自民・小野田紀美議員が杉田水脈議員の批判っぽいツイートするも、逆に炎上!「義務を果たせば権利を主張して良いと思う」→ネット「根本から間違ってる」「憲法を一から勉強して」

Pocket

どんなにゅーす?

自民・杉田水脈議員による「優生思想発言」が世界的に批判を浴びている中、自民・小野田紀美議員が、杉田議員の発言を否定するような発言をしたものの、かえって炎上する事態に陥っている。

・小野田議員は「憲法で定められた国民の義務は『勤労、納税、教育を受けさせること』。義務を果たしていれば権利を主張して良いと思うし、どんな生き方をしようとどんな考えを持とうと、それが犯罪でなければ個人の自由だと私は思っています。自由には責任が伴いますが、それを覚悟で私も自由に生きています」とツイート。

・これに対し、「現行憲法では、義務を果たさなくても権利を主張出来るのが当たり前」「国会議員なのに基本的人権も知らないのか」などの批判が相次ぎ、その後に彼女が「脊髄反射させてしまう書き方になっていたようで…」などと挑発的な釈明をしたことで、さらに炎上する事態になっている。

小野田参院議員
「義務果たせば権利」と投稿、批判広がる

自民党の小野田紀美参院議員(岡山選挙区)が25日、憲法が定める「国民の義務」に言及したツイートで「義務を果たしていれば権利を主張して良いと思う」と記した。ただ、基本的人権は勤労や納税といった国民の義務とは関係なく保障されている。小野田氏はその後に「誤解がある」と釈明したが、同列に論じたとも受け取れる発言に批判が出ている。

【毎日新聞 2018.7.26.】

↓批判殺到の事態に、挑発的かつ意味不明な釈明をし、さらに炎上。

山本太郎議員に異様な敵意を剥き出しにしている小野田紀美議員が、絶望的な無教養と危険な「人権否定思想」を披露し大炎上!

出典:Twitter(@onoda_kimi)

出典:Twitter(@mortal225)

出典:Twitter(@horiris)

山本太郎議員に対して異様な敵意を剥き出しにしていることでも知られる、自民・小野田紀美議員が、杉田水脈議員の差別思想を批判するつもりがかえって大炎上する事態になっています。

国内のみならず、海外からも批判が殺到し始めている杉田議員を切り捨て、自分自身は旨みのあるポジションに就こうとしたのかもしれませんが、結局は杉田議員と「根底にあるものは同じ」であることを露呈してしまっている状況ですね。

ほんとに、どうしてあんなに山本太郎議員に殺気を抱き、激しく憎んでいるのか知らないけど、この彼女の発言を聞く限り、よっぽど山本太郎議員の方が民主主義や憲法の基本をよく勉強し、広い視野と明晰な頭脳で政治家としてあるべき仕事をしていると思うぞ。

「義務を果たしていれば権利を主張して良い」という考えは、現行憲法の精神を根底から壊してしまう、非常に危険な”人権否定思想”であり、義務云々に関係なく、「全ての国民は平等に権利を主張し、行使できる」というのが、民主主義国家として当たり前の考え方だ。

小野田議員が言っていることは、「権利を主張する前にまずは義務を果たせよ」と言っているのと同じで、これは「全国民に対して権力に奉仕することを強制する考え方」であり、言わば杉田水脈議員の「権力に対する”生産性の有無”で国民の価値をランク付けする」という思想ほとんど変わり無いものだ。

つまり、彼女は杉田議員の危険な差別思想を否定し、(薄情にも)さっさと彼女を切り捨てにかかろうとしたものの、結局は自身も「同じ穴のムジナ」であることを露呈してしまったという、なんともお粗末で残念すぎる話ということだ。

しかも、批判殺到後の釈明も本当に酷いもので、言ってみれば、「赤坂自民亭」の写真を公開したことで炎上、その後に釈明した西村康稔官房副長官による「国民側に責任転嫁」するような醜い言い訳ともソックリです。

こうした言い訳を見ても、いかにも自分たちが国民より上位に立ち、民衆を見下ろしているような気分になって、自らの身分を完全に”勘違い”している実態がよく分かるね。

もはや、この国の与党政治家は、ほぼもれなく、国民を心底さげすんでは「国家の支配者」になっている気分に陥っているし、これでますます杉田水脈議員の差別思想は、自民党全体の”スタンダード”であることが浮かび上がってきたと言えそうだ。

本当に恐ろしい事態です…!
彼らはすでに、どんなに国民に背を向け、足蹴にしようと、自らの地位が安泰であることを高をくくっている状態ですし、これは本当に、私たち国民が何とか存在感を示さないと、いよいよこの国の自由や人権は徹底的に制限・排除され、文字通り「暗黒の時代」に突入していくこととなるでしょう。

Pocket

 

おススメ記事&広告