が上がっている。

一方、孫社長はその後のツイートで、軽症者に対しオンライン診療を行う政府の方針に賛同の意を示しており、医療崩壊を引き起こさないよう行う考えを示している。

~省略~

【ITmedia NEWS 2020.3.11.】

孫氏のツイートに、安倍シンパやネット工作員が一斉出動で「絶対やめろ」「医療崩壊する」の大合唱に!「やめようかなぁ」のツイートには「そうだそうだ」の大合唱!

出典:Twitter(@masason)

出典:Twitter(@masason)

太っ腹の孫さんが「100万人分の簡易PCR検査キット提供」の考えをツイートしたものの、なぜか「絶対にやるな」「医療崩壊する」の非難ツイートが大殺到
結局、本人の気分が下げ下げになって「やめようかなぁ」とツイートしたら、今度は「そうだそうだ」の大合唱で、何だかメチャクチャな事態になってるわ。

ボク自身だって、今の時点で新型コロナウイルスに感染しているのどうかを知りたいし、正常な感覚を持っている人なら、「今、自分たちや日本全体がどのような状態になっているのか」を正確に知りたいと思うのが普通だと思うんだけど。
一体どういう連中が孫氏のこの動きに怒り狂っているんだろうと思ってちょっと見てみたけど…やっぱりというべきか、笑ってしまうくらいに、いかにも怪しげな「自称医療関係者」やら、安倍政権とカネや利権で繋がっている「安倍シンパ」やら、「自称愛国」のグローバルペテンカルト集団ばかりではないか!

ごく普通の一般庶民は、自分自身の健康を守ったり感染しないように気を遣うことで精一杯だし、「医療崩壊するから(自分の命よりも病院を守ることを優先)」なんていう理由で、孫さんの動きを全力で止めようとするはずないものね。
私だって、風邪っぽい症状が出たり、咳が止まらないような状態になった時には、出来るだけすぐにウイルス検査を受けたいし、普通の国民はみんなそう思ってるはずだわ。

その通りだ。
だからこそ、世界各国でも多くの国民からのニーズを最優先に考えて、出来るだけ手軽にPCR検査を受けられる体制を迅速に作っているんだよね。

そういう意味でも、この孫氏のツイートに大量に寄せられている「非難の声」は明らかに不自然でおかしいし、まさしく、福島原発事故そっくりの「みんなで被曝すれば怖くない」ならぬ「みんなで感染すれば怖くない」みたいな風潮が強固に作られてきたぞ。

いかにも「この国らしい展開」になってきたわ。
「1億総玉砕」の頃から全く何も変わっていないし、本当に世界の各国と比べても、とっても特殊で異様な「真性奴隷社会」よね。

何度も言っているけど、最も重要なのは、「出来るだけ正しい実態を把握し、これを元に、科学的で実効性の高い感染予防策を取ること」であり、無症状の感染者を含め、出来るだけ「正しい感染者数」を把握した上で、彼らが感染を広げないように、(自宅待機や隔離場所での隔離を通じて)極力移動や集会などを制限することが必要なんだよ。
「あえて実態を把握しないまま、モヤモヤのままで適当にやり過ごす」という、今のやり方を続けていれば、感染拡大がこの先もどんどん進み、助かっていた命が助からない事例が多発していくことにもつながるし、今の安倍政権のやり方は、日本国民に対して「無用な感染」を強いてでも、政権や経済システムを最優先に維持しようとする究極的な「棄民政策」といえるだろう。

簡単にいえば、これこそ、経済が”絶対神”のように徹底的に最優先されては、個人の尊厳や生命が極限まで軽視されてしまう「グローバリズムの精神」そのものですし、やっぱり、新型コロナのパニックをきっかけにした、グローバリストによる「壮大な計画」が実行に移されようとしている空気をビシビシ感じるわ。

まあ、孫正義氏もバリバリのグローバリスト側の人間だけど、より多くのPCR検査を実現させようとしている考えについては、ボクも賛成だよ。
とにかく、この一件を見ても、日本国内でPCR検査を普及させないように(=正確な感染者数を出さないように)、相当に強い力がかかっていることがよく分かるし、こうしたシナリオを強固に実行している”指南役”が「ディープステート」内に存在していると考えるのが自然なんじゃないかな。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事