■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【不可解】Twitter社が山上容疑者のアカウントを凍結!Twitter社「凍結にいたる詳細等についてはお答えできない」→ネット「犯行の内情を示す重要な物証なのになぜ??」

【不可解】Twitter社が山上容疑者のアカウントを凍結!Twitter社「凍結にいたる詳細等についてはお答えできない」→ネット「犯行の内情を示す重要な物証なのになぜ??」
Pocket

どんなにゅーす?

・安倍元総理暗殺事件について、一部マスコミで報じられていた山上徹也容疑者のものとみられていたツイッターアカウントが突如凍結される事態が発生。マスコミの取材に対し、同社が「凍結にいたる詳細等についてはお答えできません」とコメントした中、ネット上で様々な憶測が飛び交っている。

山上容疑者、ツイッターに「母を信じたかった」…宗教団体批判の投稿も

安倍晋三・元首相(67)に対する銃撃事件で、逮捕された山上徹也容疑者(41)が、ツイッターで宗教団体「世界平和統一家庭連合(旧統一教会)」を批判する投稿をしていたことがわかった。初投稿は約3年前で、以前から同連合に恨みを持っていたことが改めて浮かんだ。その一方で、「母を信じたかった」など肉親への複雑な思いものぞかせていた。

山上容疑者は事件の直前、岡山市内から、安倍氏の殺害を示唆する手紙を松江市のルポライター、米本和広氏(71)に送っていた。手紙には、同容疑者のツイッターアカウントも記されており、奈良県警は17日、この手紙を押収した。

ツイッターの初投稿は2019年10月13日。同月上旬には、同連合トップが参加した集会が愛知県で開かれていた。山上容疑者は県警の調べに、「トップを火炎瓶を使って襲おうとしたが、近づけなかった」と供述しており、襲撃に失敗した直後に始めた可能性がある。

~省略~

投稿は今年6月30日のロシアのプーチン大統領に関する論評が最後。別の人が前日29日に書き込んだ「人生、マイナスからのスタートをどうにか0に戻すのに必死になってるだけという感覚がある」という投稿をリツイート(転載)していた。

アカウントのフォロワー(登録者)は17日午前の段階で1件、フォロー(登録)しているのも週刊誌の公式アカウントなど2件しかなく、知人に見てもらうためのものではなかったとみられる。

【InfoseekNews(読売新聞) 2022.7.18.】

何故かTwitter社が山上容疑者のアカウントを凍結!(同社がこれまで大量の統一教会系のヘイト・デマアカウントを放置し続けてきた中)ネット上では同社への批判や疑念の声が噴出!

これは一体どういうことかしら?
すでに一部報道やネットユーザーによって山上容疑者のツイッターアカウントが特定されているけど、これまでのツイートにおいて特に大きな問題があったようには感じられなかったし、なぜこれを今になってTwitter社が凍結したのか、ネット上では様々な臆測が飛び交っているわ。

いつもながら、Twitter社は不可解で奇妙な動きをするね。
これまでの報道や全体の構図を俯瞰してきたところ、ボクは、山上容疑者はグローバル諜報勢力に雇われた工作員であることを疑っているけど、これらのツイートを詳細に読み込んできたネットユーザーによると、かつての山上容疑者は安倍元総理や自民党を支持していたことをうかがわせるようなツイートをしていたらしい。
いずれにしても、山上容疑者の実態や内情を知るうえでも、彼が残していた一連のツイートは「この事件の謎」を解析していくうえで非常に重要な物証だったはずだ。


山上容疑者が(統一教会の分派組織で、双方で反目し合ってきたといわれている)サンクチュアリ教会のメンバーだったと一時期週刊誌などで伝えられていたけど、教会側が「山上容疑者とは一切無関係」と強く主張して以降、これを詳しく掘り下げる動きがほとんどなくなってしまった現状があるわ。
どちらにしても、山上容疑者がCIAなどのグローバル諜報勢力(やこれらと繋がるアングラ組織)と関係を持っている人物である疑いがあることには変わりないし、Twitter社の今回の対応もますます”様々な疑念”を呼び起こすものであることは間違いないわ。

Twitterといえば、これまで、安倍政権に批判的な意見を発してきたアカウントに対してはかなり積極的に凍結してきた一方で、(統一教会系のものとみられる)安倍シンパ系のヘイト・デマアカウントに対しては異様なまでに放置し続けてきた現状がある。
そして、実際のところ、吉本芸人の中にもCIA工作員への内定が決まっていたような人もいるくらいだし、ボクたちの身の回りにも欧米諜報勢力や中国共産党などの情報員が多く存在していると考えるべきだ。
非常に精度の高い殺傷能力のある銃を自作したり、”一発本番”で標的を仕留める高い技術や能力を持っている以上、当然ながら、アングラ勢力と接点を持っている工作員であることを疑うべきであり、今回のTwitter社の凍結も、山上容疑者の人となりを出来るだけ覆い隠すために実行された疑いがある。

いずれにしても、依然として多くの謎や不可解な点があるし、かなりの前から「安倍元総理を暗殺する計画」が水面下で存在していた上に、(単なる個人的怨恨ではなく)「特定の政治目的」のために安倍元総理が完全に消されたことを疑うべきなのではないかな。

そして、Twitterやマスメディアがこれらの痕跡を積極的に隠したり消し去ろうとしているような動きが感じられるし、果たして、安倍元総理が完全に”抹消”されたことで、この国がどこに向かっていくのか、今後の展開を注視していこうと思うわ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事