安倍政権が「70歳までの就業機会」の義務化を検討!「定年70歳」「年金給付額の引き上げ」とともに「生涯1億総奴隷」の社会へ!

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年11月26日、安倍総理が議長を務める未来投資会議が開催され、安倍総理が企業に対して「70歳までの就業機会の確保」を義務化させる方針を示した。

・安倍政権では、年金給付の70歳以上への引き上げも検討されている中で、ネット上では怒りの声が殺到。低賃金や残業代ゼロ制度、長時間労働の問題とともに、「死亡する直前まで働かされる社会」が現実味を帯び始めてきている。

70歳就業、義務化検討=法制化へ来夏実行計画―政府

政府は26日の未来投資会議(議長・安倍晋三首相)で、成長戦略の方向性を取りまとめた。

70歳までの就業機会確保では、企業に「多様な選択肢のいずれかを求める方向」と明記し、将来の義務化を検討する方針を示した。来夏に実行計画をまとめ、早期の法制化を図る。

65歳までの雇用確保では、企業に対し、定年の廃止や引き上げ、継続雇用制度のいずれかを義務付けている。70歳までの延長については、当面は努力義務にとどめ、企業の対応を促す考えだ。

高齢者の就業拡大を目指すのは、少子高齢化で「社会保障の費用が持たない」(与党幹部)ことが背景にある。ただ、70歳となれば健康状態の差も大きく、地域での人材活用など、同一企業での雇用延長にこだわらない柔軟な対応が求められそうだ。

【Yahoo!ニュース(時事通信) 2018.11.26.】

いよいよ「死ぬ直前まで働かされ続ける社会」が現実味!ますます独裁性が増している安倍政権によって、世界的にも例を見ない「1億総奴隷社会」へ!

出典:首相官邸

これまでも、「生涯現役」などと謳いながら、高齢者をこき使う社会制度を推進してきた安倍政権ですが、ついに、「70歳までの就業機会の確保」を企業に義務づける動きを見せ始めています。

この動きが現実化していくと、いよいよ、「定年70歳」が当たり前の社会になり、年金も「人生最後の僅かな期間」しかもらえなくなる上に、亡くなる間際まで働かされ続ける「生涯奴隷社会」がやってきてしまいます。

ああ。こうした悲惨な話を「安倍政権の成長戦略」などと言い換えて宣伝しているのも、いかにも悪徳ペテン政権らしいし、こうした動きは、年金給付開始年齢の引き上げのみならず、「外国人労働者拡大」の動きとも密接に繋がっているだろう。

つまり、日本人は(少子高齢化や、低賃金・ブラック労働などによる疲弊化によって)この先も繁栄する見込みがなさそうな中で、今まで以上にグローバル資本の「使い捨て奴隷」としてボロ雑巾のように使い尽くし、使えなくなったらポイ捨てした上で、日本人が”絶滅寸前”になった際には、いつでも外国人を大量に受け入れて「穴埋め」した上で、「新しいグローバル国家組織」を作ろうとしているのだろう。

すでにその時は、かつての日本は完全に消え去り、「全く新しい組織」に変わっているだろうし、日本国家が破綻寸前(あるいは破綻そのもの)になった際には、タダ同然になった国家インフラを徹底的にグローバル資本が買い占め、いよいよ本格的な「(外国人主体による)新世界」が作られていくような未来が見えてきている。

つまりは、(元来より日本に強い恨みを持っている)安倍一族は、本気で日本を滅亡させようとしているようにしか見えないし、すでにそのための法整備が着々と進められ始めてきているということだ。

本当に恐ろしいことです…。
しかし、それ以上に恐ろしいのは、ここまで日本と日本人を滅ぼそうとしている安倍政権の支持率が、ここに来てまた軒並み上昇傾向読売調査では4ポイントアップの53%)に向かっているということかもしれません。

グローバル資本勢力や安倍政権と癒着する既得権勢力が支持するのはまだ理解できるものの、もし本当に日本国民の半数以上が現在の安倍政権を支持しているのだとしたら、これはちょっとお手上げ状態だね。

どちらにしても、ますます本格的な「1億総奴隷社会」がやってくることになりそうだし、国民自身が本気でどうにかしようと思わない限り、いよいよ日本人が本格的に滅ぼされるような段階に入っていくかもしれないね。

Pocket

 

おススメ記事&広告