【デタラメ国】医学部の不正入試が次々判明!順大「女子はコミュ力高いから減点」日大「卒業生の子どもを優遇」、岩手医科大、金沢医科大、北里大、神戸大、福岡大も!

Pocket

どんなにゅーす?

・日本の大学における医学部の不正入試が全国的に次々発覚する事態になっており、各大学の関係者による謝罪会見が相次いでいる。

東京医大昭和大をはじめ、岩手医科大、金沢医科大、北里大、神戸大、福岡大の不正入試が明らかになっている中、順天堂大医学部は「女子はコミュニケーション能力が高いから減点した」と説明し、批判が殺到。また、日大医学部も、卒業生の子どもを優遇するなどの不正が発覚している。

順大入試、女子を一律に減点「コミュ力が高いため補正」

順天堂大(東京都)は10日、医学部入試をめぐって設置した第三者委員会から「合理的な理由なく、女子や浪人回数の多い受験生を不利に扱っていた」と指摘されたと公表した。特に面接などが行われる2次試験では「女子はコミュニケーション能力が高いため、補正する必要がある」として点数を一律に下げていた。大学によるとこの結果、2017、18年春の入試では計165人が不当に不合格となった。大学はこのうち、2次試験で不合格となった48人(うち女子47人)を追加合格にする方針という。

第三者委の報告書によると、女子を不利に扱っていた理由を順大の教職員らに聞き取り調査をしたところ、①女子が男子よりも精神的な成熟が早く、受験時はコミュニケーション能力も高い傾向にあるが、入学後はその差が解消されるため補正を行う必要があった②医学部1年生全員が入る千葉県印西市のキャンパスの女子寮の収容人数が少ない――と説明があったという。

~省略~

【朝日新聞 2018.12.10.】

日大医学部でも“不適切入試” 卒業生の子女を優遇

日本大学医学部で“不適切入試”があったとして12日、同大学が緊急会見を開いた。

高山忠利医学部長によると、女性や多浪生への加点・減点などの得点調整は一切なかったものの、追加合格者に関して、日大医学部卒業生の子女を優遇して合格候補者を決定していたという。

日大医学部の一般入学試験の受験生は約3500人で、学科試験の第一次試験で選抜されるのは490人。面接・調査書・小論文・適正試験による第二次試験で、100人の正規合格者を決定するという。さらに、第一次追加合格者として上位約30名を順次選定、二次以降の追加合格予定者を入試管理委員長・入試実行委員長・事務局長で選定する中で、「入学予定者を募集人員近くまで近づけておく必要があるため」「本学医学部への入学意識が高く、大学付属病院や関連病院の維持・発展に資する可能性が高いため」として、卒業生の一部の子女を優遇していたことを明らかにした。これにより優先的に合格となったのは、平成30年が2人、平成29年が8人の合計10人。合格できなかった10人に対しては、本人の希望を確認したうえで、希望者には平成31年度の合格者として取り扱うという。

~省略~

【Yahoo!ニュース(AbemaTIMES) 2018.12.12.】

医学部における常軌を逸した女性差別や不正入試が次々明らかに!順大による「女子はコミュ力高いから減点」の説明に、怒りの声が大殺到!

予想通りと言うべきか、日本の大学の医学部における不正入試が、雪崩のように次々と発覚し続けています。
中でも、順天堂大医学部による「女子はコミュニケーション能力が高いため、補正する必要がある」との説明に対して、ネット上で怒りの声が殺到しており、日本の社会に根付いている凄まじい女性差別の実態が露呈しています。

このような内情があるなんてつゆ知らずに、日々真面目に勉学に励みつつ、コミュ力も磨きながら面接に備えていた女子の受験生があまりにもいたたまれないけど…はっきり言えば、これは「デタラメ三流国の極致」と言わざるを得ない。

「フェア・平等」であることが大前提である入学試験において、このような細工や点数操作をしていることがひとたび発覚すれば、不正を行なってきた大学のみならず、日本の社会制度そのものの信頼性が根底から崩れ去ることに繋がってしまうし、こうした不正を何の痛痒もためらいもなく繰り返してきた、大学側のモラルやコンプライアンス意識の低さには開いた口が塞がらない

つまり、日本の国家や社会の上部にいる「権力層」は、健全な社会を維持するために必要な、「公平・公正であるべきはずの事柄」をねじ曲げたり、改ざんするなどして、「市民を騙すのが当たり前」というような感覚を持ってしまっているということだろう。

一言で言えば、「日本の権力層の知性やモラルが圧倒的に低い」ということだけど、こんなレベルの低い社会で不当に支配されているボクたち一般市民にとっては「たまったもんじゃない」というものだ。

リテラでも、この問題や文科相の体たらくぶりを痛烈に批判しているけど、公平・公正であるべき入試を陰で不正に操作・改ざんするというのは、国家や社会そのものの信用を著しく毀損させるものであり、近代的な先進国においてはあってはならないものだ。
日本の社会制度や前時代的な「差別文化」などがこうした状況を生み出していることも考えられる以上、国民自身がこの事態をもっと深刻に捉えた上で、社会全体を改善させていく努力が必要かもしれないね。

ここまで不正入試が各地の医大で常態化していた以上、またしても、日本国家の信用そのものが国際的に大きく低下していくことに繋がっていきそうですね。

ぶっちゃけて言えば、「”これ”が日本の社会である」ということだね。
この国では、政府レベルでも、「公平・公正」だと信じられてきたものが当たり前のように操作・捏造・改ざんされていたことが発覚する事例が相次いでいる以上、政府や大企業、マスコミなどが出してくるデータやあらゆる事柄に対して、無防備に信じるのは危険ということなのかもしれないね。

Pocket

 

おススメ記事&広告