【鮮烈】ウーマンラッシュアワーが「THE MANZAI」で原発・在日米軍・小池都政・兵器利権など渾身の権力批判ネタ!最後に「国民」自身への批判も!

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年12月17日、権力迎合主義が横行するメディア界で、堂々と権力批判を繰り返していることで知られる村本大輔氏の漫才コンビ・ウーマンラッシュアワーがフジテレビの年末恒例番組「THE MANZAI」に出演し、鮮烈な権力批判の数々のネタを披露ネット上で熱い賞賛が多く寄せられている。

↓話題沸騰のネタはこちら。

ウーマンラッシュアワー、THE MANZAIで沖縄米軍基地ネタ「面倒くさいことは見て見ぬふりをする」
「福井の小さい地域に原発が4基ある」などと風刺

2人は12月17日、フジテレビ系の「THE MANZAI」に出演。北朝鮮ミサイル問題や沖縄の米軍基地問題、日米安保など、2017年の政治情勢を笑いで風刺した。

「福井の小さい地域に原発が4基ある」

まずネタになったのが、村本大輔の出身だという福井県おおい町だ。

「大飯原発があるおおい町です。原発のあるおおい町です。おおい町の隣は高浜町、高浜原発。その隣は美浜町、美浜原発。その隣は敦賀のもんじゅ。小さい地域に原発が4基あるんです」

村本は一気にまくし立てた。さらに、おおい町では午後7時になると店が閉まるところが多く「町が真っ暗になる」と説明。

「これだけは言わせて下さい、電気はどこへゆく!」

村本はそう訴えてみせた。

「本当の危機は、国民の意識の低さ」

しかしこれだけでは終わらない。ネタは10月の衆院選惨敗で「希望の党」の代表を辞任した小池百合子都知事や、オリンピックに向けて建設が進む新国立競技場の巨額費用問題、その一方で、東日本大震災や熊本地震の被災者の数万人が、未だに仮設住宅で暮らしていることにまで及んだ。

沖縄の米軍基地問題を東京オリンピックと比較して「楽しいことは日本全体のことにして、面倒くさいことは見て見ぬふりをする」​​​​とか、アメリカにとって日本は、ミサイルや戦闘機などを買ってくれる「都合のいい国」になっているなどと批判した。

【ハフポスト 2017.12.18.】

ウーマンラッシュアワーが『THE MANZAI』で怒涛の政治批判連発! 原発、沖縄基地問題、コメンテーター芸人への皮肉も【リテラ 2017.12.18.】

社会の理不尽さや権力の腐敗を直球でぶちまけ、ひたすら問い続けてきたウーマン村本氏の「珠玉のネタ」に、心を大きく揺さぶられる人が続出!

出典:デイリーモーション

こ、これは凄いわぁ!!
村本さんって、今までも多くの人がビビって声を上げてこなかったことも、臆せずに堂々とたくさん批判してきていたけど、ここまで、私たちが心に溜め込んできたストレスや理不尽さを堂々と公共の電波でぶちまけてくれたなんて…!!

やっぱり、強い人たちに向かって堂々と言いたいことを言える人って、ほんとにカッコいいですぅ~!!
さすが村本さんのウーマンラッシュアワーですぅ!!

Twitter上でも、賞賛と感動の声が続々寄せられている感じで、この日本に蔓延っているあらゆる「理不尽」をわずか6分弱のネタの中に凝縮し、なおかつそれらを滑稽に皮肉り、笑い飛ばしているところも秀逸だね。
(詳しい内容の文字起こしはリテラで見られるよ。)

本来、大衆音楽や芸能などの分野というのは、それこそ、社会弱者の人々のための「ささやかなオアシス」みたいなもので、例えばロックやフォークミュージックでは、彼ら(社会弱者)の怒りや苦しみを代弁するような楽曲が多く生み出されてきたし、お笑いや漫才というのも、権力者を痛烈に批判し、滑稽に皮肉ることで、別のアングルから様々な社会問題を提起し、人々の意識を動かしてきた側面があった。

近代の先進国では、人権意識の向上や表現や言論の自由の観点から、そうした弱者目線での権力批判のコンテンツが数多く存在しており、それが健全な民主主義国家の”象徴”の一つとして認識されてきたものの、近年の日本は、残念ながらそれらとは真逆の方向に向かいつつある状況だからね。

確かに、最近の日本では、有名人による露骨な権力迎合が蔓延していたり、私たち一般市民が政権批判をすること自体がタブー視されたり、逆に誹謗中傷に晒されるような事態も相次いでいるわよね!

こんな風潮が横行すること自体が、普通の民主主義国家としては「異常」だってことなんですねぇ!

村本氏が、ネタの最後に「何よりも本当に危機を感じないといけないのは、国民の意識の低さ!」と、強烈に皮肉って締めたけど、まさに、その危機を「危機」だと感じることが出来ていない(気がついていない)「国民の感性の鈍化」こそが、全ての問題をより深刻化させているといえるだろう。

確かに、ネタの内容そのものは結構ヘビーで、のんきに笑っていられない部分があるのも確かだけど、いよいよ閉塞感が増しつつある日本社会に強烈に一石を投じるネタを地上波で流しきったこと、そして、かたや権力の権化である日本の総理とついには会食を楽しんでしまう「ベテラン芸人」が出現してしまった中で、ここまでリスクや嫌がらせを恐れずに、堂々と弱者側の立場に立った権力批判を続ける芸人が確かに存在していることに、大きな意味と希望を見い出したいね。
(YouTubeに上がった動画が異例の早さで消されているのも、今の息苦しい日本社会を象徴している感じだ。)

やっぱり安倍政権は、日頃からこうした権力批判のコンテンツを相当に強力に目を光らせているのでしょうかぁ。
すでに、日本もいよいよ恐怖政治みたいになりつつありますけど、ここまで多くの人たちに賞賛されているウーマンさんは、これからも第一線で活躍し続けて欲しいですぅ。

そして、ウーマンラッシュアワーに刺激を受けて、これに続くような気骨と根性のある芸人さんがどんどん出てきて欲しいところねっ!
まっちゃんみたいに、時の総理にヘイコラ頭を下げることで大きな顔している芸人なんて、ダサいったらありゃしないし、もっと人としてのプライドや芸人としての矜持を持った、カッコいい表現者が日本でたくさん出てきてくれるのを願うばかりねっ!

おススメ記事&広告

 
Pocket