■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

モデルナワクチンの「異物混入」、厚労省が沖縄のケースについて「ゴム栓が削り取られた可能性高い」&「問題ない」と強調!→その他の「金属片」については依然”謎”のまま!

モデルナワクチンの「異物混入」、厚労省が沖縄のケースについて「ゴム栓が削り取られた可能性高い」&「問題ない」と強調!→その他の「金属片」については依然”謎”のまま!
Pocket

どんなにゅーす?

モデルナ製新型コロナワクチンについて「異物が混入している」との報告が各地で相次いでいる中、沖縄で報告されたケースについて、厚労省がコメントを発表した。

厚労省は、「武田薬品工業より調査結果を聴取した」ことを明らかにしつつ、「ゴム栓が削り取られた可能性高い」として「品質に問題ない」ことを強調。しかし、その他の接種会場で報告されている「磁石に反応する粒子状の金属性の物質」については何も触れておらず、国民から疑念と不安の声が上がっている。

針刺し時に栓のゴムが混入の可能性と厚労省

沖縄県で使用予定だった米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンの瓶などから異物が見つかった問題で、厚生労働省は29日、注射器の針を瓶に刺した際にゴム栓が削り取られてゴムの破片が混入した可能性が高いとする調査結果を発表した。ワクチンの品質に問題はないとしている。

【共同通信 2021.8.29.】

沖縄県における新型コロナウイルスワクチンの一部ロットの接種中止について

沖縄県の新型コロナウイルスワクチンの接種会場において、昨日28日に一部バイアル及びシリンジ内に異物が確認され、当該ロットの接種が中止された件について、本日、武田薬品工業株式会社より調査結果を聴取したため、その内容についてお知らせします。
調査結果によると、異物が発見されたバイアルは、いずれも穿刺前には異物が混入していなかったことが確認されており、穿刺時のコアリング(別紙参照)等により異物が混入した可能性が高いため、当該ロットのワクチンの品質に問題は無いと考えられます。
また、報告された異物に関する詳細は下記のとおりです。

○製品情報及びロット番号
一般的名称:コロナウイルス修飾ウリジンRNA ワクチン(SARS-CoV-2)
販売名:COVID-19 ワクチンモデルナ筋注
対象ロット:Lot 3005293

~省略~

【厚労省 2021.8.29.】

モデルナワクチン 異物は粒子状金属で製造工程で入り込んだか

モデルナの新型コロナウイルスワクチンの一部に異物が混入していた問題で、混入したのは、粒子状の金属と見られることが厚生労働省への取材で分かりました。
厚生労働省は、製造工程で入り込んだとみて特定を急いでいます。

今月16日以降、全国8か所の接種会場で、モデルナのワクチンの未開封の容器の一部に異物が混入しているのが見つかりました。
異物が混入したワクチンは、スペインの工場で製造され、厚生労働省は、この工場で同じ時期に製造された163万回分のワクチンについて接種を見合わせるよう26日朝から全国863の会場に連絡を取っています。
厚生労働省によりますと、今回、見つかった異物は粒子状で、磁石に反応することから金属製と見られるということです。
製造工程で入り込んだとみて異物の特定を急ぐとともに、混入の詳しいいきさつを調べています。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2021.8.26.】

モデルナワクチンで異物混入報告が続出の中、厚労省が火消し(「問題無し」との宣伝)に奔走!→最も肝心な「金属片」の正体については今もノーコメント!

モデルナワクチンで異物混入報告が続出の中、沖縄のケースについて、厚労省が「ゴム栓が削られた可能性が高い」とのコメントを発表、「品質に問題ない」ことを強調しているわ。
だけど、最も肝心な「金属片」の詳細については、今のところノーコメントのままだし、政府自体が「ワクチン接種促進」の流れにどうにか水を差さないよう、必死になっている様子が見られるわ!

金属アレルギーを持つ女性格闘家が、異物混入が発覚したロットと同時期に製造されたモデルナワクチンを接種し、強烈な副反応に見舞われたことをこの記事で紹介したけど、今回の厚労省発表は、国民の不安の解消にほとんど意味を成していないし、そもそも、ゴム栓の破片が瓶の中で浮遊していたとしても、(最も重要で気になる)「謎の金属片」が全く入っていないことにはならないからね。
厚労省のサイトを見ても、この磁石に反応する「謎の金属物質」の正体について、今のところ全く発表されていないし、このままうやむやにされて、(菅総理や河野大臣の呼び声とともに)このまま何事もなかったかのようにモデルナワクチンが今後もどんどん接種されていく可能性が高そうだ。

Twitterでも指摘する声が出ているけど、例えば、スーパーなどで売られている食品に「謎の金属片」が入っていたことが発覚した場合、大手マスコミがこぞって大騒ぎして、製造元の会社をしつこく取材したり特集を組んで企業を厳しく追及するのは目に見えているわ!
それなのに、ワクチンについては、大手マスコミは武田薬品や大元の(ビル・ゲイツがバックについている)モデルナに取材攻勢をかけたり、ニュースで大々的に特集する気配も全くないし、どう考えてもこれはおかしいわっ!!

確かに、過去に発生した「食品異物混入事件」では、連日のようにテレビで大々的に報道されていたし、普通に考えれば、「知らずのうちに金属片を食べてしまうこと」よりも「知らずのうちに体内に金属片を埋め込まれる」方がよっぽどヤバい&マズイ事態だと思うんだけどね…。
つまりは、それだけ、新型コロナワクチンについては、マスコミも一切触れられないほどの「見えざる強大な力が掛けられている」ってことだし、国民は、こうした案件こそ、より強い疑いの目を持ち、これらの”裏側にあるもの”についてよくよく考えていかないといけない

簡単に言えば、ここまで政府もマスコミ、御用専門家もワクチンを徹底的にゴリ押ししてきた以上、「引くに引けない状態」になってきているってことだし、すでに発覚している多数の重篤な副反応はもちろん、この先大量に出てくることが予想される副反応に対しても、政府レベルで徹底的に闇に葬られては、「なかったこと」にされるのはほぼ確実だろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事