■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【不気味】鹿児島・トカラ列島の群発地震が止まらず!数分~数十分ごとに揺れが襲う事態に!ネットでは「トカラの法則」との言葉が飛び交い巨大地震を心配する声も…!

【不気味】鹿児島・トカラ列島の群発地震が止まらず!数分~数十分ごとに揺れが襲う事態に!ネットでは「トカラの法則」との言葉が飛び交い巨大地震を心配する声も…!
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年4月9日の夜以降、鹿児島・トカラ列島近海を震源とする地震が頻発。12日時点で震度1~4程度の身体に感じる地震が200回以上発生し続けている事態になっている。

・住民からも「眠れない」などの不安の声が出ている中、ネット上では「トカラの法則」との言葉が飛び交い、過去の事例に挙げて大地震の発生を心配する声も。今回の群発地震の原因が全く分かっていない中で、様々な推測の声が上がっている。

鹿児島十島村 地震200回以上観測 住民に不安「眠れない」

~省略~

気象台によりますと、鹿児島県では今月9日の夜遅くからトカラ列島近海を震源とする地震が相次いでいて、十島村の悪石島では12日午後2時までに震度4の揺れを4回観測しました。

また、悪石島と小宝島で震度3の揺れを合わせて15回観測するなど、体に感じる震度1以上の地震は212回に上っています。

悪石島から病院へ通うために来たという56歳の男性は「おととい朝の震度4の揺れが、いちばん強く、横揺れが10秒くらい続きました」と振り返りました。

そのうえで「地震があるたびに目が覚めて眠れませんでした。20年ほど前の震度5強の地震では島民が避難しましたが、そうならないようにと願っています」と話していました。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2021.4.12.】

鹿児島 トカラ列島近海で地震相次ぐ 数日間続く可能性も

~省略~

専門家「構造線を背景に起きている可能性」
鹿児島県のトカラ列島近海を震源とする地震が9日夜から相次いでいることについて、南西諸島北部の地震活動に詳しい鹿児島大学南西島弧地震火山観測所の仲谷幸浩特任助教は「この領域では、『トカラギャップ』と呼ばれる海底地形のくぼ地がおおむね東西に延びていると考えられている。こうした境界があることで横ずれ断層型の地震がしばしば起きており、今回の地震活動もこの構造線を背景に起きている可能性がある」と指摘しています。

そのうえで今後の見通しについて、「2000年にマグニチュード5.9の地震が起きた際にもしばらく活動が続いたので、引き続き十分注意する必要がある」と話しています。

【NHK NEWS WEB 2021.4.10.】

トカラ列島近海の地層に「何らかの異変」が発生か!3日間で200回以上も体感地震が発生する事態に…!

↓トカラ列島近海でおよそ数分から数十分おきに体感地震が発生中。

出典:Yahoo!天気・災害

これは少し心配な状況になってますね…。
数分から数十分おきに体感地震が発生していること自体、明らかに普通ではないですし、トカラ列島近海の地層で「何らかの異変」が起こっているとみてよさそうです。

トカラ列島といえば、これまでも多くの群発地震が起こってきた地域だけど、今回は過去の例と比較してもかなり活発に群発地震が起こっているように見えるし、それだけにちょっと心配だね。

九州一帯がそうであるともえいるけど、まさに、陸上・海底ともに「火山の群集地帯」ともいっていいほどに活発な活動が続いている火山が大量に存在しており、中でも、トカラ列島からそう遠くない位置には、「鬼界カルデラ」という巨大な海底カルデラが存在しており、過去に縄文文明を滅ぼしたともいわれる世界最大級の超巨大噴火を起こしていたことが分かっている。

●過去記事:【ヤバイ】縄文文化を滅ぼした九州の海底火山「鬼界カルデラ」で活動的マグマを発見!現代で大噴火すると最悪1億人が死亡!

ネット上では、これまでも「トカラの法則」といった言葉がしばしば飛び交っては、「トカラ列島で群発地震が発生すると日本列島のどこかで巨大地震が発生してきた」ことが言われているけど、今のところこれらの根拠は全くないような状態で、因果関係は完全に不明といった状況だ。
しかし、りのクンが言っているように、トカラ列島近海の地層で何かが起こっているのは間違いないだろうし、付近に多くの火山が存在しては日頃から活発な火山活動が続いてきたことをみても、大地震だけでなく火山の噴火についても注意した方がいいだろう。

とにかくも、「しっかりと備えをしておく」に越したことはないし、この地域周辺だけでなく、ボクたち自身も、改めて巨大地震が発生した際にとるべき行動や備えについて、今一度確認するのがいいかもしれないね。

このまま徐々に地震活動が収束して元に戻るといいのですが…。
とにかく、今後の経過について注意深く観察し、「日本国内のいつどこで巨大地震が起こっても全くおかしくない」との認識の下でしっかりと備えをしておくのが良さそうです。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事