■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【ゆるねと通信】「緊急事態宣言中に東京五輪」で「安心安全な五輪」の根底が崩壊!、大阪の学校で天井の崩落が相次ぐ!、熱海土砂崩れ・盛り土の背後に潜む深い”闇”!

【ゆるねと通信】「緊急事態宣言中に東京五輪」で「安心安全な五輪」の根底が崩壊!、大阪の学校で天井の崩落が相次ぐ!、熱海土砂崩れ・盛り土の背後に潜む深い”闇”!
Pocket

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

(ゆるねと通信 2021年7月9日号)

「緊急事態宣言中に東京五輪」で、「安心安全な五輪」の根底が完全崩壊!

五輪、1都3県は無観客に 東京に緊急事態宣言

【7月8日 AFP】菅義偉(Yoshihide Suga)首相は8日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、東京都に今月12日から来月22日まで新たな緊急事態宣言を発令すると発表した。東京五輪は全会期が緊急事態宣言下での実施となり、首都圏1都3県の会場を無観客とすることが決まった。

競技のほとんどが無観客で行われる五輪は史上初となる。東京都の小池百合子(Yuriko Koike)知事は、無観客開催の決定に「断腸の思い」だと表明。開幕まで2週間となった大会の盛り上げに努めてきた運営側にとって、新たな打撃となる。

~省略~

【MSN(AFP) 2021.7.9.】

宣言下での「安心安全な五輪」 菅首相の答えかみ合わず

~省略~

「人流は抑えられる」と強調

開幕まであと2週間に迫った東京五輪について「緊急事態宣言の下で異例の開催となる」と切り出した菅首相は、東京大会の意義をこう語った

「コロナという大きな困難に直面する今だからこそ、世界が一つになれること、人類の努力と叡智で難局を乗り越えていけることを東京から発信したい」

さらに「今回の大会は多くの制約があり、これまでの大会と異なるが、だからこそ安心安全な大会を成功させ、未来を生きる子どもたちに夢と希望を与える歴史に残る大会を実現したい」とも述べた。

しかし安心安全な大会をどう実現するかについては、選手や大会関係者に対する入国前後の検査の徹底や、ホテルの指定と外出先の事前提出による行動管理で「ウイルスの国内への流入を徹底して防ぐ」「一般国民との接触はないように管理される」と述べるのみで、従来の説明を繰り返した。

~省略~

【Yahoo!ニュース(THE PAGE) 2021.7.9.】


出典:NHK NEWS WEB

もはや、史上最悪の「インチキデタラメ国家」だわっ!!
緊急事態宣言の最中に「『安心安全』な五輪を強行開催」って、あまりの支離滅裂さに頭におかしくなりそうだわっ!!

何から何までが誰もが簡単に分かる大ウソと歯の浮くような美辞麗句ばかり
かつての世界大戦の時も、壮大なウソを国民が信じ、1%の支配層による洗脳にまんまとはまってしまったことで泥沼化し大日本帝国は滅亡に至ったけど、社会に壮大なウソやプロパガンダが大量に垂れ流される時こそ、社会は深い閉塞感に包まれ、国は衰退し滅びていく…というのが世の中の常だ。
どう考えても、「今がまさにその時」としか言いようがないし、そもそも、ここまで人類に甚大な害を与えるオリンピックって一体なんなんだろう?

そして、そんな人類と社会に甚大な害をもたらす「オリンピック」を、この国の政府がここまで強く切実な反対民意も完全に踏みつぶして強行開催しようとしているのだから、これ自体が「この世の終わり」としか思えないわっ!!

(しつこく取り上げるけど)選手までもが「俺らが何を言っても世界は何も変わらない(キリッ)」なんてカッコつけながら、自らを深い洗脳状態に「マインドセット」しつつ、国家秩序と社会の破壊に全面協力してしまってるんだから、もう始末に負えない。
アスリートばかりを異様なまでに神格化して拝んでいる人々もまた、グローバリストによる「奴隷洗脳」に深くはまっている状態としか言いようがないし、こうした人々が”覚醒”していかない限り、この日本社会は確実に崩壊し、大量の日本国民が殺される事態になっていきそうだ。

 

大阪の学校で天井の崩落が相次ぐ!「長雨が原因か?」との声が上がる中、子どもたちの命が危険にさらされる事態に!

記事の続きは、月額ウェブマガジン「ゆるねとパートナーズ」の有料会員登録を行なっていただけますと閲覧することが出来ます。

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ゆるねと通信カテゴリの最新記事