【池袋暴走事故】運転手の飯塚幸三氏について「なぜ逮捕されない?」の声!ネット「扱いが他の事故と全く違う」「上級国民だからか?」

Pocket

どんなにゅーす?

・池袋で発生した、「プリウス暴走死傷事故」について、ドライバー側の過失を思わせる報道が相次いでいる中、「なぜ、ドライバーが逮捕されないのか?」との疑問の声が噴出してきている。

・一部報道で、事故を起こしたドライバーについて、旧通産省で工業技術院長から農業機器大手のクボタ副社長に天下り、さらには瑞宝重光章を受章していた飯塚幸三氏(87)と報じられていることから、様々な憶測が飛び交う事態になっている。

ブレーキ痕なく、アクセルペダルの障害もなし 池袋事故

~省略~

事故は19日午後0時25分ごろ発生。豊島区東池袋4丁目の都道で、板橋区弥生町の無職飯塚幸三さん(87)が運転する乗用車が交差点に進入し、歩行者らを次々にはねた。自転車で横断歩道を渡っていた豊島区東池袋2丁目の無職松永真菜さん(31)と長女莉子ちゃん(3)が死亡。ほかに6人が重軽傷を負った。飯塚さんと、同乗していた80代の妻も骨折するなどして入院した。

交通捜査課によると、現場周辺にブレーキをかけた跡は確認されておらず、ドライブレコーダーでも速度を上げながら走行する様子が映っていた。事故を目撃した男性も朝日新聞の取材に「車種も判別できないほどの速度だった。ブレーキをかけたような音も聞こえなかった」と証言。朝日新聞が入手した現場周辺の防犯カメラ映像にも、猛スピードで通行人をはねる様子が映っていた。

飯塚さんは「アクセルが戻らなくなった」と話しているが、車内にアクセルペダルの動きを妨げるような障害物はなかったという。歩行者らをはね、ごみ収集車などに衝突した後に停止した車はエアバッグが正常に作動していた。

車は最初の歩行者をはねる直前、約70メートル手前でガードパイプに接触する事故を起こしていたことがドライブレコーダーの映像などから判明している。同課は、この接触事故などで気が動転した飯塚さんが運転操作を誤り、赤信号を無視して交差点に進入したとみている。ドライブレコーダーの任意提出も受け、証拠隠滅の恐れもないとして任意で捜査を進める方針だ。

【朝日新聞 2019.4.20.】

池袋の母娘の死亡事故、メディアが「容疑者」と報じない理由とは?

東京・池袋で車が暴走して次々と人をはね、母娘が2人が死亡、8人がけがをした事故で、なぜ報道機関が車を運転していた人物を「容疑者」と報じないのか、インターネット上で話題になっている。

事故が起きた4月19日と20日付の、全国紙、通信社、NHKの表記は次のようになっている。

朝日新聞:実名+「さん」付け

読売新聞:実名+肩書き(元院長)

毎日新聞:実名+「さん」付け

産経新聞:男性

NHK:実名+肩書き(元院長)

共同通信:男性、実名+「さん」付け

時事通信:男性

匿名表記で男性、実名+「さん」付け、実名+肩書き、各社で対応は分かれたが、「容疑者」という表記をした社はなかった。

各報道機関は事件・事故を報じる上で、用語の使い方についてルールを設けている。関係者の人権に配慮するなどの理由からで、各社が独自で定めているものの、ほぼ同じような取り決めになっている。

容疑者という呼称は、逮捕や指名手配された場合に使用される。

今回の事故では、車を運転していた80代の男性は現在、逮捕も、指名手配もされていない。そのため、報道各社は「容疑者」と表記せず、匿名などの対応をしているということだ。

警察が逮捕する判断基準は?

今回の事故は、母娘2人の命を奪う重大な結果を引き起こしている。そもそも警察は、逮捕するかどうかを、どのように判断しているのか。

検察庁の公式サイトによると、「犯罪の重大性・悪質性、逃亡のおそれ、証拠隠滅のおそれなどの事情を総合して判断する」という。

~省略~

【ハフポスト 2019.4.20.】

元旧通産省&クボタ副社長&瑞宝重光章受章歴のある飯塚幸三氏が、逮捕されず匿名報道も続いている「真の理由」とは?

出典:YouTube

東京・池袋で発生した痛ましい「乗用車暴走死傷事故」の報道が続いている中で、事故を引き起こした(旧通産省からクボタの副社長に天下り、瑞宝重光章も受章した経歴を持つ)飯塚幸三氏について、「さん」付けや匿名報道が続いている上に逮捕されない状況が続いていることに、ネット上で疑問と怒りの声が噴出する事態になっています。
確かに、これまでの深刻な死亡交通事故の例を見ても、その内容や状況に関係なくすぐに逮捕され、容疑者として実名報道されるケースが圧倒的に多い中で、今回はかなり「異例の対応」になっているように見受けられますね。

事故発生当時は、飯塚氏が「アクセルが戻らなくなった」と説明していたことから、ボク自身も、「本人の過失や身体機能の異常」「自動車の異常」の2つの可能性を見ていたけど…現在の報道を見てみると、「自動車側(プリウス)に異常はなかったものと見られる」との論調の報道が多くなされている感じだね。

さて、ここからは、主にボクの推測になってくるけど、今回の事故、警察側は「相当に頭を抱えている状況」であることが予想される。
なぜなら、事故の原因や真相が100%完全に解明されない限り、相当なキャリアとバックグラウンド(いわゆる超・上級国民)を持つ飯塚氏を安易に逮捕するのは、警察側に大きなリスクが降りかかってくることが考えられる上に、もし上級国民の彼に忖度して、「自動車の不具合」のせいにして処理してしまうと、今度は、「天下のトヨタ」を全面的に敵に回すことになってしまい、これはこれで色々とマズイことになってきてしまうことが考えられるからだ。

そして、今回事故を引き起こしたトヨタのプリウスは、当サイトでも伝えてきましたように、これまでも深刻な暴走事故を起こしてきた車種ですし、ネット上で「またプリウスか」といった声が噴出したのも事実ですからね…。

そういう意味で、プリウスの問題だったとしても、飯塚氏の過失であったとしても、どちらの場合でも警察にとっては「本当のことを発表しづらい」状況だし、現状を見る限り、「プリウスの不具合ではなかった」との”方向”で話を進めていては、なおかつ飯塚氏に懸命に気を遣いながら慎重に状況を調べていることが考えられる。

中には、「逃亡や証拠隠滅の恐れがないから逮捕しないだけで、警察の対応は問題ない」との声も出ているけど、もし、ほとんど同じ条件や状況下で同じような事故が発生したとして、その事故を起こしたのが何の後ろ盾もない一般庶民だったら、恐らく「速攻で逮捕」されていたことが考えられるし、現実問題として、日本の警察や検察、裁判所は、その対象となる人間の地位や立場によって、対応を大きく変える傾向があるのは確かなのではと思うよ。

そう言えば、祖父が大富豪の慶大生(5回逮捕)による連続強姦&強盗事件がなぜか不起訴になったニュースを取り上げた際にも、管理人さんとせなさんで同じような話をされていましたね。
これまでの事例を見ましても、いわゆる上級国民(高級官僚・有力政治家・資産家やその子息・親戚など)が引き起こした不正行為や不祥事は、警察・検察・裁判所が寛大な措置をとる傾向が目立っているように見えますし、今回の一件も、多くの一般市民が違和感を感じる中、背後に様々な事情が介在している可能性があるのかもしれません。

ボク自身、完全に運転手側の過失だったのか、自動車の問題があったのか、今も判断がややできかねる状況だし、もうしばらく今後の動きを見守っていくこととしよう。

Pocket