【ひどい】「下町ボブスレー」のジャマイカへの損害賠償請求、2億7千万円にも及ぶ可能性!安倍総理や大企業も介入する中、下町が関与したのは一部部品のみか!?

Pocket

どんなにゅーす?

・五輪の規約に抵触する可能性もある「下町ボブスレー」のそりを使用しなくなったジャマイカチームに対し、推進委員会が損害賠償請求を検討していることが報じられる中、賠償請求額の合計が2億7200万円にも及ぶ可能性があることが分かった。

・さらに、安倍総理ら日本会議勢力や大企業がこれに関与していた疑いも出てきており、大枠は経団連企業の子会社が製作し、下町の町工場が関与したのは一部の部品のみだったのではとの声も上がっている。

下町ボブスレー、そり未使用でジャマイカに法的措置

「下町ボブスレー」のプロジェクト推進委員会は5日、都内で会見を開き、契約中のジャマイカチームが平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)でそりを使わなかった場合、ジャマイカのボブスレー・スケルトン連盟に損害賠償請求の法的措置を取ることを表明した。契約解除および損害賠償として1台につき6800万円を請求。ジャマイカ側にはすでに4台提供しており、最大2億7200万円にのぼる可能性がある。

同連盟とは16年7月に契約を締結。だが、昨年12月からラトビア製のソリを使用していたため、再三にわたり「下町」のそりを使うよう呼びかけていた。2日には同委員会のメンバーが平昌入りして直談判したが「(下町ボブスレーは)我々のそりではない」と拒否されたという。

【日刊スポーツ 2018.2.6.】

出典:YouTube

Q.先日、安倍首相が施政方針演説で「下町ボブスレー」と細貝さんのお名前を出していましたよね。あれはオフィシャル感があって凄いなと思いました。

細貝:うん、自分たちにとって凄く良いトリガーになったと思う。国会の議事録にも残るわけだから、総理が個人の名前を出すというのはよほどの覚悟がないとできないことだよね。安倍さんが大田区に来た時に、もの作りについて色々お話をしたんだけど、安倍さんの中で中小企業を応援したいという気持ちが強かったんだと思うし、これで安心してついてくれたスポンサーも結構あった。NHKでのドラマ化や、海外のBBCやNew York Timesなどでドキュメンタリーの配信が決まったりと、凄く良い環境ではあると思いますね。

【qonversations】

「下町」「日本の庶民の力」を装った「安倍(日本会議)プロジェクト」だったことが徐々に露呈!巨額賠償請求の話が広がれば広がるほど、日本ブランドは地の底に…

「下町の町工場の人たちの力の結晶」なんて懸命に宣伝していた「下町ボブスレー」だけど、中身を見てみれば、これ、ほとんど安倍政権による「日本スゴイ」のプロパガンダ政策そのものじゃないのよ!!
おまけに、下町の町工場が製造に関わっていたのは一部の部品で、それ以外は経団連企業が絡んでいるみたいだし、「無料で使ってもらうかわりにジャマイカチームに”日本スゴイ”を宣伝してもらう」「ただし使わなくなったら巨額賠償請求」なんていうやり口も何だか汚いわ!

その製作費もかなりかかっているみたいだし(元ボブスレーの選手が製作しているよほど性能がいいラトビア製よりもかなり高額の様子)、その原資は国民の税金が投じられていた実態も見えてきた。

ジャマイカチームにとっての目的は、「より良いタイムを出す」「レースに勝つ」これに尽きるのは言うまでもないし、もし下町ボブスレーの性能がとても良く、好成績が出ているのなら何の問題もなかったわけだ。
しかし、規約に引っかかり失格する可能性がある上に、異常にスピードも遅いとなれば、別のそりを使おうと思うのは当たり前だし、「レースに負けてもいいから(”日本スゴイの美談”を日本国民に向けて宣伝するために)契約通りにそりを使え」と強く圧力をかけるのは、これは日本側のあまりに身勝手な発想だ。

ちなみに、ネット上では「契約を守るのは当然だし、このままでは日本が舐められるので、きっちりと賠償請求するべき」との声も見かけるし、確かに、そうすること自体は可能だ。
だけど、こうした賠償請求を本当に遂行すれば、まさしく「日本は低性能なものを海外に売り込み、使わなくなったら容赦なく賠償請求する文化がある」との認識が世界に広がり、(近年の大手メーカーの不正問題などとあいまって)日本のブランドイメージは地の底まで落ちてしまうことと引き換えとなる。

確かに、営業戦略として、「お試しにタダで商品やサービスを使ってもらう」という手法はありだけど、全ては「消費者が満足し、継続して商品を使ってもらえるくらいの品質がある」との裏付けがあってこそ、活かされてくる手法だ。

今回の一件では、すでにこの大前提が破綻してしまっているし、どうも「安倍総理に恥をかかせた落とし前を付けさせる」とのおかしな意識が介在しているような気がしてならない。
「低品質なものをあてがい、使わなくなったら賠償請求」というのでは、ゴロツキや悪徳的な商法と大差ないように感じるし、嘘と欺瞞、自己満足や国策プロパガンダ(愛国ポルノ)など、どうも厭らしいものが凝縮しているようなプロジェクトであるように感じるね。

日本会議系のカルト教科書にも、ご満悦にそりに乗っている安倍総理の写真がでかでか掲載されたり、結局は安倍政権お得意の、虚構を駆使した国民騙しの手法と、威圧や脅しも辞さないゴロツキまがいのやり口がこういう事態を招いたってことね!
日本代表からも不採用を突きつけられているくらいの性能が低いのに、(いくらタダに惹かれて契約してしまったとしても)「負けてもいいからうちのそりを使え」ってお金の無いジャマイカチームに巨額賠償をちらつかせている時点で、これは悪徳まがいのやり方なんじゃないかしら!

一体どこまで下町の人たちが純粋に関わっていたのか、いつから安倍政権がこれに介入し始めたのかについても調査する必要がありそうだし、色々と裏がありそうな胡散臭さ満載のプロジェクトなのは間違いなさそうねっ!

ペジーやモリカケなどと同様に、背後に利権やお友達への税金横流しなどもあるかもしれないので、色々と実態を掘り下げてみる必要があるかもしれないね。

おススメ記事&広告

 
Pocket