■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【政権ぐるみ】西村大臣だけでなく、内閣官房と国税庁も酒類販売業者に圧力文書!「飲食店が要請に応じていない場合には、当該店との酒類取引を停止するようお願いします」

【政権ぐるみ】西村大臣だけでなく、内閣官房と国税庁も酒類販売業者に圧力文書!「飲食店が要請に応じていない場合には、当該店との酒類取引を停止するようお願いします」
Pocket

どんなにゅーす?

西村経済再生相が、酒類販売業者に対して酒の提供を続ける飲食店に取引停止を求める方針を提示し、国民から強い批判が殺到している件について、内閣官房と国税庁も同様の圧力文書を酒類販売業者に送りつけていたことが明らかになった。

酒類販売業の組合関係者は、今回の菅政権の動きに強い怒りの声を表明。また、西村大臣に全ての責任を被せようとしていた菅政権に対しても怒りの声が上がっている。

国税庁も「取引停止」求める…西村大臣が発言撤回

4度目の緊急事態宣言で、再び「酒類の提供停止」となる飲食店ですが、協力に応じない店への対策として、西村大臣は8日、「金融機関からも働きかけを行っていただきたい」と発言しました。

酒類の提供を続ける飲食店に“金融機関から圧力をかける”とも受け取られかねない発言です。これに対して、反発が広がっています。

地銀関係者:「資金の提供元の我々が『やめてくれ』と言えば、飲食店は『融資を止められたら困るから言うことを聞かないと』となる。優越的地位の乱用になるのではないか」

~省略~

加藤官房長官:「私から西村大臣に気をつけていただきたい旨を伝えた。関係省庁から個別の金融機関への働きかけは行わない」

~省略~

内閣官房と国税庁が酒の販売業者の組合に出した文書です。
『酒類販売業者におかれては、飲食店が要請に応じていないことを把握した場合には、当該飲食店との酒類の取引を停止するようお願いします』

国税庁は、酒類の販売の免許を出す権限があるなど、販売業者に大きな影響力を持っています。突然の要請に業界団体は、強く反発しています。

~省略~

【テレ朝news 2021.7.9.】

西村大臣1人の暴走ではなく、政権ぐるみの大暴挙だったことが判明!口先だけでなく文書で酒類販売業者と飲食店を脅し!

Twitter上で西村大臣の更迭を求める声が噴出してたけど、どうやら、西村氏はただ”上からの命令”に従ってただけだったみたいねっ!
西村氏が口先で金融機関と業者に対して取引停止を求める考えを示したのも大問題だったけど、この、内閣官房と国税庁による常軌を逸した圧力文書はさらに醜悪なんじゃないかしら!?

しかもこの文書の中身を見ると、「飲食店が要請に応じていないことを把握した場合には、当該飲食店との酒類の取引を停止するようお願いします」と、相当に強烈な文言が書かれているし、「お願い」なんていうレベルでは到底なく、こりゃあ完全な脅し文書だ。
一見するとコロナ感染防止対策とは関連性が薄い酒類の提供に対して、菅政権が異常なまでに目の敵にして、暴力的な手段を持ってして止めようとしているのも(何かの「裏の目的」があるとしか思えないほどに)かなり異常だけど、ついに日本の民主主義の崩壊の動きがここまで行き着いてしまったんだね。

おまけに、加藤官房長官も西村大臣1人に全ての責任を覆いかぶせようとしているけど、政権ぐるみの企みだったことが完全にバレたし、西村大臣1人じゃなくて、菅内閣総辞職レベルの重大な責任問題なんじゃないかしら!?

(安保法の強行採決など)安倍政権時から既存の憲法を破壊する動きが明確に始まったけど、菅政権になっていよいよ既存の憲法が存在しないに等しいほどにほとんど骨抜き・無力化してしまった状態だし、緊急事態条項を導入するまでもなく、すでに政権による私権制限の動きがかなりのレベルまで常態化してきてしまっている。
あおいちゃんが言っているように、これ以上のディストピア化を食い止めるためにも、国民は菅内閣の総辞職を求めるべきだろうし、西村大臣だけでなく菅総理の辞任を要求すべき事態なのではないかな?

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事