「望月記者支援署名」行なった女子中学生が激しい中傷受ける事態に!母親と共に取材に応じる!なりすまし説も出回る中「信じてくれない人がたくさんいて悲しい」

Pocket

どんなにゅーす?

安倍官邸から日頃から激しい恫喝や圧力を受けている東京新聞・望月記者を支援するネット署名を立ち上げた中学2年の女子生徒が、ネット上で激しい誹謗中傷に見舞われる事態になっている。

・女子生徒は母親と共にハフポストの取材に応じ、「中学2年を装ったメディア関係者が扇動しているのでは」などの”なりすまし説”を全面的に否定「信じてくれない人がたくさんいて悲しい」と話した上で、根拠のない情報を元に悪質な誹謗中傷を行なっているネットユーザーに対して、法的措置を検討していることを明かした。

東京新聞の望月衣塑子記者を助けたい。中2の女子生徒がたった1人で署名活動に取り組んだ理由とは
女子生徒は、かつての自分と望月記者を重ね合わせていた

官房長官会見での質問をめぐって首相官邸側から問題視されている東京新聞の望月衣塑子(いそこ)記者を支援しようと、1人の女子中学生が立ち上がった。

望月記者の質問を制限しないよう官邸側に求めるインターネットの署名運動を2月に開始。活動を終えた2月28日までに、1万7000人を超える賛同者を集めた。

なぜ中学生は活動することを決意したのか。本人に聞いた。

~省略~

一方、実際の会見でも司会を務める官邸の報道室長が望月記者の質問中、数秒おきに「簡潔にお願いします」などと妨害とも受け取れる行為を繰り返すなどした。

東京都に住む中学2年の女子生徒(14)は、こうしたことをテレビのニュース番組で知ったり、官房長官会見の様子をインターネットの動画で見たりした。

「これでは単なるいじめと変わらない。もう見ていられない」。女子生徒はそう思い、ネットで知ったChange.orgを使って賛同者を集めることにした。

望月記者の問題が「他人事」に思えなかったことには訳がある。自身も小学生のころ、いじめられた経験があるからだ。

「私は口数の少ないタイプで、小学生のころ、人から物事を強引に進められても断れなかったことがありました。あと言葉による暴力を受けたこともあります」

かつての自分と望月記者が重なり、いてもたってもいられなくなった。Change.orgはネットで探し当て、母親の助けを借りて署名を募った。

「娘と一緒に会見の動画やニュースを見ていたんですが、望月記者に対する『妨害』がだんだんひどくなり、娘も署名を集めたくなったようです」。母親はそう打ち明ける。

ただ、誹謗中傷や嫌がらせを恐れ、「山本あすか」と仮名を使った。「安倍政権のサポーターからの攻撃は正直、怖いです」

署名集めの最中、望月記者からTwitterのダイレクトメッセージを受け取った。「ありがとう。中学生が頑張るのは心苦しい。大人が頑張るから大丈夫だよ」。中学生の自分を心配してくれていることはありがたかったが、納得できなかった。

「私はずっといじめをなくしたいと思っています。国の上のほうのことだけど、こんなこと許したら普通の人ももっと自由に発言できなくなると思って。中学生でも無関心ではいられませんでした」

~省略~

女子生徒は望月記者に対する「圧力」が続いていることに、さらに不安を募らせているという。
集めた署名は印刷するか電子データにして、首相官邸と記者クラブ双方に届けたいとしている。

【ハフポスト 2019.3.4.】

東京新聞の望月衣塑子記者を支援する署名をネットで集めた中2、誹謗中傷に「子どもが何か意見しちゃいけないんだと感じた」

官房長官会見での質問をめぐり、首相官邸側から問題視されている東京新聞の望月衣塑子(いそこ)記者を支援しようとインターネット上で署名活動をした東京都の中学2年の女子生徒(14)が、Twitterなどで誹謗中傷される事態になっている。

「生徒は実在するのか」という意見までみられた。

中学生は3月4日、母親とともに改めてハフポストの直接取材に応じ、「(私は)ちゃんといます。信じてくれない人がたくさんいて悲しいです。子どもが何か意見しちゃいけないんだという偏見が(日本には)すごくあると感じました」と語った。

一方で、こうした状況を見かねた弁護士らから支援の動きも広がっている。

~省略~

こうした状況について、ハフポストは生徒と母親に心境を聞いた。2人とのやり取りは以下の通り。

──署名活動をめぐり、Twitterなどでは批判的なコメントが相次いでいます。

生徒 ネットでひどいことを言われて悔しいです。根拠がないネットの言葉を信じ込んでしまう人が多いんだな、と思いました。

母親 驚いています。何も悪いことをしてないないのに。ネットでの攻撃はまるで「黙れ」と言われているようです。

──あなたが実は存在しないとか、お母さんがなりすましているなど、疑う人も多いです。

生徒 ちゃんといます。信じてくれない人がたくさんいて悲しいです。子どもが何か意見しちゃいけないんだという偏見が(日本には)すごくあると感じました。

母親 私が娘になりすましているとか、娘にやらせているとかの見方もありますが、まったく違います。いったいなんの根拠があるんでしょうか。あくまで娘が自主的にやったことを影ながら応援した、というだけです。

──署名を集めたサイトChange.orgの規約には「利用年齢は16歳以上」と書かれており、これに違反しているとの声も上がっています。

母親 規約には同時に、16歳未満の子どもはアカウントの作成を親に頼むことを薦めます、と書いてあります。

だから私が手伝いましたし、Change.org側にはアカウント設定時、年齢が「14歳」であることを申告しています。

その後、Change.org側からは規約違反だと警告は頂いていませんし、成功という形で署名集めを終えることもできました。

──お母さんが娘さんを「操って署名集めをやらせた」と疑う人もいます。

母親 実は娘は今回、誹謗中傷が寄せられたことであまり話したくないようです。これ以上は無理をさせたくないので私が話します。

~省略~

あの官房長官会見を子どもはネットやテレビのニュースで見て、自ら「おかしい」と感じたんです。

うちの娘だけではありません。学校の子ども同士でも「なんか変だよね」「怖いね」「大人って平気でいじめるんだ」と話題になっているようです。

──望月記者の質問の仕方にそもそも問題がある、という声もあります。

母親 確かに望月さんにも未熟な面があったかもしれないけど、それでも国政の代表者である官房長官は一般人とは違います。丁寧に説明すべきではないでしょうか。

まして排除したり、自分の都合のいい質問にしか答えないというスタンスは違うと思います。

それに、権力という大きな存在が一記者である望月さんに対してあたかも圧力をかけているような状態なのに、「望月さんの方が悪いんだ」というのは、娘が感じてる通り、いじめの論理に似ている気がします。

いじめられている方に原因があって悪いんだ、と。娘は小学校のころ、いじめられている子をかばっていじめられた経験があります。

いじめはよくないと言ったらいじめられる。娘が望月さんと自分を重ねたのはよくわかります。「いじめはよくない」と言えない社会は怖いです。

──「不勉強な子どもが主張するな」などと批判する投稿もありました。

母親 子どもと言えども、社会に対して意見を表明する自由はあります。日本も批准している「子どもの権利条約」でも認められています。

子どもが世の中の出来事について「おかしい」と思い、今回のように何らかの行動に移すことに問題はなく、批判は的外れです。

──集めた署名は内閣記者会にも提出するとのことですが、報道機関に対して思うところはありますか。

母親 頑張って欲しいです。官邸の行為はある意味、記者間の対立をあおっているような気もします。

~省略~

2人は悪質な誹謗中傷をするTwitterのユーザーらや一部のサイトに対し、法的措置を検討しているという。

【Yahoo!ニュース(ハフポスト) 2019.3.6.】

「女子生徒が実在していたこと」「規約に違反していないこと」「女子生徒の意思によって署名を行なったこと」がハフポストによって報じられるも、現在も激しい誹謗中傷が収まらず!

↓女子生徒が立ち上げたネット署名。

出典:change.org

都内のある女子中学生が、安倍官邸から激しい恫喝や嫌がらせを受けている東京新聞・望月記者を支援するための署名運動を立ち上げたところ、ネット上で凄まじい誹謗中傷が殺到する事態に見舞われています。
ネット上で「なりすまし説」「母親が操っている説」「規約違反説」などが多く出回っていましたが、これらを全て否定した上で、署名サイトに対しても、14歳であることを申告し、母親の助けを得て行なうことを認めてもらった上で署名運動を開催したことを明らかにしました。

彼女やお母さんも、この事態に深く心を痛めている様子が伝わってきますが、いつもながら、日本社会の歪んだ実情を強く感じざるを得ない事態になっていますね…。

恐らく、「弱いものいじめをどんどんやろう」なんておおっぴらにいう人間はどこにもいないと思うけど、どうして、ここまで世の中には「弱いもの(社会弱者)いじめ」が蔓延してしまうのか?
それは、答えは結構シンプルで、「弱いものいじめを撲滅すると、”金儲け”が出来なくなる連中が大勢いるから」の一言に尽きる。
言い方を変えると、「弱者救済の社会を作ると、これまでのように私腹を肥やすことが出来なくなる巨大な権力が存在している」ということだ。

今の日本社会は、本来社会弱者が受け取るべき富を、1%の権力層が不当に搾取している「グローバル独裁社会(グローバル資本主義社会)」であり、これそのものが、貧富の格差を徹底的に広げる「弱いものいじめ」の性質を持つものだ。

だから、政治について何かの意見を発信するにあたって、もし「弱者目線(一般市民目線)」に立った上で不当に搾取している権力層を批判すれば、自らの利権をどうにかして守りたい「1%の側にいる権力層」から、それらしい詭弁を並べ立てながら、様々な批判や誹謗中傷、容赦のない嫌がらせなどが次々襲いかかってくることになる。

なんせ、単純に考えれば「社会の下層にいる弱者が豊かになる」ということは、「その分権力層の富を削られる」ということになるからね。

これこそが、まさに日本社会の中で弱いものいじめが蔓延する「カラクリ」ですね。
今の日本社会は、自らのお金儲けのためならどんな手段でも選ばないような、深刻なモラルの劣化や精神性の退化に見舞われており、社会弱者が一定の力を持たないように、権力層があらゆる手を使って、民主主義社会を妨害する力が大きく働いている状況です。

「素人が政治を語るな」「音楽に政治を持ち込むな」「子どもは政治に口を出すな」…これら全てが、1%の権力層が自らの権益を守るために考え出された、社会弱者を「愚民化洗脳」に導くための詭弁の数々だ。
当サイトではこれまでも一貫して警告し続けてきたけど、1%のグローバル資本勢力が99%の庶民の富をことごとく吸い上げる性質を持つグローバル資本主義こそが、人間の倫理感や精神性を極限まで退化・破壊させる「弱いものいじめのシステム」であり、今の日本社会は、「搾取される側」の下層の庶民にまで、こうした「弱いものいじめの精神」を幼少の頃から植え付けられ、日々「下層同士」でつぶし合いながら、国民全体を貧困・弱体化に導いている状況だ。

この女子中学生とお母さんが強く訴えていることは、全くその通りだと思うし、本来社会とはそうでなくてはいけないはずなんだけど…残念ながら、ご覧のように、この日本社会の中には、すでに腐敗した価値観がかなり蔓延しており、本来自分たちを豊かに導いていくはずの(弱者救済の)民主主義的な考えや意見を自分たちで潰し、(グローバリストのお望み通りの)より過酷で劣悪な奴隷社会に邁進している状況だね。

改めて、すでに日本社会が末期的な状況にあることを感じますが、ネット上では、女子中学生を応援する声も多く上がっており、弁護士らが救済に動く様子も出てきているようです。
出来る限り多くの一般庶民が、腐敗した価値観(奴隷洗脳)から脱し、これ以上のグローバリズムに反対した上で、本来あるべき民主主義社会の実現に向けて、1%による悪質な世論誘導を打破していく動きが大きくなっていけばいいのですが…

こればかりは、日本国民の潜在的な能力にかけるしかない状況だね…。
少なくとも、ここまで尊い信念と行動力を持った女子中学生が存在していたことは、一筋の光だと思うし、ボクたち日本国民が「真の豊かさ」を手に入れるには、この日本社会を覆っている「弱いものいじめの文化」の正体を見抜き、社会に流布されている様々な詭弁やウソ、騙しの手口を見破り、事の本質を見抜いていく能力を手にしていく必要があるんじゃないかな。

Pocket

 

おススメ記事&広告