【可哀想】多摩動物公園の雄ライオンが、雌ライオンに集団で襲われるトラブル!傷だらけの痛ましい姿に、心配の声相次ぐ!

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年3月19日、東京・多摩動物公園で飼育されている1頭のオスのライオンが、同じエリアで飼育されている複数のメスのライオンに集団で襲われるトラブルが発生。痛ましい悲鳴を上げては多くの傷を負っているオスのライオンの姿に、ネット上では心配する声が上がっている。

↓雄のライオンが複数の雌に襲われるアクシデント(2分15秒くらい~、閲覧注意)

見たことのない衝撃的なシーンと痛ましいオスライオンの姿に、ネットでも驚きと心配する声が広がる

出典:YouTube

にゃにゃあ~~っ!
東京の多摩動物公園で、オスのライオンたんが複数のメスライオンたんに集団で襲われる事件が起こってしまったにゃあ。
上の映像を観ても、オスライオンたんが痛がってもがいたり悲鳴を上げて暴れている姿がはっきりと映ってるし、とっても可哀想だにゃぁ!

う~む。一体どうしてこんなことになってしまったのだろうか。
ちなみに、この記事によると、昨年(18年)の10月頃より、繁殖のために九州自然動物公園からやってきた2頭のオスライオンを段階的にメスと同じエリアで飼育する対応を行なってきたようで、記事を読む限り、途中までは比較的良好な関係性を保つことが出来ていたみたいだ。
しかし、外からやってきたライオンを群れの中に溶け込ませることは、元来よりかなり難しいみたいだし、現在の様子を見る限り、オスの身体には(メスから噛まれたとみられる)多くの傷がついており、明らかに平常ではないような状態であるように見える。

また、上の映像においてメスの行動をよく見てみると、オスの身体に噛みつきながら、たてがみの毛をしきりにむしり取っているような行動も見られることから、メスライオンが何らかの強いストレスを感じていることで、集団でオスを襲い、執拗に噛みついている可能性があるかもしれないね。

とにかく、この状態が続けば、オスライオンたんもさらに強いストレスを感じて死んじゃうかもしれないにゃ…!
この先のどうなるか心配だにゃあ~。

オスライオンもやけにぐったりしているように見えるし、確かにちょっと心配だね。
やはり、本来広大な草原や砂漠などに住んでいる野生動物を人工的に飼育すること自体、様々な困難や問題が発生しやすいのは確かだし、(現在のところは多摩動物公園側は何もコメントを出していないみたいだけど)今後もこうしたトラブルが続くようであれば、何らかの対応をする必要があるんじゃないかな…。

Pocket

 

おススメ記事&広告