【日本の恥】ついに「下町ボブスレー」が海外でも報道!日本のマスコミ報道と食い違いも!「日本製のそりが不合格だったので急遽別のものを使わなければならなかった」

Pocket

どんなにゅーす?

・粗悪品のそりを使わなくなったジャマイカチームに対し、巨額賠償請求を検討していることで批判が殺到している「下町ボブスレー」について、ついに海外メディアが取り上げる事態になっている。

・海外では、ジャマイカ側に同情するような内容で伝えられている上に、日本のメディアでは「ドイツでストが行なわれていたせいでそりを届けることが出来ず、急遽ラトビア製のそりを使うことになった」と伝えられていたものの、ジャマイカの選手によると、「日本製のそりが規格をクリアできなかったので、急遽ドイツのクラブからラトビア製のそりをレンタルしなければならなかった」とコメントしており、これらの内情を日本側が隠していた疑いも発生している。

Jamaican bobsled is back with a women’s team — driving a rental

PYEONGCHANG
The Jamaican women’s bobsled team is driving a rental at the 2018 Winter Olympics.

After it discovered that its Japanese-built ride wasn’t up to international competition specs, the team was forced to rent a Latvian-made sled from a German bobsled club.

“The equipment was not viable for us in order for us to qualify for these Olympics,” said Jazmine Fenlator-Victorian, the team’s pilot. “So in the middle of the season we had to kind of make an emergency change to have competitive equipment.”

Just another obstacle overcome by Jamaica’s first women bobsledders, who’ll take to the winding iced concrete track in Pyeongchang some 30 years after a men’s team from the Caribbean island captured the world’s imagination by racing at the Winter Games in Calgary.

【mcclatchy 2018.2.6.】

【追記あり】「下町ボブスレー」案件に見る日本の技術力の衰退と手段の目的化という本末転倒、質の悪さを棚に上げジャマイカに損害賠償請求も

ジャマイカチームがラトビア製そりを使うきっかけとなった2017年12月のワールドカップに関して、日本での報道と海外の報道に食い違いが生じています。

今回の「下町ボブスレー」騒動のただ中にいるジャマイカ女子チームの選手、ジャスマイン・フェンレーターさんがアメリカ合衆国のメディアMcClatchyのインタビューに以下のように答えています。

「(日本の「下町ボブスレー」が)オリンピック向け基準を満たすことができなかったので、シーズン中に私たちのチームは競技用のそりを緊急変更しなくてはならなかった」

日本メディアはそりが変更になった理由はストライキによる輸送トラブルで「下町ボブスレー」がワールドカップに間に合わなかったとしていますが、こちらの記事では機体が国際競技規格をクリアできなかったため、ドイツのボブスレークラブからラトビア製のそりをレンタルせざるを得なかったとされています。

推進委も認めているように、このワールドカップ後の翌月の2018年1月の時点でも「下町ボブスレー」は2度に渡る機体検査への不合格がありました。もしこちらの記事にあるように国際競技規格をクリアできなかったためにワールドカップで突然のレンタルを強いられたのだとしたら、信頼関係はその時点で大きく崩れていたことになります。

【BUZZAP! 2018.2.8.】

「下町ボブスレー」のインチキさが次々と露呈!日本メディアと海外メディアの伝え方に大きな食い違いも!

出典:海外速報|2chまとめブログ

ついに、下町ボブスレーの一件が海外メディアに報道され始めたのね!
公式ツイッターで韓国ヘイトを繰り返していた上に、推進委員会のトップと安倍政権との異様なまでのズブズブさまで露呈してきているし、それなのに、一般国民にはこうした中身をほとんど知らせないで、「下町」「人情」ばかりを強調してて、これってほとんどインチキ同然じゃないのよ!!

やっぱり、ボクが当初から疑っていたとおり、ここまでグローバル大企業も含めた多くの企業がこぞって協賛し、(安倍政権肝入りの”看板”に釣られて)漫画やドラマなど色々なメディア業界がよってたかってカネの臭いに飛びついてきていた中、思いも寄らぬ展開になってしまったことで、相当に焦っていることがうかがえるし、(安倍総理と大のお友達の)細貝氏個人による「安倍総理や自分たちに恥をかかせた落とし前を付けろ!」という、身勝手な逆恨みや怨念のような思いも加わって、巨額賠償請求をちらつかせているということだろう。

まさしく、日本の劣化や衰退を凝縮したような一件だし、目先のカネや儲けばかりに目がくらんで、まるで正常な判断や物の見極めが出来ていない人間たちによる、歪んだ私欲に満ち溢れたプロジェクトという印象しか残らない。

安倍政権やアベノミクスの本質などと同じく、このプロジェクトも、ヤラセや粉飾、幻想や騙しを多用しながら、自分たち(安倍総理のお友達と一部の利権者)の利権と金儲けを画策したものの、(安倍政権お得意の)ヤラセの手法を海を越えて海外でやろうとしたため、あえなく失敗に終わってしまったというのが実情といったところだね。

しかも、こんな醜いプロジェクトをマスコミ連中も揃って持ち上げまくって、私たちを騙していたなんて、あまりにも酷すぎるわっ!!
おまけに、ジャマイカチームがラトビア製のそりに乗り換えた経緯も、なんだか日本メディアの話と食い違っているじゃないのよっ。

日本のボブスレーチームも二度にわたってこの機体を使うことを拒否しているので、ジャマイカの選手が主張している話の方が信憑性がありそうな感じがするね。
いずれにしても、すでにこの国は安倍政権によって、国家組織だけではなく一般企業やマスコミまでも、嘘や捏造、悪質な情報操作などを伴った、「軽薄な価値観」や事の本質を見誤った「反知性主義」がかなり蔓延してきているのは間違いなさそうだね。

この件が本格的に海外で報道されだしたら、いよいよ日本のブランドイメージも完全終了だし、冗談抜きでこの政権を強制終了させないと、近い未来に日本は完膚なきまでに壊滅すること間違いなしだわっ!!

おススメ記事&広告

 
Pocket