【大反響】ウーマン村本氏、今年も「THE MANZAI」で鮮烈な政治・社会ネタ!沖縄基地問題、原発、豪雨災害、杉田水脈問題(LGBT差別)など!

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年12月9日、フジテレビで放送された「THE MANZAI 2018」にて、昨年に続き、ウーマンラッシュアワーが時事、政治問題をネタにした漫才を披露。大きな反響を呼んでいる。

・村本氏は、得意の”早口芸”を通じて、沖縄基地問題、原発、被災地の現状や、自民・杉田水脈議員を発端としたLGBT差別問題などを問題提起。一部で批判の声も上がる中、称賛や共感の声が続々と寄せられている。

ウーマン村本 THE MANZAIでまたも時事ネタ、LGBTも…ネット大反響

~省略~

ネット上では「去年より良かった」などと盛り上がり、瞬く間にトレンドランキングのトップになった(午後10時の時点)。

村本は得意の早口でまくしたてた。「LGBTの人たちにカミングアウトという言葉を使わせている。自分が自分のことを言うのにカミングアウトという言葉を使わせている社会は普通じゃない」「沖縄の海ってだれのもの?日本のもの?アメリカのもの?違う。沖縄県民のものなんです。今こそ沖縄県民の怒りの声に耳を傾けるべき」などとマシンガンより早いと思われるスピードで次々と問題提起した。

ネット上では直後から盛り上がり、「村本すごい感動」「ネタに感動しました」「面白い すげえなあ」「見終わった後で考えさせられるネタというのは素晴らしい 心に留まっている。映画のようである」「今の社会情勢を訴えていたことに感謝!社会情勢を訴えながら笑いに変える村本さんはすごい」などとほかのコンビとは全く異なる芸風に称賛の声が多く見られた。また、「説教して終わるのは芸人ではない」「何が言いたいか分からない」と批判的な声も見られた。

【livedoorNEWS(デイリースポーツ) 2018.12.9.】

ウーマン村本氏が日本における「弱者切り捨て社会」を全力で批判!リスクを恐れない”攻めの姿勢”に感動の声が続々!

↓話題のネタ全編。

出典:YouTube

今年もウーマン村本さんがやってくれたのねっ!!
豪雨災害の放置水道民営化の強行採決杉田水脈議員のLGBT差別とか、今年に起こった安倍政権の悪政の数々もしっかりまとめてくれているし、ネット上でも多くの共感の声が相次いでいるみたいだわ!

村本さん、さすがですぅ!!
やっぱり、リスクを恐れないで「強いもの」に立ち向かっていく人の姿は、とってもカッコイイですねぇ~!!

ボクもネットをざっと見てみたけど、驚くほどに好意的な声がたくさん寄せられているね。
みはるちゃんの言うように、「腐敗した巨大権力」に対して、”集団リンチ”や様々な嫌がらせを受けるリスクをおかしてでもこれを痛烈に批判することは、思っている以上に大変な勇気が要るものだし、こうした姿勢こそ、最近の日本社会の中で最も欠けている部分であるような気がするよ。
言い方を変えれば、だからこそ、ここまで共感の声が多く出ているのだろうし、心の中では何となく感じていても、恐くてなかなか口に出せない人がそれだけ多くいるということなのだろう。

繰り返すけど、村本氏が言っているように、今の日本人が持たなくてはならないのは、「弱者をいたわり、慮る心」と、「腐敗した組織や権力に物を言う勇気」なんじゃないかと思う。
元来より、この国では「空気を読む」文化や「多数や強いものに黙って従う」ような風潮があるけど、こうした日本人の習性をよく知る権力者(グローバル資本勢力)によって、「強いものをより強く&弱いものをより弱く」といった社会政策が加速しており、ますます、社会弱者が搾取・差別されては、無碍に社会から抹殺されていくシステム(グローバル独裁社会)が構築されつつある。

多くの国民が慣れ親しんでいる「漫才」というエンタメ・表現方法を通じて、その中に「社会貢献」や「問題提起」を融合させている村本氏の意欲的な姿勢は大きく共感できるし、お笑いというものを単なる「ガス抜き」「現実逃避」にとどまらせず壮大で価値ある「表現作品」にまで昇華させているのは、なかなか素晴らしいことだと思うよ。

本当よね…。
村本さんの姿勢は、「今の日本人に一番欠けている部分」を体現しているように見えるし、一人一人が真剣に近年の「弱者切り捨て社会」だけじゃなく、今や民主主義の大原則すら平気で踏み潰し始めている「安倍政権の暴走」に危機感を持たないといけないような段階に差し掛かっているんじゃないかしら?

こうしたネタを披露すること「そのもの」に大きなリスクがあること自体が、今の日本の危険さを物語っていると思いますですぅ。
全ての人が、気軽に政治や社会のおかしさに声を上げられるような社会こそ、健全で豊かな社会だと思いますしぃ、だからこそ、村本さんのネタは多くの人の共感を呼んでいるのではないでしょうかぁ。

未曾有の政治(国会)の崩壊に「怒りの声」を上げた山本太郎議員に感動の声が続々寄せられているのを見た時にも感じたけど、こういう多くの人々の反応を見ていると、まだ日本も僅かな望みが残されているようにも感じるね。

ボクたち日本人は、今以上に自分たちの「いいところや悪いところ」を客観的に理解していくことが必要だと思うし、それぞれが出来ることを行動しつつ、「立場や力の弱い人」こそが手厚くいたわられるような、優しく温もりのある社会に変わっていくことを願っているよ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事