■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

岸田総理が国連総会で演説するも、ガラガラ&閑古鳥状態に!相変わらず「欧米隷属」「ロシア敵視」のトンチンカン主張を繰り返し、各国要人は誰も相手にせず!

岸田総理が国連総会で演説するも、ガラガラ&閑古鳥状態に!相変わらず「欧米隷属」「ロシア敵視」のトンチンカン主張を繰り返し、各国要人は誰も相手にせず!
Pocket

どんなにゅーす?

・2022年9月20日、岸田総理がNYの国連総会で演説したものの、会場はガラガラ状態で、岸田総理に対する国際的評価が浮き彫りになった。

岸田総理は、ウクライナ戦争について、「ロシアのウクライナ侵略は、国連憲章の理念、原則を踏みにじる行為だ」などと、相変わらず欧米に隷属する形で本質を大きく踏み外した主張を繰り返したうえに、「法の支配に基づく国際秩序の徹底のため、力と英知を結集する時だ」などと強調したものの、各国の要人たちの反応は冷ややかだった。

岸田首相 国連機関イベントで講演 “紛争下の女性支援を継続”

~省略~

国連総会に出席するためニューヨークを訪れている岸田総理大臣は、日本時間の21日夜、女性の地位向上などを目指す国連機関「UN Women」が主催したイベントで基調講演しました。

この中で、岸田総理大臣は「日本や世界が変わるためには、われわれ男性も含めた全社会的な意識改革が必要だ。男女すべての人が生きやすい社会を作るべく、今後も『UN Women』との連携を一層強化し、『誰1人取り残さない』社会を作ることに貢献する」と述べました。

そのうえで「ウクライナをはじめ、世界各地で女性や女児たちが紛争下の性的暴力という重大な人権侵害に直面している。傷ついた女性や女児たちが尊厳を取り戻し、自分らしく生きていくためのサポートを日本は継続していく」と述べました。

また、来年日本がG7=主要7か国の議長国を務めることなどに触れ「引き続き、国際社会の責任ある一員として、ジェンダー平等に向けて力強く貢献していきたい」と述べました。

【NHK NEWS WEB 2022.9.22.】

岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

~省略~

3年ぶりに対面形式で行われている国連総会の一般討論演説に勇んで向かったが、案の定、冷や水を浴びせられたようだ。岸田首相は初日の20日(現地時間)、32番目に登壇した。

ガラガラの会場で「ロシアのウクライナ侵略は国連憲章の理念、原則を踏みにじる行為だ」と名指しで批判。台湾への軍事的圧力を強める中国も念頭に「法の支配に基づく国際秩序の徹底のため、力と英知を結集する時だ」と主張し、国連安保理改革の早期実現などを訴えたが、すでに米国やトルコが積極的に動いている。

【日刊ゲンダイ 2022.9.22.】

「国葬強行」の失態を挽回するべく国連演説を行なうも、会場は閑古鳥状態で世界から相手にされず!相変わらず「ロシア敵視」「台湾危機煽り」の欧米隷属姿勢に終始し”売国路線”を踏襲!

出典:YouTube

安倍氏の国葬強行と統一教会問題で”沈没寸前”の岸田総理が国連本部で演説を行なったみたいだけど、(やっぱり)恥の上塗りで終わったみたいね!
すでに(米国やEU以外の)世界の多くの国がウクライナ戦争の本質を理解している中で、相変わらず、馬鹿の一つ覚えのように、トンチンカンでデタラメな主張による「ロシア敵視」を繰り返す始末ですし、これでは、会場が閑古鳥状態で世界の要人が相手にしないのも無理もないわ!

ネット上では、「小さな声にも真摯に耳を傾けながら、国際社会における法の支配を強化するべく行動していく」などといった主張に多くの突っ込みの声が入っているけど、欧米軍産に忠実に隷従した「ロシア敵視&台湾危機の煽り」といい、改めて、岸田総理がグローバル支配層の忠実な奴隷であり、危険な世界政府主義者である内情が浮き彫りになったといえるだろう。
表向きには、「法の支配を強化」などと言っているけど、「安倍氏の国葬強行」をみても分かるように、実際にやっていることは、日本の民主主義システムや「法の支配」の破壊行為であり、安倍元総理や菅前総理と同じ、欧米支配層によるグローバリズムに基づいた売国路線を継承しているに過ぎない

でも、岸田総理本人は、懸命にグローバリストに媚を売りながら「岸田を買ってくれ」と猛アピールしているものの、”ご主人様”の反応がどうもよろしくないみたいだし、安倍氏の暗殺によって岸田総理に大きな風が吹いてきたのかと思いきや、逆に安倍氏と一緒に”お払い箱”にされそうな雰囲気になってきている。

どうやら、早くもジャパンハンドラーに愛想を尽かされかかってるみたいですし、一刻も早くに問題の本質に則した動きを取っていかないと、ウクライナ戦争にロシアが完全勝利し親ロシア勢力が世界的に主導権を持つようになったら、いよいよこの日本はジ・エンドになってしまいそうだわ!

安倍氏が消され、岸田氏もお払い箱にされそうになっているのを見ると、(いささかプラスの見方をすれば)反グローバリズム勢力(世界の多極化を支持する勢力)が国際的に影響力を発揮しつつあるのかもしれないし、とにかくも、「安倍国葬の強行」「統一教会問題」「円安と株安」などによって岸田政権も一気にレームダックになりかかってきたのは確かではないかな。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事