サッカーW杯、日本がコロンビアに2対1で勝利!試合開始直後にコロンビアは反則行為で一発退場!終始優位に試合を進める!

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年6月19日、サッカーW杯ロシア大会で日本はコロンビアに2対1で勝利し、重要な初戦をものにした。

コロンビアは、試合開始直後(前半3分)に自陣のペナルティーエリア内でのハンドの反則によって一発退場となり、このPKを香川選手が決めて先制その後(前半39分)に相手のFKで同点に追いつかれるも、1人少ないコロンビアに対して試合を終始優位に進め、後半28分にCKからの大迫選手のヘディングシュートが決勝点となった。

コロンビアにリベンジ!!大迫の決勝ヘッドで日本は“金星”発進

日本代表は19日、ロシアW杯のグループリーグ初戦でコロンビア代表と対戦し、2-1で競り勝った。前半6分、MF香川真司のPKで先制。同39分に直接FKで追いつかれたが、後半28分、CKからFW大迫勇也が決勝ヘッドを決めた。前回大会8強、FIFAランキング16位のコロンビアを倒す金星。初戦で大きな勝ち点3をもぎ取った日本は24日の第2戦でセネガルと対戦する。

~省略~

キックオフ直前にエンドを交代して幕を開けた運命の第1戦は開始早々に大きく動いた。前半3分、日本はクリアボールを香川がワンタッチで前線に大きく蹴り出す。最終ラインの裏に抜けてきたボールに反応した大迫はDFダビンソン・サンチェスが対応にもたつく間にうまく体を入れ替え、そのままゴール前へ。GKとの1対1から放った左足のシュートはGKダビド・オスピナに阻まれたが、こぼれ球を香川が左足でシュート。これがPA内でMFカルロス・サンチェスのハンドを誘い、PKを獲得した。

得点機会を右腕で阻止したカルロス・サンチェスは一発退場。PKを獲得したうえ、開始早々に数的優位に立った。PKのキッカーを務めたのは香川。冷静にGKの動きを見て、正面やや右に流し込んだ。香川のW杯初ゴールが貴重な先制点。前半6分、日本が立ち上がりにリードを奪った。

【Yahoo!ニュース(ゲキサカ) 2018.6.19.】

出典:Twitter(@nanj_push)

やぁりましたぁ~!!
圧倒的不利と言われていた、第1戦のコロンビア戦でしたけどぉ、まさかの試合開始直後の相手選手の一発退場をきっかけに、日本が予想外の快勝を収めましたよぉ!!

にゃにゃあ!!
ほんとにサッカーって、実際に蓋を開けてみないと何が起こるか分からないもんなんだにゃあ~!

いやあ、今回コロンビアは、主力選手のハメス・ロドリゲスがケガでスタメンから外れたことと、何よりも、試合開始直後のペナルティーエリア内のハンドによる一発退場&日本へのPK献上によって、結果的に半ば自滅したような形になったね。
それでも、思わずやってきた大チャンスに香川選手が落ち着いてPKを決めたのが良かったし、その後も、状況に応じた戦い方で終始優位に試合を進められたのも良かったね。

コロンビアは、思わぬ展開で序盤から劣勢を強いられたし、それでも個人の力で前半に同点に追いつくことに成功したものの、そこから勝ちを急ぐ焦りがあったか、後半には監督の選手起用のミスもあった感じで、これが日本にとっては後半の大迫選手の決勝点に繋がった

ハリルホジッチ監督の電撃解任以降、一体どうなることかと思ったけど、巷の評判があまりに良くなかったことで、日本の選手へのプレッシャーが逆に軽減されたかもしれないし、最初の一発退場がなかったら全く違った展開になっていたかもしれないけど、ひとまず今回は全体としてはいい試合内容だったかと思うよ。

その一方で、不安視されていた川島選手の動きがやはり鈍いように感じたし、所々で問題視されていた欠点も出ていたように見えたので、これらを修正した上で次戦以降も頑張ってもらいたいところだね。

はぁい!
ここまでは内部のゴタゴタなど、何かと問題があった感じですけどぉ、今回の金星を足がかりにして、この調子で次のセネガル戦も勝利を期待したいと思いますですぅ!!

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事