【おそっ】百田尚樹氏が安倍政権を批判!新型肺炎の対応について「総理には危機管理能力が欠如している」→ネット「ついに見切ったか」「足りないのは危機管理能力だけじゃないんだけど…」

Pocket

どんなにゅーす?

・2020年1月30日、熱烈な安倍シンパとして知られる作家の百田尚樹氏が、日本政府による新型コロナウイルスへの対応について「こんなことを言いたくはないが、安倍総理には危機管理能力が欠如しているのが明らかになった」と安倍総理を批判した。

・その上で、「悲しいことに自民党の大臣たちも皆失格。もちろん野党とメディアはそれ以下。つまり日本は全然ダメな国なのだ」と、しっかりと安倍政権以上に野党を下げつつ、日本政府の新型ウイルスに対するお粗末すぎる対応を非難した。

百田尚樹氏「安倍総理には危機管理能力が欠如」新型コロナへの対応の「甘さ」に苦言

作家の百田尚樹氏が30日夜、ツイッターに連続投稿。

~省略~

百田氏は「コロナウィルスに対する世界各国の対応と比べて、日本の対応の甘いことと言ったらない!想定を超えた事態に固まってしまった感あり」と嘆き、「もしこのまま何事もなく終わったとしても、日本政府の危機管理能力の無さが悲しいまでに露呈してしまった…」と断じた。

さらに、百田氏は「こんなことを言いたくはないが、安倍総理には危機管理能力が欠如しているのが明らかになった」と指摘。「政治家の真の実力は、未曾有の緊急事態に対して、勇気ある決断を下せるかどうかにある」とした上で、「悲しいことに自民党の大臣たちも皆失格。もちろん野党とメディアはそれ以下。つまり日本は全然ダメな国なのだ」と危機感を募らせた。

【Yahoo!ニュース(デイリー) 2020.1.31】

百田氏、自らにウイルスの脅威が迫ってきた段階になって、ようやく安倍総理を批判!(でも、野党をそれ以上にディスることも忘れず)

出典:Everyone says I love you !

百田センセイが今頃になって、安倍政権や安倍総理を批判し始めているわ。
どうやら、自分自身に新型ウイルスの脅威が迫ってきた段階になって、ようやく、この政権の棄民性に気がついたみたいね。

当サイトにおいても、これまで、数々の台風や豪雨、大地震などの被災者が、安倍政権から血の通っていない「あまりに酷い扱い」を受け続けてきたことに対して、一貫して怒りの声を上げ続けてきたし、心あるネットユーザーや一部の有名人も、ずっと、そんな「棄民性全開」の安倍政権に危機感を募らせてきたんだけど…いかに、彼らが「自分さえよければいい」といった自己中心的で都合のいい連中なのかが分かるね。

しかし、そんな中でも、百田氏はしっかりと安倍総理以上に野党のことをこき下ろすことは忘れないし、これからも安倍政権が続いていくことを想定した上で、ちゃっかりと自らの立ち位置を確保しているようにも見えるね。

一部では、こうした百田さんらの声に対して「緊急事態条項を設置させるための布石なのでは?」みたいな疑いの声も出ているけど、どうやら、ネット上では、コアな安倍シンパライトな安倍シンパとの間で、若干の”溝”が生じてきたみたいね。

コアな安倍シンパ(直接的に安倍政権から多大な権益を受けている勢力)は、いまだに安倍政権のずさん対応を露骨に棚に上げつつ、相も変わらず野党非難に明け暮れているけど、大した権益を受け取っていないライトな安倍シンパからは、今回の安倍政権の新型ウイルスの対応について批判的な声が着実に増えてきているようだ。

ボクなんかは、今回の安倍政権の対応は全く予想通りだったし、「言わんこっちゃない」という言葉しか出てこないけど、どうやら、人の不幸や痛みに対しては何も感じないような自己中な人々も、いよいよ自らにも新型ウイルスの脅威が本格的に降りかかってきた段階になって、ようやく安倍政権の壊国性や棄民性を認識し始めてきたようだ。

詰まるところ、安倍総理はすでにオワコンと化しており、かつての支持者もどんどん離れ始めている状況ということかと思うけど、まずは、これ以上の日本国内のウイルス蔓延をどうにか食い止めないといけない
その上で、安倍政権のずさん対応の責任を徹底的に追及し、数々の違法行為についてもしっかりと刑事責任を取らせたうえで、史上最悪の「売国・壊国政権」を完全に終わらせる必要があるね。

ほんと、あの熱烈な安倍シンパの百田さんすらこんなことを言い始めたのなら、安倍政権もいよいよ末期ね。
この先新型コロナウイルスが大流行して、さらに収束まで長期化するとなれば、東京五輪の開催までもが怪しくなってくるし、コアな安倍工作員以外にアクロバット擁護してくれる人もいなくなっちゃった中で、このままウイルスと一緒に安倍政権も”退治”しちゃいましょう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事