【上級国民】河井前法相、運転手の秘書に「大幅スピード違反」&後続の警察車両が見逃し!広島県警「個別の事案については回答を差し控える」

Pocket

どんなにゅーす?

・数々の公選法違反疑惑で法務大臣を辞任した自民・河井克行衆院議員が、法相在任時、広島県内の高速道路において運転手の秘書に制限速度60キロオーバーの140キロ運転をさせていた上に、後に続いていた広島県警の警察車両も大幅スピード違反を黙認していたことが発覚。週刊文春が報じた。

本来であれば、一発免停で、6カ月以下の懲役又は10万円以下の罰金となっていた中で、広島県警は「個別の事案については回答を差し控える」とコメント。改めて、警察組織が安倍政権の権力者の違法行為を意図的に見逃す「特権階級優遇システム」が明らかになっている。

河井前法相の大幅スピード違反を広島県警が見逃していた!

~省略~

事件が起きたのは10月5日。河井氏は、正午から北広島町で始まるイベントのため、急いで広島県内を移動していた。その際、河井大臣(当時)が急ぐように求め、80キロ制限の高速道路を、60キロオーバーの140キロで走行したという。

50キロ以上の超過は本来、一発免停で、6カ月以下の懲役又は10万円以下の罰金となる。ところが、警護についていた広島県警の後続車両は、140キロで走る河井氏の車を追いかけつつ、事務所に注意を促す電話を入れたのみで、違反を検挙しなかったというのだ。

その決定的な証拠を「週刊文春」は新たに入手した。克行氏と事務所スタッフらとのLINE上のやり取りだ。そこには、10月5日の12時に〈県警より、「現在140キロで飛ばされていますが、このようなことをされたら、こちらとしてはかばいきれません。時間に余裕を持って、時間割を組んでください」とお電話がありました〉と記されていた。

広島県警に聞くと、「個別の事案については回答を差し控えます。ただ、一般論として警護対象者が乗っている車が一時的に法定速度を上回る速度超過が疑われるような事があった場合は、秘書等を通じて是正を促すこともあります」と回答した。

河井氏の事務所に一連の行為について聞いたが回答はなかった。

~省略~

【文春オンライン 2019.11.6.】

安倍政権の不法行為の数々を警察・検察が意図的に次々見逃し!「上級国民(特権階級)優遇社会」がますますエスカレート!

出典:YouTube

先日に、数々の公選法違反で辞任した河井前法相のさらなる不法行為が明らかになったわ!
本来なら、一発免停で、6カ月以下の懲役又は10万円以下の罰金になるような「悪質スピード違反」なのに、これを現場で見ていた後続警察車両が平然と見逃しって…この国ではどこまで上級国民が徹底的に優遇されているのよっ!?

まさに、安倍政権の連中は「治外法権」といってもいいような状態だし、森友事件飯塚幸三”元院長”の一件などで明らかになってきた「上級国民(特権階級)優遇システム」がますますはっきりと浮かび上がってきている。

それにしても、日本の法制度の頂点に立つ法務大臣が、ここまで数々の無法行為を繰り返していたとは、まさに笑えないような事態だ。
森友事件において安倍一派に全ての罪を擦り付けられようとしている籠池氏も、先の記者会見で「河井氏の一件」を例に挙げたうえで、日本がすでに法治国家としての体をなしていないことを指摘していたけど、まったく彼の言う通りだね。
警察や検察も、安倍一派の犯罪行為はまったく取り締まる気がないみたいだし、現行憲法に基づいた、ごく当たり前の「法治国家のシステム」を再構築できない限り、このままでは日本社会は確実に崩壊・破綻に向かっていくことだろう。

私たち日本国民も、このままじゃ、史上最悪の「真性奴隷の道」にまっしぐらだし、この、信じられないような「上級国民犯罪し放題」の社会に、もっと本気で危機感を持って、怒りの声を上げていく必要があるんじゃないかしら!?

Pocket

 

 関連記事