note「IP流出騒動」で指原莉乃さんの5ch投稿が発覚!?事務所側は事実関係を否定!「指原本人のものではないと確認が取れました」と説明も、疑いの声が収まらず!

Pocket

どんなにゅーす?

・有名人も多く利用している投稿型情報メディア「note」において、投稿者のIPアドレスが不特定多数のユーザーに見える状態になっていたことが判明。これを受け、note側が一時的に利用者からのアクセスを遮断し、急遽不具合を修正する事態が発生した。

・これにより、noteを利用していた複数の有名人のIPアドレスが流出。中でも、指原莉乃さんと同一のIPアドレスが、5ch内の投稿に多く存在していたことが分かり、ファンを装ってアンチを叩く「自作自演」を疑う声が噴出事務所側は「指原本人のものではないと確認が取れました」と否定したものの、疑いの声が今もくすぶる事態になっている。

「note」で著名人IPアドレス漏えい サービス一時中断 「おわび」掲載

投稿サイト「note」を運営するnote株式会社は14日午後、記事を投稿した利用者のIPアドレスが第三者から確認されてしまう不具合があり、修正したとする「おわび」をサイト上に掲載した。この修正のため、14日午前、noteのサービスが一時的に中断された。

~省略~

問題が発生したnoteは、文章や写真、音楽や動画などを簡単に投稿できるほか、有料記事やサークルも運営できることから月間数千万人の利用規模がある人気サイト。発表によると、noteに投稿された記事の詳細ページのソースコード(表示設計)からIPアドレスが確認できてしまう状態だったという。

【毎日新聞 2020.8.14.】

指原莉乃サイドは〝否定〟も…「note」IPアドレス漏えいで有名人らの5ch書き込み判明?

~省略~

ただ、これによりSNSなどを中心に漏えいした有名人のnoteからIPアドレスを特定し、大手ネット掲示板「5ちゃんねる」など匿名掲示板と比較。該当したIPアドレスの発言を本人とひも付けて考え、SNSなどに公開するネットユーザーも現れた。

特にタレントの指原莉乃(27)の5chへの書き込みの可能性を指摘され、一時「指原莉乃」がツイッターのトレンド上位にランキングされる事態にまでなった。

これに対し、note社は「(同じ)IPアドレスを利用して他のサイトにアクセスした履歴が本人だと断定することはできない」とし、「今回の不具合により、名誉毀損などの被害をこうむったクリエイターに対しては、本人と連携して法的措置を含めてサポートする」と注意喚起した。

また、指原の事務所関係者は本紙に「note社からIPアドレスの件で連絡が来ました」とし、5chなどのnoteで漏えいしたIPアドレスでの匿名掲示板などでの書き込みについては「(指原)本人のものではないと確認が取れました」と否定した。

【livedoorNEWS(東スポWeb) 2020.8.14.】

有名麻雀系V-Tuber「楠栞桜」と指原さん、乙武氏らのIPアドレスがnoteを通じて流出!同一のIPによる5chなどへの投稿内容が波紋!

出典:TABIMELO

これはまた、何とも言えない騒動が発生しちゃってるわ。
確かに、IPアドレスが全く同じだからと言って、即本人のものと断定することはできないけど、今回のケースは果たしてどうなのかしら

今回の騒動の顛末については、このサイトの記事がとても分かりやすいけど、某掲示板内にて、麻雀系V-Tuberの「楠栞桜」を擁護したり他のV-Tuberを非難したりする投稿者が話題になっていた中あるネットユーザーが「楠栞桜」によるnote記事のソース内にIPアドレスが表示されていることを発見
このIPアドレスと掲示板投稿者のIPアドレスが全て一致していたことが判明した流れで、さしこ(指原さん)や乙武氏のIPアドレスと一致するものが、やはり、5chなどの掲示板に存在していることが判明

中でも、さしこや楠栞桜の場合、ファンやサポーターのような立場で投稿を繰り返しては、自分たちを擁護しつつアンチに反論したり叩いたりしている点で「ともに一致」しているようで、こうした状況について、さしこ側も楠側も「たまたま」「偶然」と主張しているわけだ。

ひとまず、これをどう判断するかは各人に委ねることにしたいけど、これはどうだろうか…。

完全なる”本人”が書き込みしているというよりは、noteも5chも、マネージャーなどの事務所関係者、または業務を委託された関係者が投稿している可能性もあるかもしれないし、いずれにしても、あくまで「確率止まり」で、完全に断定・特定することは事実上不可能といった感じね。

まあ、現実問題で考えてみると、事務所やマネジメント企業側が、所属タレントなどに対するネット上の様々な”ネガティブ情報”に対して、これに反論したり、ライバル企業を叩いたりする書き込みを大量に行なうことを専門とする企業が存在しており(簡単に言えば、ネット上のサクラというかステマみたいなもの)、こういう手法はかなり広く一般化していると言えるし、実際のところ、事務所や本人がネット上のアンチの書き込みに腹を立てて、思わず反論したりするのは結構よくあるものなんじゃないかな?

さしこの場合は、(元々のキャラ的に)そこまで実害がないようにみえる(むしろ株が上がってる?)一方で、V-Tuberの方はちょっと深刻な事態になってきているようにみえるけど…今後もこの手の個人情報の流出は(意図的なものであれ、事故によるものであれ)ますます増えていくことになるのは間違いなさそうだ。
(ちなみに、noteが行なっているサービスそのものはなかなかいいものだと思ってるし、ボク自身結構お世話になってるので、今回は、あんまり言いたいことをズバズバ言うのはやめておくかな)

ありとあらゆる個人情報が徹底的にデジタル化&一元化されていけば、間違いなく、1%の権力層がこれを悪用しないはずがないですし、私たちが知らない間に、様々な個人情報が水面下でやり取りされたり、思わぬところから流出してしまう可能性を常に考慮しないといけない時代にすでに突入してしまっているってことね。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事