【あちゃ~】熱烈な安倍信者が安倍総理を激しくディスってしまう!「『せご』とか頭悪すぎ」「来年から小学生でちゅか~?」

Pocket

どんなにゅーす?

安倍総理による「背後(せご)」の誤読を揶揄していたネットユーザーのツイートに対して、熱狂的な安倍シンパが、「『せご』とか頭悪すぎ」「来年から小学生でちゅか~?」などと激しく軽蔑してくる事例が発生その後の展開(オチ)も含めてネット上で話題になっている。

↓話題の安倍シンパのプロフィール(現在アカウント凍結中)。

出典:Twitter(@nobumi_yabami)

↓話題のツイート。

出典:Twitter(@jin00001)

↓ネットユーザーから指摘が相次ぎ…。

出典:Twitter(@Mayama_Woodged)

出典:Twitter(@LarkChillout)

熱烈な安倍シンパの性質や精神性をよく表したツイートが話題に!

あらあら。もはやこれは壮大な「ギャグ漫画」の世界になっちゃってるわ。
ネットユーザーの人たちが激しく吹いちゃうのも無理はないわね。

ボクもこれをネタにするかどうかちょっと迷ったんだけど、自分で自分の首を絞めてしまう「安倍総理を熱狂的に信奉してしまう人たち」の実態を独自に研究してきた身として、今回紹介させてもらうこととした。

「プロフェッショナル」の綴りが(ネットユーザーからの指摘で)途中で直されていたりと、何かと笑っちゃうような一件だけど…こうした事例などから見えてくる「安倍信者」の特徴とは、

●安倍政権の腐敗に怒っている一般国民(や国民目線で安倍政権を批判している有名人など)に対し、激しく攻撃したり、軽蔑してくる。(つまり、強者に媚びつつ弱者に向かって攻撃してくる)

●壮大な自己矛盾を抱えていても、都合良く理屈や筋をねじ曲げつつ、それでも安倍総理を信奉し、応援する。

●自分自身の教養の無さや不勉強さを棚に上げ、他者を見下げたり、軽蔑する。(軽蔑する対象は、常に自分たちと同じ社会弱者)

といったものが挙げられるだろう。

これに加えて、安倍シンパの中には、おおまかに2通りのケースがあって、1つは、いわゆる1%の既得権側(安倍政権から直接的に権益を受けている人間)が、「一般人のフリ」をして安倍礼賛を行なっているケースと、いわゆる一般の従業員や引きこもりやニート、非正規労働者などの、安倍政権に蹂躙・搾取されている側の社会弱者がネットでの世論誘導や洗脳に引っかかって、安倍礼賛を行なっているケースがあるものと見ているわ。

うむ。前者の方は、単純に自らの金儲けや保身のためにやっているので、これを改めさせるのはなかなか難しいけど、問題は後者の方だ。
上のアカウントはどちらに属するのかはっきりとは分からないけど、いわゆる「社会弱者側に属する安倍シンパ」は、トルーマンらが長年にわたって施してきた日本国民に対する「愚民化洗脳」究極的な姿ともいえる。
懲戒請求事件でもこうした人々が注目されたけど、まさに、真っ先に権力に捨てられ、殺されていく「奴隷中の奴隷」ともいえる存在であり、自らを死に向かわせる非常に深刻な「洗脳状態」に置かれていると言えるね。

そして、戦後指折りの「反知性総理」ともいえる安倍さんが強大な権力を持つことで、同じ性質や精神性を持つ人間がシンパシーを感じて次々と集まってきていて彼らが安倍総理と結びついていくことで、マスコミ界や言論界の反知性化や、ひいては日本社会全体の反知性化を引き起こしてしまっているわね。

安倍総理と親和性が高い勢力と言えば、詐欺的な勢力や反社会的な勢力、そして、思考力が極端に低い身勝手で無教養な人間(さらにいえば犯罪的な思考を持つ人間)であり、これらがゆるく有機的に結びつきながら、社会で大きな力を持つようになることで、日本社会のモラルや知性が崩壊に向かっているということだ。

いわゆる「政権に搾取されている側」の社会弱者の間においても安倍総理に大きなシンパシーを持つ人間が絶えないのも、こうした「(反知性的な)社会の強者」と結びついているような気分になることで、一時の優越感や一体感を得ている可能性がありそうだし、だからこそ、国家のトップには、絶対に、最低限の知性やモラル、教養を持っている人物にやらせなければならないんだ。

ほんとに、「反知性」の蔓延ほど恐ろしいものはないわね。
一人でも多くの人が、こうした蟻地獄のような「安倍信者」から卒業してくれればいいんだけど。

まあ、今回のケースで一点だけ言えるのは、「背後」の読みを知っていた時点で、このユーザーは安倍総理よりは優秀な頭脳の持ち主だったということかな?

今後も、ネット上に蔓延する「反知性主義」や「権力礼賛思想」の実態について、ウォッチと分析を続けていこうと思うよ。

Pocket

 

おススメ記事&広告