田崎スシロー氏が復活!早速「桜名簿問題は民主党&官僚のせい」とトンデモ”ペテン発言”連発!「安倍擁護」全開に加え、自身の「ジャパンライフ広告塔問題」を隠す本音が見え見え!

Pocket

どんなにゅーす?

・安倍政権が抱える「桜を見る会疑獄」について、安倍総理が元会長を招待していたことで大きな問題になっている悪徳マルチ企業「ジャパンライフ」の宣伝塔を務めていたことでも知られる、「安倍御用コメンテーター」田崎史郎氏が”出演自粛”を自ら解禁して「羽鳥慎一モーニングショー」に出演。早速、「安倍政権アクロバット擁護」と「保身」丸出しのトンデモ発言を連発し、批判が集まっている。

・田崎氏は、菅官房長官が披露した「民主党政権から記録を残さない慣習が始まった」との詐術をそっくり拝借し、「名簿の記録が残っていないのは、民主党と官僚のせい」との主張をごり押し。安倍総理ともども、招待者名簿の中身がバレる(ジャパンライフ会長が招待されていたことを蒸し返される)のがよほど嫌なのか、その他の出演者からの総突っ込みも無視し、醜い詭弁と露骨なミスリードに終始した。

復活・田崎史郎が「桜を見る会」名簿問題で官邸丸乗りの“民主党ガー”詐術! 羽鳥慎一にまで「出た!民主党」とツッコまれ…

~省略~

まったく姑息と言うほかないが、しかも、これが安倍官邸による作戦であることが、きょうはっきりとした。というのも、「安倍首相の代弁者」たる田崎史郎氏が本日放送の『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日)に出演、さっそく「民主党政権ガー」とはじめたからだ。

田崎氏といえば、詳しくは後述するが「桜を見る会」問題でのワイドショー出演を昨年12月から見合わせていたのだが、ここにきて復活。そしてそれはあまりに見苦しいものだった。

まず、番組では、歴代の人事課長5人が厳重注意処分を受けたことを司会の羽鳥が紹介すると、「かわいそうですね」と感想を漏らした。誰もが官僚が勝手に違法行為をおこなったのではなく、もっと上からの指示があったからに違いないと考えているからこそ、羽鳥はこんな感想をつぶやいたわけだが、これに田崎氏がすばやく反応し、こう反論した。

「いや、そりゃしようがないですよ。かわいそうじゃないですよ、これは。厳正な処分で」
「これね、人事課レベル、人事課長レベルでやってたんですよ。これは2011年からはじまっているんですね」
「公文書管理法に違反することですから、これ、当然やっていなきゃいけないんです。で、2011年からなんですよ。つまり、民主党政権から(記載がなかった)」

さっそく飛び出した「民主党政権から」という文言に、羽鳥は「出た。『民主党もやってたじゃないか』という」とツッコんだのだが、対する田崎氏はまったく意に介さず「うん。これね、あのー、管理簿には記載しなかったこと、そのものが問題なんです」とつづけたのだった。

~省略~

官僚組織について「よくご存知」と田崎氏も太鼓判を押す山口氏から飛び出した、「招待者名簿は絶対にある」「国民はあまりにバカにされている」というコメント。これには玉川氏も「『捨てちゃいました、再現できません』ということ自体がありえない」と同調したが、なぜか田崎氏はムキになり、「『捨てちゃいました』はもちろんアレなんだけれど、その前にね、つくったということを記載していないわけ。それがまずはじめなんですよ」と必死になって話題を名簿管理問題に戻そうとし、「(違法行為のはじまりは)2011年のとき民主党政権ですよね」と躍起になったのだ。

~省略~

呆れてものも言えなくなるが、しかし、玉川氏はこの田崎氏の主張に対して“民主党時代も含めて聞き取り調査をやればいい”と主張し、官僚のせいにしようとする田崎氏の意見に「名簿だって、(「首相枠」をはじめ政治推薦を扱っていた)内閣府のだけが出てこないんでしょ? ほかの役所のやつ全部あるんだもん。だから政治案件って言われるんですよ」と反論。だが、田崎氏は「その論理がわからない」と言い放ち、「人事課でやってた問題なの、これ」と、まるで答えになっていない答えを繰り返した。

「その論理がわからない」って、「人事課でやってた問題なの」という返答で何か言った気になっているほうが意味がわからないのだが、玉川氏はごまかされることなく、ここから田崎氏を“ド詰め”に入ったのだ。

玉川「じゃあ、田崎さんはなんで内閣府のだけないと思うんですか」
田崎「これはあの、内閣府の判断でやってる、課長の判断でできることだから」
玉川「だからその理由ですよ(苦笑)」
田崎「え?」
玉川「判断の理由」
田崎「判断の理由はそりゃあ……」
玉川「そこ取材してくださいよ! せっかく突っ込めるんだから」
田崎「いや、そうじゃなくて、あの、人事課長がいい加減なことやったんだと思う」
玉川「(歴代の)5人ずーっと!?」
田崎「5人ずっと。役人が優秀だと思ってるのが大間違い」

根拠を何ひとつ示さず、「いい加減なことやったんだと思う」とは……。さすがに山口氏も「人事課長はなかでも出世筋が、なかなか優秀な方が行きますよ(笑)?」とさらにツッコミを入れたが、これにも田崎氏は「それは財務省の人事課長とは違うから。これは内閣府の、総理府の人だから」と反論。だが、過去の内閣府で事務次官にまで上り詰めた者たちのなかには大臣官房人事課長経験者もおり、出世コースであることは変わりない。なのに、そうした事実は無視して、田崎氏は徹頭徹尾「役人がやったこと」「はじまりは民主党政権」と主張しつづけ、番組は「ポスト安倍」にかんする話題も取り上げる予定だったのが時間オーバーとなり、そのままコーナーは終了してしまったのだった。

~省略~

【リテラ 2020.1.20.】

田崎スシロー氏による醜すぎる”ペテン発言”の連発に国民から怒り殺到!出演者一同反論したものの、田崎氏とジャパンライフとの繋がりについては質問出ず!

出典:YouTube

あのまま”雲隠れ”したっきり永遠に出てこなくて良かったのに、年が明けてちゃっかり復活したかと思ったら、これまで以上に酷いペテン発言を連発させて…!!
出演自粛の間も全く反省していなかったどころか、ますます安倍政権に媚を売りまくっては、自己保身に必死の有様じゃないのよっ!!

ネット上でも怒りの声が大殺到しているけど、ここまで、誰が見てもバレバレの「低レベルの国民騙しの詐術」を用いては、招待者名簿の廃棄と記録の不備について「民主党と官僚のせい」で意地でも押し通そうとするとは…
もはや、怒りを通り越して哀れみさえ感じてしまうけど、そんなに、(安倍総理と同様に)招待者名簿の存在と、ジャパンライフ元会長の招待問題を徹底的に検証・追及されていくのが嫌なのかな?

まあ、玉川氏をはじめとして、出演者が田崎氏に対して厳しく反論したのは良かったと思うけど、ただ、田崎氏がジャパンライフの広告塔を務めていた問題について、誰一人としてこれを突っ込む人がいなかったというのは、これはいささか”致命的”だ。
田崎氏がしばらくの間テレビから姿を消していたのも、まさに、この「桜疑獄」が彼自身にとっても重大な問題だったからこそだし、ジャパンライフと利得関係にあったうえに、安倍総理の飯トモメンバーの一員でもある田崎氏がこの問題を解説すること自体、そもそもメチャクチャな話だろう。

モーニングショーは、完全に官邸の犬に成り下がってしまっているワイドショーの中でもマシな方なのに、この田崎スシロー氏の復活のせいで、一気にダメダメになってしまったわっ!!
結局は、テレビ朝日の会長もアベ友の一員だし、どこのテレビも真に国民に寄り添った放送なんて「初めから無理」な話なのねっ!!

一昔前のテレビであれば、放送事故もお構いなしに、厳しい突っ込みや激しい論争があったものだけど、スシロー氏のポジションをどうにか確保させるべく、番組全体が配慮していた空気は否めないし、「スシロー復活」の背後には、安倍官邸によるテレビ局への強いプッシュがあった可能性が高いだろう。
こんな風だから、「テレビの時代は終わり」「テレビなんてもういらねぇ」なんて言われちゃうのだし、これから、スシロー氏がまたあちこちの番組でトンデモペテン発言を繰り返すようになるのかと思うと、暗澹たる気持ちになってしまうね。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 

 関連記事