毎日新聞世論調査、安倍政権支持率が27%(-13P)に急落!不支持は64%(+19P)に!安倍シンパ議員は「底を打った」と楽観視も、自民幹部は「危険水域に入った」と危機感!

Pocket

どんなにゅーす?

・2020年5月23日、毎日新聞と社会調査研究センターが全国世論調査を実施し、これによると、安倍政権の支持率が27%(前回比マイナス13ポイント)に急落不支持率は64%(前回比プラス19ポイント)に急増したという。

・安倍政権による、事実上の「検察支配法案」である検察庁法改正の強行採決の動きに多くの国民が強い危機感を持った上に、安倍官邸が違法な手続きで勤務延長させた黒川弘務検事長の「賭け麻雀辞任問題」が大きな影響を及ぼしたと見られており、自民幹部からは「危険水域に入った」との声も出ているという。

内閣支持率27%に急落 黒川氏「懲戒免職にすべきだ」52% 毎日新聞世論調査

毎日新聞と社会調査研究センターは23日、全国世論調査を実施した。安倍内閣の支持率は27%で、今月6日に行った前回調査の40%から急落した。不支持率は64%(前回45%)に跳ね上がった。社会調査研究センターとの共同調査は3回目で、最初の4月8日に44%あった支持率が1カ月半で17ポイント落ち込んだ。

~省略~

東京高検の黒川弘務検事長が賭けマージャンをしていた問題で辞職したことについては「懲戒免職にすべきだ」が52%と半数を超えた。「当然だ」は33%にとどまり、厳しい処分を求める声が強い。

黒川氏の定年を今年2月から延長していた安倍内閣の責任については「安倍晋三首相と森雅子法相の両方に責任がある」が47%、「首相に責任がある」が28%。合わせて7割以上が首相の責任を重く見ている。

黒川氏の定年延長に対しては、首相官邸に近い黒川氏を検察トップの検事総長に就けるためではないかとの疑念が持たれていた。「内閣に責任はない」は15%、「法相に責任がある」は3%にとどまり、首相官邸による検察人事への政治介入を疑う厳しい見方を裏付けた。

「両方に責任」「首相に責任」と答えた層では内閣支持率13%、不支持率78%。検察人事問題への批判が内閣支持率を大きく押し下げたと言えそうだ。

~省略~

【毎日新聞 2020.5.23.】

27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

23日の毎日新聞の世論調査での内閣支持率急落は与党内の動揺を広げ、安倍政権のさらなる求心力低下につながる可能性がある。安倍晋三首相に近い自民党議員には「底を打った」と楽観する向きもあるが、30%を切ったことで「危険水域に入った」(党幹部)との見方も広がる。

~省略~

【毎日新聞 2020.5.23.】

「アベノマスク」やコロナ対策も後回しにした「検察庁法改悪ゴリ押し」に加え、「黒川麻雀辞任」が決定打に!従順で温厚な日本国民もついに「堪忍袋の緒」が切れた!?

出典:Twitter(@AbeShinzo)

ついに、安倍政権の支持率が「危険水域」に入ってまいりました。
毎日新聞の世論調査において、安倍政権の支持率が前回比マイナス13ポイントの27%に。
不支持率はこれ以上に大きな、プラス19ポイントの64%にも上り、実に、2.5倍近くもの差が開く事態となっております。

ようやく、本来あるべき数字に近づいてきた感があるけど、これでもまだまだ支持率が高いように思えるね。
(しかも、安倍シンパ議員は「底を打った」などと楽観視しているようだし、どこまで国民をバカにしてるのだろう。)

なんせ、数百億円もの血税を投じたアベノマスクについては、いまだに多くの国民に届いていない(うちにもまだ届いていない)し、10万円の給付もまだまだ先なのが確実で、これはあまりに遅すぎる。
そして、安倍総理は、4月上旬の緊急事態宣言の頃に「PCR検査を1日2万件にまで増やす」と宣言したのに、なんと、いまだに1万件すら到達しないままに、検査数がいつまでたってもまったく増えず

「極めつけ」は、違法な手続きで定年延長させたうえに、「黒川法案」ともいわれた「検察庁法改悪」をコロナ対策も後回しに強行採決しようとしていた(結局、国民からの猛反対に見舞われて断念)中で、その安倍官邸が”特別扱い”してきた黒川検事長による「緊急事態宣言中の賭け麻雀」の犯罪行為が発覚して引責辞任という有様で、これで支持率が急落しない方がどうかしているだろう。

とにかくも、ボクたち日本国民は、「国家権力が国民に平然とウソをついたり、憲法や法律をおかすことがどれだけ危険なことなのか」について、よくよく理解する必要がある。
これは、指導力やらカリスマ性やら実行力やら以前の問題であり、「国家権力が絶対にやってはいけないこと」であることを分かっておかなければならない。
この時点で、安倍政権は、本来であれば支持率がひと桁くらいにならないといけないはずだし、即刻で内閣総辞職する必要があるだろう。

しかも、安倍総理といえば、カリスマ性もなければ、話も何を言っているのかよく分かりませんし、アベノマスクやPCR検査の実情を見ても分かるように、実行力もゼロどころかマイナス100(安倍総理自身の逮捕対策だけは実行力抜群)です。
つまりは、「いいところが何もない」ですし、これでも支持をしている人々がいるとすれば、「自身と似た特徴を持っていることで親近感を持っている」くらいしか考えられませんね。

あとは、「日本国家や社会が破滅してもいいから、目先の(汚い)カネが欲しい」といった理由かな。
とにかく、民衆が権力者を選ぶ際には、「嘘をつかない」「憲法や法律を守る」ことを絶対条件にしないと、必然的に「自分たちを死に招く結果」に直結するし、巷でよく聞かれる「他に適当な人がいない」というのは完全なる間違いであり、こうした思考を持っている人は、いわゆる”愚民化洗脳”にかかっている状態だ。

今回の調査結果を見る限り、ようやく、少しだけ、まっとうな方向に向かい出したといえそうな状況だけど…改めて「安倍一派だけは絶対に権力に据えてはいない集団である」ことを肝に銘じたうえで、この調子で国民が一致団結しながら、この政権にNO!を突き付けていくことが必要だね。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事