【グローバリズム】小泉進次郎氏、米CSISで「人口減はチャンス」などと語る!アーミテージ氏ら軍産系ジャパンハンドラーも集結!

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年5月3日、小泉進次郎氏が、自身の”古巣”でもある米グローバリスト系シンクタンクCSIS(戦略国際問題研究所)で講演。日本の人口減少や高齢化社会などに触れ、「人口減少と人生100年時代は日本のニュー・フロンティア(新たな未開拓地)だ」「終身雇用や戦後の社会システムを維持するかぎり繁栄はない」など熱弁を振るった。

・講演には、アーミテージ氏ら軍産系ジャパンハンドラーも集結。日本におけるグローバリズムのさらなる深化を求めた。

進次郎氏、ケネディ流の言葉で「人口減はチャンス」

【ワシントン=海谷道隆】訪米中の自民党の小泉進次郎衆院議員は3日、ワシントンの有力政策研究機関「戦略国際問題研究所(CSIS)」で講演し、米政界関係者らに次世代リーダーとしての存在感をアピールした。

CSISは、小泉氏がかつて研究員として在籍した「古巣」だ。安倍首相も首相に返り咲いた後の2013年2月に講演した。この日は、有力知日派のリチャード・アーミテージ元国務副長官らが駆け付けた。

小泉氏は、少子高齢化が進む日本について、「我々には成功のチャンスがある。人口減少と高齢化は日本の『ニューフロンティア』だ」と強調。高齢化社会でも最先端技術の活用などで活力を維持できるとし、「日本が変革する可能性について楽観している」と訴えた。

~省略~

【Yahoo!ニュース(読売新聞) 2019.5.4.】

小泉進次郎氏「日本は国際社会への関与深めるべき」

~省略~

この中で小泉氏は「日本は変わらなければならない。国際社会に対する関与を深め、より重要な役割を果たすべきだ」と述べ、日米同盟を基軸に、アメリカやインドなどとの協力強化を目指す方針を示しました。

また、「日本は人口が減少しているからこそ、外に目を向けなければならない」と述べ、自由貿易を推進し、農産物の輸出増加など市場拡大を図る必要があると指摘しました。

さらに小泉氏は「日本は人生100年時代の社会をつくる最初の国になる。終身雇用や戦後の社会システムを維持するかぎり繁栄はない」と述べました。

そして、「私はケネディ元大統領のように国民の力を引き出し、日本の未来に必要なすべての改革を実行するため、全力を尽くす覚悟だ」と述べ、日本のリーダーとして社会保障や雇用制度などの改革に取り組む意欲を示しました。

【NHK NEWS WEB 2019.5.4.】

アーミテージ氏らジャパンハンドラーが集結する中、小泉進次郎氏が”古巣”CSISで「人口削減賛美」「死ぬまで働け社会」などを提言!

出典:YouTube

アーミテージさんら、旧ネオコン系のジャパンハンドラーも駆けつけた中、小泉進次郎さんが”古巣”CSIS(戦略国際問題研究所)で講演を行なって、「人口減はチャンス」などと語ったみたいだわ。
相変わらず、グローバリストと進次郎さんとの関係の深さを感じるし、「次世代のリーダー」として支配層が彼をゴリ押ししているのを感じるわ。

長年にわたり「ジャパンハンドラー」と言われてきたリチャード・アーミテージやマイケル・グリーン、ジョセフ・ナイらといえば、トランプ政権においては完全に存在感を失い半ば隠居状態みたいになっているけど…今でも日本に対しては大きな影響力を発揮しているとみられており、2018年10月には、「日本政府への指令書」といわれる「アーミテージ&ナイレポート」が6年ぶりに出されたことを当サイトでも伝えた。

今回の進次郎氏の講演内容から分かるのは、「70歳まで就労」「年金支給年齢の引き上げ」などの、安倍政権が推し進めている、いわゆる「死ぬまで働け」政策は、彼らジャパンハンドラー(グローバリスト)による意向であるということだ。
進次郎氏は、彼らが求めている「国民奴隷政策」を忠実に実行することを約束することで、グローバリストからの支援を取り付けようとしており、このまま「この流れ」が進んでいけば、いずれ進次郎氏を総理大臣に推す報道が徐々に出てくるようになるのではないかな。

改めて、日本の政界からマスコミまで、何もかもがグローバリズムに染まってしまっているのを感じるし、このままでは、間違いなく私たちは「グローバリストの真性奴隷」として、死ぬまでこき使われ続けてはますます貧乏になってしまう人生が待っていることになりそうね。

ネットをコアに利用している人々の間では、こうした日本全体を覆ってしまっている「グローバリズム」を認識しては、マスコミや政治システムそのものに強い不信感や疑念を持ち始めている状況だけど、日本全体を見ると、いまだにマスコミの扇動に影響されては、進次郎氏を「イケメンアイドル議員」として応援してしまっている人も多くいることがうかがえる。
こうした世論誘導や洗脳に嵌まり続ける限りは、日本国民は世界最悪の奴隷として、グローバリストによって「完全なる監視社会」が構築されては徹底的に搾取され続ける世界が待っているだろうし、もうそろそろ、グローバル資本主義の実態やグローバリズムの恐ろしさについて理解していく必要があるんじゃないかな。

Pocket

 

 関連記事