【注目】望月衣塑子記者の映画「新聞記者」が公開!安倍政権の腐敗や闇を生々しく描写!松坂桃李さんが内調のエリート官僚を熱演!

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年6月28日、安倍官邸からの様々な妨害や脅しを受けながら、政権に対する厳しい追及報道を続けている東京新聞・望月衣塑子記者の著書を原案にした映画「新聞記者」(藤井道人監督)が公開され、ネットで大きな話題になっている。

・加計疑獄や森友事件、伊藤詩織さん事件を思わせる描写など、安倍政権の腐敗や闇の数々と密接にリンクした内容となっており、多くの批評家や関係者からも高い評価が寄せられている。

・本編には直接的な政権批判の描写は無いものの、「この作品に参加したらテレビの仕事がなくなる」と製作会社2社が依頼を断っていたことも判明。日本の映画界が安倍政権の圧力に怯えている現状も改めて浮かび上がっている。

批評家が絶賛 映画「新聞記者」が暴いた安倍政権の“暗部”

~省略~

東京新聞記者・望月衣塑子氏(44)のノンフィクションを原案に、「デイアンドナイト」など本格的な人間ドラマで定評ある藤井道人監督が、映画オリジナルの脚本を練り上げて実写化したポリティカルドラマ。これが今、試写を見た業界関係者の間で大変な話題になっているのだ。その内容を、映画批評家の前田有一氏が驚きを隠せぬ様子で語る。

「タイトルこそ著書に合わせていますが、映画版はもはや“安倍政権の闇”とでも題したくなるほど現政権の疑惑を網羅した内容です。最近ハリウッドでは、チェイニー副大統領を描いた『バイス』など政治批判の映画が話題ですが、しょせんは過去の話。本作は現政権の、現在進行中の未解決事件を映画化した点で前代未聞です。ハリウッドでさえ、こんなことをしようという無謀な映画人はいない。社会派映画史に刻まれるべき偉業です」

映画は女記者(シム・ウンギョン)が、加計学園がモデルとおぼしき特区の新設大学にまつわる内部告発を受け取材を始めたところ、あらゆる手段で政権を守ろうとする内閣情報調査室から激しい妨害にあう様子を、重厚な演出で描く。実名こそ出さないものの、伊藤詩織さん暴行揉み消しや、公文書偽造を強いられた官僚の自殺をはじめ、これでもかと出てくるエピソードが現実とリンクしていることは誰が見てもすぐにわかるようになっている。

~省略~

【日刊ゲンダイ 2019.6.21.】

メディア×権力 深い闇に迫る2人 映画「新聞記者」あす公開

~省略~

◆政権批判はらむ原案 製作二社依頼断る
河村光庸(みつのぶ)プロデューサー(69)は「安倍政権では、森友・加計問題をはじめさまざまな問題が続いた。テレビや一部の新聞の政権への批判性の無さを感じていた時、立ち向かっている望月さんの本を読みぜひ映画化したいと思った」と意図を説明する。映画では具体的な政権批判の描写はないが「この作品に参加したらテレビの仕事がなくなる」と製作会社二社が依頼を断ったと明かす。

~省略~

【東京新聞 2019.6.27.】

安倍官邸が厳重警戒か!?有名俳優出演の話題作にもかかわらず、TVで宣伝が行なわれず!2社の制作会社が依頼を断っていたことも判明!

出典:Twitter(@ISOKO_MOCHIZUKI)

いよいよ、望月衣塑子記者の著書を原案にした映画「新聞記者」が公開となりました!
しかし、テレビで宣伝がほとんど行なわれていないことが話題になっている上に、2社の制作会社が「この作品に参加したらテレビの仕事がなくなる」との理由で依頼を断っていたことも明らかになり、日本のメディア界が安倍官邸に恐れをなしている現実が改めて浮かび上がってきています。

ここまで日本のメディア界が安倍一派に本格的に侵されてしまっている中で、よくぞ公開まで漕ぎ着けることが出来たね。
主役の新聞記者を演じたシム・ウンギョンさんはまだそこまでのしがらみはなかったように思えるものの、松坂桃李さんや本田翼さんら日本の人気俳優の人たちは、恐らく、出演をOKするのにもある程度の勇気と決意が要ったのではないだろうか。
参院選の選挙戦が始まった中での公開に、さぞかし安倍官邸も警戒感を強めていることだろうし、安倍政権の腐敗した実態や数々の闇を再認識することで、選挙結果にいくらかの影響が出てくることも予想される。

ボクも、久々に映画を観に行きたい気持ちになったし、是枝裕和監督ら映画関係者からも太鼓判を押す声が相次いでいるので、是非とも観に行こうかと思っているよ。

現在ではまだ、こうした映画をどうにか上映できる環境が残っていますが、この先、(中国や北朝鮮のように)為政者や権力の腐敗を描写する映画そのものが制作できなくなるような世の中になってしまうことも、このままでは徐々に現実味を帯び始めてきています。
私も、是非この映画を観ながら、現代日本が置かれている深刻な情報統制の実情や民主主義社会の危機について、より深く考えていけたらと思います。

Pocket

 

 関連記事