【まだ懲りず】経産省が”地球温暖化”対策を口実に「小型原発」開発・実用化へ!世耕経産相が「(原発の)新設、建て替えは全く考えていない」と答弁していた中で

Pocket

どんなにゅーす?

世耕経産相が国会で「(原発の)新設、建て替えは全く考えていない」と答弁していた中、経産省が「新型小型原発」の開発を進め、2040年頃までの実用化を目指す方針を固めたことが報じられた。

・原発政策をめぐっては、フランスと共同で開発していた、核燃料サイクル計画に伴った「次世代原子炉(アストリッド)」の開発がフランスの撤退表明によって事実上破綻しており、行き場を失いつつある使用済み燃料やプルトニウムの問題が深刻化している中、この国では「原子力ムラ」や「核システム」の存続に向けて、新たな原発計画が動き出そうとしている。

新小型原発、開発へ 温暖化対策を名目に経産省

地球温暖化対策を名目に、経済産業省が新たな小型原発の開発を進め、二〇四〇年ごろまでに実用化を目指す方針を固めた。太陽光や風力などの再生可能エネルギーが世界的に普及している中、経産省は温室効果ガス削減には原発が必要と判断。将来の建設を想定しており、原発の新増設に道を開くことになる。

新方針は十一月十四日、経産省内で開かれた非公開の国際会議で、同省資源エネルギー庁の武田伸二郎原子力国際協力推進室長が表明した。本紙は武田室長に取材を申し込んだが、応じていない。

出席者らによると、武田室長は地球温暖化防止の枠組み「パリ協定」実現のために、原発を活用する方針を表明。国内の多くの原発が四〇年ごろに寿命を迎えることを受け、「将来も一定の原発比率を維持するには、新原発の建設に向けて今、準備を始める必要がある」と述べた。

開発目的は「再生エネが増えていくので、これをサポート(補完)する必要がある」とした。天候で変わる太陽光などの不安定な出力をならす必要があり、既存の大型原発より出力を調整しやすい小型原発が必要との見解を示した。

また、使用済み核燃料から取り出したプルトニウムが国内外に大量に蓄積し、核不拡散の観点で各国の懸念が高まっていることから、プルトニウムを大量に燃やす原発が必要としている。東京など大都市圏の需要を満たすには大型の原発も必要とし、従来の軽水炉の改良も目指す。新しい方針は近く正式発表される。

日本は今年から、原発を温暖化対策として進めるための国際的な枠組み「クリーンエネルギーの未来のための原子力革新(略称NICE(ナイス) Future(フューチャー))」に、米国やカナダと共に主体的に関わり、参加国を募っている。今後、参加国の政府や企業との連携を検討し、三年以内に具体的な計画を策定する。

政府が今年夏に決定したエネルギー基本計画は新型炉の研究を進めるとしたが、新設には言及していなかった。世耕弘成(ひろしげ)経産相は国会で「新設、建て替えは全く考えていない」と答弁しており、新増設を想定した新方針は、従来の立場を翻すことになる。

~省略~

【東京新聞 2018.12.3.】

フランスの撤退によって「次世代原子炉開発」が事実上破綻した中で、今度は「新型小型原発」の開発・実用化計画が浮上!腐臭に満ちた日本の「原子力マフィア」と日米の「核カルト」たち!

↓人類に重大な危機をもたらした福島原発事故を引き起こした「当事者」たちが、それでも狂ったように「核発電」に固執するわけとは?

出典:Wikipedia

フランスと共同開発を行なってきた「次世代原子炉(アストリッド)」の計画が、フランス側の撤退表明によって事実上破綻した中で、今度は経産省が(”地球温暖化”対策を口実に)「新型小型原発」の開発と、2040年頃までの実用化を目指す計画を進める方針を固めたことが報じられました。

どうやら、原発政策から続々と各国が撤退し、核燃料サイクル計画も極限まで行き詰まっている中で、それでも、何としてでも「核発電」の”灯”が完全に消えてしまわないよう、この国の”原子力マフィア”たちは、意地でも多額の血税を注いで原発を作り続けようとしているようです。

なんせ、人類そのものを重大な危機に陥らせた上に、ここまで自然環境を大きく破壊した未曾有の原発事故を引き起こしてもなお、一切の反省もなくここまで原発政策をやめようとしてこなかった連中だ。
この連中は、あくまで日本、ひいては人類が滅亡するまでこの日本の土地の津々浦々に「核災害のリスク」を植え付けておきつつ、核技術の研究開発を未来永劫続けていくのだろう。

おまけに、世耕経産相は「原発の新設、建て替えは全く考えていない」と国会答弁しているのだから、これも”国民騙し”の悪質な答弁ということになるね。
ネット上では、「核兵器を密かに作る目的で新型原発を開発するのでは」との疑いの声が上がっているけど、なんせ、日本が保有している(使用済み燃料から抽出された)プルトニウムは、国内外に総計47トンにまで膨れ上がっている状況だ。

こうした膨大なプルトニウムがこっそりと米国に渡り、核兵器の原料にされる可能性も否定できないし、ここまで日本だけが(不自然なまでに)原発の運用や開発に腐心し続けている以上、「米国(や日本)の核兵器の原料を製造するためなのでは?」との疑いを持たれても仕方ないだろう。

いずれにしても、こうした日本の原発政策の背後には相当に「真っ黒な闇」が渦巻いているし、まさしく、日本のあらゆる腐敗が凝縮しているのが、これらの原発政策だね。

世界を混沌に導き続けているグローバリスト(戦争資本)による「重要な拠点」の一つが、私たちが住むこの日本ということですね…。
明治時代以降、私たちの国は、絶えずこれらグローバリストの餌食になり続けてきましたし、今の政治体制が続く限り、冗談抜きで日本はこれらグローバリストに滅ぼされてしまうかもしれませんね。

ボク自身も、もう少しあらゆる部分で余力と余裕があれば日本を出る準備を始めたいところだけど…それくらいに、今この国はどんどん危険な方向に向かってきているように感じるよ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事