■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【ヤバい】国民投票法改正案を”スピード採決”へ!26日の採決を自民が野党に提案!「コロナ」「桜疑獄再燃」のドサクサに紛れて”憲法改悪”の危険が再度急浮上!

【ヤバい】国民投票法改正案を”スピード採決”へ!26日の採決を自民が野党に提案!「コロナ」「桜疑獄再燃」のドサクサに紛れて”憲法改悪”の危険が再度急浮上!
Pocket

どんなにゅーす?

・改憲に関する手続きを定めた「国民投票法改正案」について、2020年11月26日の衆院憲法審査会で採決を行うことを自民が野党に提案したことが判明した。

「新型コロナ第3波襲来」や、安倍前総理による「桜疑獄再燃」のドサクサに紛れ、重要法案がスピード採決される展開が浮上してきたことに、ネット上は騒然に。拙速な議論のまま採決が強行されては、”憲法改悪”の危険が再び高まってきていることに、多くの国民から強い危機感を唱える声が上がっている。

自民 野党側に国民投票法の改正案 26日採決を提案

~省略~

今の国会の会期末まで2週間を切る中、衆議院憲法審査会の自民・公明両党と、日本維新の会の幹事らが国会内で会談し、憲法改正の手続きを定めた国民投票法の改正案の取り扱いを協議しました。

その結果、改正案の審議を速やかに進める必要があるとして、26日開かれる審査会で、審議と採決を行う方針で一致し、野党側が求めているテレビ広告の規制などの議論も、自由討議として別途行うことを確認しました。

そして、こうした内容を、与党側の筆頭幹事を務める自民党の新藤元総務大臣が、野党側の筆頭幹事を務める立憲民主党の山花憲法調査会長と電話で会談して提案しました。

新藤氏は記者団に対し、「野党側もそれぞれの党の方針があると思うので、よく相談してもらいたい」と述べました。

【NHK NEWS WEB 2020.11.24.】

今国会の会期末が迫ってきた中「国民投票法改正案」の採決が急浮上!「コロナ再爆発」「安倍疑獄再燃」を隠れ蓑に「ゲリラ採決」しようとする菅自民にネットから怒りの声!

出典:Wikipedia

なんと、「新型コロナの第3波襲来」や「安倍前総理の桜疑獄再燃」を”隠れ蓑”に、国民投票法改正案の採決が急浮上
この事態に、ネット上も騒然としております。

まったく、この連中はどこまで汚い上に、国民を根底からバカにしきってるのよっ!?
コロナ危機の再燃に対して、有効な対策を一向に講じようとしないどころか、1%の連中による「憲法改悪」実現のために、国民がコロナ危機で疲弊している状況すらも利用して、騙し打ちの「奇襲攻撃」を仕掛けようとしているなんて!!

まったく、油断も隙もあったもんじゃない。
相変わらず、まっとうな知性や教養はことごとく欠如している一方で、悪知恵だけは異常なまでにとてもよく働くし、(これまでは実態が隠されていたけど)菅政権も安倍政権と全く同じで、(ジャパンハンドラーや戦争資本勢力からの仰せの通りに)”憲法改悪”をごり押ししていく方針であることが明らかになったね。

現在のところ、自民・公明・維新は、国民投票法改正や憲法改悪に無条件で賛同するのがほぼ確実で、その他の野党がどこまで抵抗・反対できるかにかかっている状況だ。
次期衆院選で(自民改憲案に強く反対している)野党勢力を大きく増やすことが出来れば、言うまでもなく、憲法改悪の危険は大きく後退することになるけど、現時点においては国民間で野党の支持が全く広がっていないのが現状であり、このままでは、グローバル資本勢力による「戦争が出来る国作り」のために、今回のようなアンフェアかつ強硬的な手段を用いて、改憲実現への準備がどんどん進められていってしまう危険が大きい

とにかく、今回の採決の流れをどうにかして止めないといけないし、国民自身は、野党議員に対して全力で反対するように強く求めていく必要があるだろう。

菅自民側は「翌日(26日)の採決」を企んでいるということで、あまりにも時間がありません
この悪質極まりない菅政権の”姦計”に対し、ネット上でこれに反対するデモを盛り上げていくなど、国民自身も考えられる手段をフルに用いて、全力で抵抗していく必要がありそうです。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ピックアップカテゴリの最新記事