【納得】世界幸福度ランキング、日本は過去最低&先進7か国最低の58位に!「寛容さ」「自由度」で低評価、順位大きく下げる!

Pocket

どんなにゅーす?

・各国の国民への調査を元に国連が毎年まとめている「世界幸福度報告(幸福度ランキング)」において、日本が昨年より順位を4つ落とし、過去最低かつ先進7か国中最低の58位(156か国中)になった。

・日本は、「健康寿命」においては高順位に位置したものの、「寛容さ」「人生選択の自由度」において低評価に。アジアの主要国では、台湾(25位)、シンガポール(34位)、タイ(52位)、韓国(54位)が日本より上位に、香港(76位)や中国(93位)が日本より下位に入った。

「幸福度」日本は58位に後退 「自由度」「寛大さ」評価低く

~省略~

国連は7年前から、1人当たりのGDP=国内総生産や健康に生きられる年数、社会の自由度などを数値化し、世界の国や地域の「幸福度」をランキングにしています。

20日に発表されたことしの報告書によりますと、フィンランドが2年連続で1位になったほか、2位にデンマーク、3位にノルウェーが続き、福祉や教育が充実している北欧諸国が上位を占めました。

このほかイギリスが15位、アメリカが19位でした。

日本は去年より順位を4つ下げて58位でした。

長寿国だけあって「健康に生きられる年数」は上位だったものの、「社会の自由度」や「他者への寛大さ」を評価する数値が低く、主要7か国では最下位でした。

アジアでは、25位の台湾、34位のシンガポール、54位の韓国などを下回りました。

このほか中国が93位、政治や経済の混乱が続く南米のベネズエラは108位となり、最下位の156位は、紛争が続き去年8月に和平協定が結ばれたアフリカの南スーダンでした。

【NHK NEWS WEB 2019.3.21.】

経済や文明は発達しているものの「心が圧倒的に貧しい国」!安倍政権下の現代日本の実態をよく表わした結果に!

出典:YouTube

世界幸福度ランキング2019の全順位はこちら。

国連が各国民への調査を元にまとめている「世界幸福度ランキング」の2019年版において、日本が過去最低&先進7か国中最低の58位になったことが伝えられています。
当サイトでも、現代日本における様々な問題を伝え続けてきましたが、色々な意味で、まさに「納得の結果」になりましたね。

個人的にはもう少し下でもおかしくない(近年発覚した経済指標の改ざんによりGDPの信憑性が怪しいのと、「社会の腐敗」がもっと低評価でもおかしくない)ように思えるけど、「寛容さ」「社会の選択の自由度」においてかなりの低評価というのは、これは大いに納得だ。
(ちなみに、先ほど見ていた夕方のニュースでは、コメンテーターが「もっと上でもいいような気がする」なんて言ってたけど、これは、あまりにも主観的で社会全体を見ることが出来ていないコメントだろう。)

テレビや新聞などでは全く触れられていないけど、ランキング上位に入った国と下位に入った国との「違い」を一言で言えば、「(国民自身が主役である)民主主義の仕組みが比較的機能している国」と「そうではない国(非民主国家)」でおおよそ分かれている感じだ。
民主主義というのは、社会的な制度設計に加えて、国民自身の高い知性やモラル・理性が求められる上に、まさに国民一人一人の「寛容さ・思いやり・心の余裕」などが求められるし、これに加えて、政治に対する高い関心や、権力の腐敗を厳しくチェックする意識を持つことが必要不可欠だ。

このように見てみると、北欧をはじめとしたEU加盟国が上位に多く入っている理由も比較的納得できるし、やはり、一般国民が幸福感を感じ、心身共に豊かな生活が送れる社会とは、「民主主義の制度がある程度機能している社会」ということになるのだろう。

このように考えると、日本がこの順位に入ってしまっているのもますます納得ですし、「寛容さ」「自由度」において低評価なのは、(健全な民主主義を実現させるためには)致命的ですよね…。

残念ながら、この国は、経済や文明は発達しているものの、世界的に見ても「心が貧しい」という実態が如実に表われた結果だし、「健康寿命だけは非常に高い」という結果を見ても、「(グローバル資本勢力の利益のために)長い生涯死ぬまでこき使われ続ける」という哀しい実情も露わになった結果だ。

日本がG7の中に入っていては、国連の中でも一定程度の影響力を持っているのも、日本国民がグローバル資本勢力の”奴隷”として、世界の1%の資本家を大きく支えていることが大きいだろうし、多くの日本国民が自らの人生の大半を”犠牲”にして、世界支配層の利益のために汗水流して働いているのが実情だ。

現在の安倍政権が続いていく限り、「寛容さを認めない」「自由が制限」などの良くない傾向はさらに進み、「70歳までの就労義務」「社会保障のさらなる削減」「終わりなき増税」などによりますます国民はグローバル資本勢力の奴隷にされては、今後も幸福度ランキングの順位をどんどん下げていくことが予想される。

そもそも、人生って「自分自身のためにあるもの」だし、一度きりしかない人生で後悔することのないように、国民同士が手を取り、団結しながら、幸福度の高い社会の実現を目指して、積極的に行動を起こしていくことが大事なんじゃないかな。

「国民自身が行動する」ことが民主主義社会の基本中の基本ですからね。
私たち自身が諦めてしまったり「他人任せ」である限り、私たちの社会が良い方向に向かうことは有り得ませんし、常にポジティブな考え方を持ちながら、国民一人一人がよりよい社会の実現に向けて真剣に考えていくことが大事なのではないでしょうか。

Pocket