【不可解】憲法学者らの「桜を見る会」告発、東京地検が不受理に!不受理の同日には「官邸の番犬」黒川氏の定年延長が閣議決定!

Pocket

どんなにゅーす?

・数々の違法疑惑や問題を抱える「桜を見る会」について、20年1月に憲法学者らが背任の罪で安倍総理を告発した件について、東京地検が1月31日付で「代理人による告発を受理できない」との理由で不受理にしていたことが判明した。

・森友事件においては代理人による告発でも受理されていた中で、野党や国民から疑念の声が噴出不受理が決まった日と、「官邸の番犬」こと黒川弘務東京高検検事長に対する違法な手続きによる定年延長が閣議決定された日が一致することから、安倍官邸からの意向を受けた黒川氏が東京地検に不当に圧力をかけたことを疑う声が上がっている。

「桜を見る会」めぐる首相告発を不受理 東京地検

首相主催の「桜を見る会」をめぐり、憲法学者らが1月に安倍晋三首相を背任の疑いで告発した問題で、東京地検が告発を不受理にしていたことが分かった。26日の衆院法務委員会で共産党の藤野保史氏が明らかにした。不受理の通知は1月31日で、「代理人による告発を受理できない」などの理由だったという。

法務委で藤野氏は「森友問題などでも代理人による告発が行われて受理されているのに、なぜ受理しなかったのか」と質問。法務省の川原隆司刑事局長は「捜査機関の活動内容に関わる事柄なので、答えは差し控える」としつつ、「一般に、告発については刑事訴訟法の規定をもとに代理を認めないと解している」と答弁した。

~省略~

【朝日新聞 2020.5.27.】

元最高検検事の清水勇男氏も首を傾げる!安倍総理の「桜疑獄」に対する告発状が「黒川定年延長決定当日」に何故か不受理に!

出典:NHK NEWS WEB

1月に提出された安倍総理の「桜疑獄」に対する憲法学者からの告発状が不受理にされていたことが分かったわ。
しかも、不受理にされた日は、あの「官邸の番犬」の異名を持つ黒川弘務さんが安倍内閣による違法な閣議決定で定年延長が決まった日と同じというのだから、事は穏やかじゃないわね。

告発状を突っぱねた理由として、「代理人による告発は受理できない」などと言っているけど、森友事件の時だって、代理人による告発状が受理されているし、代理人による告発はその他にも多く行なわれているわけで、この一件だけ「代理人による告発だから」という理由をつけるのはどう考えても変だ。
現に、元最高検検事の清水勇男氏も「告発状は形式さえ整っていれば基本的に受理されるべきものだ。代理人による告発だから受理しないというのも理解し難い」と首を傾げているし、やはりこれは、安倍官邸と一心同体の黒川氏が、安倍総理からの”命”を受けて、安倍総理の犯罪に対する告発を不当な理由をつけて跳ね返したという疑いが強い。

そして、検察側は「賭け麻雀発覚」の黒川氏を懲戒処分にしようとしたのに、それに安倍官邸が”猛反対”して、黒川氏を訓告処分と退職金満額支給「最高の特別扱い」にしてしまったのも、「この一件で黒川氏が暗躍したご褒美(=黒川氏に対する口止め料)」だったとすれば、なおさら合点がいく。

まさに、「法の下の平等や民主主義を誰よりも憎む」安倍総理の面目躍如といったところね。
これまでも、数多くの犯罪疑惑を抱えてきた上に、かけがえのない人の命も奪ってきた安倍総理だけど、こうやって、自らに対する疑惑や捜査案件を潰してきたってわけね。

早速、こうした内情を強く疑う国民に対して、安倍サポ工作軍団が総出動して「陰謀脳のパヨクによるおかしな妄想」みたいなキャンペーンを展開しているけど、上のツイートでも紹介したように、そのあまりに稚拙で雑な手口のせいで早速ボロが出ている。
安倍一族を筆頭とした、欧米のグローバル資本勢力と共謀して明治維新や大日本帝国を作った長州テロリスト一派が、現代に至るまで日本の法制度を超えるほどの「特権」を持ち続けてきたことは紛れもない事実だし、これらの一族の背後にはCIAやCFRCSISなどのグローバル資本勢力の諜報組織やシンクタンクの影がはっきりと見えている上に、明治以降に次々と生み出されてきた様々なグローバルカルト教団がくっついているのも紛れもない事実だ。

どうやら、Twitter上にもカルト教団の実態を隠した一般人のフリをした安倍応援アカウントがいくつもあるみたいだし、まさに、官房機密費も手中に収めている安倍政権は、言論弾圧や国民騙しのためのネット工作に、湯水のように血税を投じているのは確実だろう。

ただでさえ、凄まじいまでの”ステマ”がネット上で展開されている上に、検察組織すら配下におさめちゃってるんだから、これ以上に始末が悪いことはないわ。
でも、今やその「官邸の番犬」は、深刻な「賭け麻雀病」で自滅しちゃったし、あとは、662人もの法律の専門家が立ち上がった「前夜祭」に対する安倍総理への集団告発がどうなるか…だわ。

どうやら、稲田検事総長と安倍官邸との関係は非常に悪いようだし、検察内に「第二・第三の黒川」がいないかどうかが、安倍総理の今後の運命を占うポイントとなりそうだ。
それにしても、ここまで数々の案件において、多くの市民や法の専門家に告発される総理なんて、まさに前代未聞だし、こんな人物を歴代最長なまでにのさばらせてしまっている意味で、日本国民としても最高に恥ずべき事態だ。

少しは検察内が浄化されたことを祈りたいけど、いずれにしても、日本をここまでメチャクチャにした安倍一派と長州特権をどうにかしないと、日本国民に本当の平穏が訪れる日は永遠に来そうもないわね。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事