大阪で警察バスが危険過ぎる幅寄せ!あわや大事故に!和歌山では男性巡査が高速を167キロで走行、道交法違反容疑で書類送検!

Pocket

どんなにゅーす?

・大阪・阪神高速で、G20の警備でやって来たと思われる警察のバスが、片側3車線の道で右車線から中央車線をまたいで左車線に車線変更左車線のすぐ後ろにトラックが走行していた中で、あわや大事故につながるような危険運転を記録したドラレコ動画がアップされ、話題になっている。

・ドラレコの映像を観る限り、警察バスに幅寄せされたトラックは、衝突を避けるためにブレーキを踏みながら、ちょうど左側に存在していた退避帯に逃れているように見え、運転していた警察官に対する批判が相次いでいる。

・また、19年5月に和歌山県警交通機動隊に所属していた20代男性巡査が、法定速度80キロの阪和道を勤務時間外に167キロで走行し、道路交通法違反容疑で書類送検されていたことが判明。警察関係者による違法な危険運転が相次ぐ事態になっている。

高速を167kmで暴走 交通機動隊員を書類送検

和歌山県警交通機動隊に所属していた男性巡査(23)が5月、和歌山市内の高速道路で法定速度を87キロ上回る時速167キロで車を運転したとして、県警に道路交通法違反(速度超過)容疑で書類送検されていたことが、捜査関係者への取材で明らかになった。送検は5月24日付。県警は同日、巡査を減給100分の10(1カ月)の懲戒処分とし、別の部署に異動させたが、正式に発表していない。

捜査関係者によると、巡査は非番だった5月9日夜、法定速度が時速80キロの阪和道を乗用車で時速167キロで走行した疑いが持たれている。大阪へ知人に会いに行った帰りだった。速度違反取り締まり装置に巡査の車が映っており、発覚したという。

~省略~

【毎日新聞 2019.6.26.】

気の緩み?それとも傲慢化?警察による「一歩間違えると大事故」の危険運転行為が相次ぐ!

大阪と和歌山で、警察関係者による「一歩間違えると大事故」になりかねない危険運転行為が明らかになっています。
どちらのケースも、にわかに信じがたいような危ない運転ですが、特に、大阪で発生した警察バスによる幅寄せは、動画を観ても非常に危なかったことが分かります。

ああ。これは、ドライバーは相当肝を冷やしたことだろう…。
片側3車線の道路において、(例えば右車線から左車線に)中央車線をまたいで一気に車線を変えること自体は、みたところ違反ではないみたいだけど、動画を観る限り、警察バスの方が後方車をろくに確認していないように見えるし、トラックの存在そのものに気がついていない可能性もありそうだ。

そして、和歌山の速度違反のニュースも、一般のドライバーのスピード違反を厳しく取り締まっている警察側(交通機動隊員)による常軌を逸したスピード違反ということで、看過することができない問題だ。

近年、深刻な死傷者を出す重大な交通事故のニュースが多いけど、警察自体の安全に対する意識がかなり緩んでいるように見えるし、市民の違法行為を取り締まる国家権力側として、自身が交通ルールや法令を守る意識を持ってくれないと困るね。

和歌山の167キロ走行のスピード違反のケースも、書類送検と減給1か月の処分というのもかなり甘いような気がしますし、警察組織については、身内の不祥事の矮小化や揉み消しの問題も取り沙汰されてきました。

大阪でのG20開催を控えて警察車両が大量に大阪に集結しているようだけど、その警察車両がこのような危険運転をしているのだから、まったく洒落にもならないような話だ。
安倍政権の独裁化に伴って、国家権力全体が劣化・放漫・傲慢化に向かっているように見えるし、もう少し日本国民自身が危機感を持ちつつ、腐敗した権力の緩みを引き締めさせていく必要があるかもしれないね。

Pocket

 

おススメ記事&広告