【デタラメ国家】日銀が個人の投資信託の額を30兆円以上も誤計上!個人の投資はどんどん減っていた!「貯蓄から投資に」を信じてきた証券業界に衝撃!

Pocket

どんなにゅーす?

個人が保有する投資信託の額が、日銀の計算で30兆円以上も多く計上していたことが判明。近年順調に個人投資が増加しているものと錯覚していたものの、実際には減少傾向にあることが分かった。

・このような誤りが生じたのは、ゆうちょ銀行が保有する投信を個人が保有しているものと誤って計算していたのが原因とのこと。ネットでは日銀による前代未聞のミスに怒りの声が上がっている。

投資信託
家計保有額、30兆円以上も誤計上 日銀がミス

「貯蓄から投資」実態は逆
個人の代表的投資商品である「投資信託」の家計保有額が、日銀の統計作成時の誤りで30兆円以上も過大計上されていたことが判明した。近年順調に増加しているとされてきた投信保有額が、実際は減っていたことになり、「貯蓄から投資」が進んでいると信じてきた証券業界に衝撃が広がっている。

過剰計上があったのは、金融機関や家計など各部門の資産や負債の推移などを示す「資金循環統計」。同統計では年1回調査方法を見直す改定を行っており、今年6月下旬発表分の改定値を算出する際に過剰計上が見つかった。2005年以降の数値をさかのぼって改定した結果、17年12月末の家計の投信保有額は、改定前の109兆1000億円から約33兆円少ない76兆4000億円まで激減。個人金融資産に占める投信の割合も、改定前は12年の3.8%から17年の5.8%まで上昇していたが、改定後は14年の4.6%をピークに低下し、17年は4.1%まで下落していたことが分かった。

これほど大きな修正が生じたのは、日銀が、ゆうちょ銀行が保有する投信を個人が保有しているものと誤って計算していたことが原因だ。

【毎日新聞 2018.7.23.】

「デタラメ国家」日本を象徴するトンデモ衝撃ニュース!個人投資を30兆円も水増しし、好景気を偽装か!?

出典:Wikipedia

ちょっとぉおおおっ!!
個人の投資信託の額が30兆円分も余分に計上してたって、ほとんど虚構新聞の世界じゃないのよぉ~!!
一先進国家が、こんな有り得ないようなトンデモ過ぎる間違いをして、何が一体どうなっているのよぉ!?

ここまで日本はデタラメ三昧の国家になってしまったとは…ちょっと気の利いたコメントが思い浮かばないね。
「30兆円もの誤計上」という事実そのものが、国家の存亡を揺るがすほどのとてつもない規模だし、個人投資がどんどん増えていると勘違いしていたものの、アベノミクスの実態は、個人の経済状況がどんどん疲弊し、正直言って投資どころでは無くなっているということだ。

この時点で、本当なら安倍総理は「アベノミクス大失敗」の責任を取って一刻も早く辞任すべき事態なんだけど…なんと、現実では党内の「ポスト安倍」のライバルも早々に白旗をあげ、今や安倍3選が盤石の状況になっているという、これまた、デタラメすぎる事態となっている。

今のこの国は、一言で言うと、国民を騙すための改ざん、ウソ、ごまかし、隠蔽、何でもありの「超・デタラメ国家」ということだ。

もう、突っ込むのも嫌になるくらいに、末期的な事態だわ…っ!
ここまでのデタラメが平気でまかり通っては、どんなインチキやウソを繰り返しでも何の影響もお咎めもない安倍総理が平然とのさばり続ける限りこの国はひたすら転落して破滅に向かうしかない状況ね…。

もはや、数十万人規模の巨大デモでも起こらない限り、あらゆるデータや基準、情報など全てが「ことごとくデタラメだらけ」となり(すでにそうなりかかっているけど)いずれ、取り返しのつかないところまでいってしまいそうだね。

おススメ記事&広告

 
Pocket