【ゆるねと通信】日本貨物船座礁の原因は「船員の誕生日祝いでWi-Fiに接続したかったから」!?、国民・玉木代表が「自民にも維新にも行かない」と明言!、モーリシャスの国家的危機にも安倍総理は何のメッセージも無し!

Pocket

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

(ゆるねと通信 2020年8月15日号)

モーリシャス重油流出事故、日本貨物船座礁の原因は「船員の誕生日祝いでWi-Fiに接続したかったから」!?

インド洋で貨物船座礁事故 Wi-Fi接続求めて座礁か

地元メディアによりますと、商船三井が運航する貨物船「WAKASHIO」の乗組員は当局の調べに対し、座礁する直前の先月25日夜に乗組員の誕生日を祝っていたと話しているということです。さらに、Wi-Fiに接続するために陸に近付いたと供述しているとも伝えています。こうした一連の行動が原因で貨物船が航路を外れ、座礁した可能性があります。

~省略~

また、AP通信はジャグナット首相が貨物船を所有する長鋪汽船に対して重油の流出による環境被害への賠償を求める方針を示したと報じました。

~省略~





【Yahoo!ニュース(テレ朝news) 2020.8.14.】

一体どうなってんのよこれはぁ!?
まさか、船員の誕生パーティーでWi-Fiに接続したかったがために、本来の航路を外れて、異常なまでに海岸に近づこうとしていたっていうのっ!?

これが本当であれば、モーリシャスの政府や国民だけでなく、ますます世界からの怒りを集中的に浴びることになりそうだね。
(ちなみに商船三井側は、いまだに「調査中で分からない」としており、会社側も今頃かなり青ざめているんじゃないかな。)

しかし、世界中で大きく伝えられているこの未曽有の原油流出事故について、やはり、日本のマスコミは相変わらず、海外メディアの映像や情報をそのまま伝えているものばかりで、独自に現地入りしたり、本格的に調査報道している例がほとんどみられない。
安倍官邸から「これ以上報道しないように」とお達しが出ていることを疑いたくなるくらいに、事故の当事国による責任ある対応や報道がみられないし、これはどう考えてもおかしいだろう。

まさか、電通が主導している「日本スゴイスゴイ番組」や「世界から尊敬される日本」の”国民洗脳工作”に水を差したくないから、こうした不都合な事実を隠そうとしてるんじゃないでしょうね!?
地球上の貴重な生き物が多く死んでしまったうえに、モーリシャスの人々がショックと絶望に見舞われてしまっている中で、こんな風に「知らん顔」をし続けているのは、あまりにも無責任で卑怯だわっ!!

そう疑われてもおかしくないくらいに、安倍政権のデタラメさやインチキさが深刻なレベルに達しているからね。
モーリシャス政府は、事故を起こした日本の船会社に損害賠償を求める方針を示しているけど、想像を絶するとてつもない額に膨れ上がる可能性があるし、会社が負担しきれなくなった場合、日本国民が負担させられる可能性もあるかもしれないね。

 

国民・玉木代表が、疑いをかける国民に対し「自民にも維新にも行かない」ときっぱり明言!

記事の続きは、月額ウェブマガジン「ゆるねとパートナーズ」の有料会員登録を行なっていただけますと閲覧することが出来ます。

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事