指原莉乃さん、秋元康氏に「山口真帆さん事件」を相談していたことを明かす!「(ある人を通じて)秋元さんが励ましの声をかけていたというのは聞いています」

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年5月5日、前月28日にHKT48の卒業コンサートを行なった指原莉乃さんが、「ワイドナショー(フジテレビ)」に出演。AKB総合プロデューサーの秋元康氏に、NGT48の事実上の追放が決まった山口真帆さんの件を相談していたことを明らかにした。

・その上で、「会社側が今は勝手に動いてしまっていて、本来報告するべき秋元さんに報告せずにNGT48の今後の動きなどを発表してしまっていたり、トップが変わった瞬間に秋元さんがクリエティブだけのプロデューサーになっていた」ことを明かした上で、「唯一真帆ちゃんとの間に入って話せる人がいるんですけど、(略)その人づてに秋元さんが励ましの声をかけていたというのは聞いています」とコメント。秋元氏が”別の人物”を通じて山口さんをフォローする意思を伝えていたことを明らかにした。

指原莉乃、NGT48山口真帆の騒動を秋元康に相談していた「言っていいのか分からないのですが」

~省略~

指原莉乃、秋元康に相談していた

さらに、総合プロデューサーの秋元康がこの件に公に発言していないことを聞かれた指原は「これはどうしようもないなと思ったので秋元さんに相談したんですけど」と切り出し「言っていいのか分からないんですけど」と前置きした上で「会社側が今は勝手に動いてしまっていて、本来報告するべき秋元さんに報告せずにNGT48の今後の動きなどを発表してしまっていたり、トップが変わった瞬間に秋元さんがクリエティブだけのプロデューサーになっていたので。唯一真帆ちゃんとの間に入って話せる人がいるんですけど、その人が話していて、その人づてに秋元さんが励ましの声をかけていたというのは聞いています」と言及した。

【モデルプレス 2019.5.5.】

山口さんによる「秋元氏への感謝&謝罪」の動きについて、指原さんがこれを裏付けるようなコメント!秋元康氏の突然の「山口さん支援」の動きの背後にあるものは!?

↓指原莉乃さんのツイッターより。

出典:Twitter(@345__chan)

山口真帆さんが、会員向け有料メールを通じて、突如、秋元康さんへの「感謝と謝罪のコメント」を発表したことは当サイトでも伝えたけど、指原さんがこれを裏付けるようなコメントを「ワイドナショー」で発したことが話題になっているわ。
つまり、「ある仲介者」が山口真帆さんと話をして、秋元さんからの「彼女たちをサポートする意思がある」とのメッセージを伝えた…ってことみたいね。

どうやらそのようだね。
さしこ(指原さん)は以前より山口さんの事件について、積極的に発言しては運営側を強く批判してきたし、秋元氏との関係も深いはずだから、やはり秋元氏は、世論の空気を読みつつ、自らに本格的に火の粉が降りかかる前に山口さんの側に付くことを選択したと見るのがいいかもしれない。

こうなると、秋元氏と運営(AKS)との関係が一体どうなっているのか?という疑問が当然ながら湧いてくるけど、その疑問を解決するための一つの参考になりそうなことが↓下の記事に出ている。

NGT48山口真帆さんの事件でなぜAKSは判断を間違い続けるのか、お金の流れから考えてみるよ

時系列とともに非常に丁寧に内部の資本関係を検証しており、内容そのものはちょっと複雑なところもあるけど、非常にざっくりと言ってしまうと、AKBが誕生した当時と比べ、今や複数の資本勢力が「AKBビジネス」に参加しており、必ずしも秋元一派と運営側が一枚岩ではなくなってきているように見えるということだ。
特に、現在AKSの社長を務めている(山口さんへ信じがたいパワハラ発言をしていたことでも批判を浴びている)吉成夏子氏はパチンコ企業「京楽産業」出身の人物で、彼女などは秋元一派とは必ずしも昵懇関係にはない可能性がありそうだ。

今村前支配人や松村取締役は秋元さんと旧知の仲の「芸能畑」の人みたいだけど、AKSの内部を見てみると、外部から入ってきた人たち(芸能界とは無縁だった勢力)もある程度の権力を握っているような内情がありそうね。

あくまで断片的な情報を元に推察している状況なので、現時点では不明な部分が多いのも確かだけど、”権力者同士”の利害関係が必ずしも一致していない状況の中で、秋元氏は「山口さん側に付いた方が得策」と判断して、こうしたアクションを起こした可能性がありそうだね。

そして、今回の指原さんと秋元さんらの動きは、山口さんにとっても今後芸能界で生き残っていくためには損なものではないように思えるわ。
現に、山口さんがこうして会員向けメールを通じて公にしたのも、自分の他にチームを去ることになった2人にとっても「プラスになること」だと判断したからでしょうし、今後は、指原さんが秋元さんに働きかけつつ、山口さんたち「チームを追われたメンバー」が芸能界で安定したポジションに付ける可能性が出てきたんじゃないかしら?

しかし、秋元氏も、単に自らの利害を”天秤”にかけてそうすることにしたのだろうし、当サイトでも繰り返し指摘してきたように、秋元氏らが生み出した、「コアなファン(太客)と”密”に繋がる」「メンバー間で衝突を生み出しやすい」AKB商法によって、多くのメンバーが人知れず被害に遭ってきては、山口さんの暴行被害が発生したことを忘れてはならない。

最も重要なのは、組織の下部にいるアイドルの労働環境や心的ケアを改善させ、当たり前の人権や安全を確保することだし、そうした”大前提”を見失わないように、今後の展開をよく見ていく必要がありそうだ。

そうね。
組織の内部事情もようやく少しだけ見えてきた状況ですし、今後、山口さんと長谷川さん、菅原さんがどのような展開に進んでいくのか、慎重に見ていこうと思うわ。

Pocket

 

 関連記事