【悲報】2019年版外交青書、「北方四島は日本に帰属する」との文言消える!ネット「これでも自称愛国の安倍シンパはダンマリなのか?」「まさかこれほどの売国を目の当たりにするとは」

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年4月23日、河野太郎外相が閣議の中で2019年版外交青書を報告し、18年版にはあった「北方四島は日本に帰属する」との表現が消えたことが判明。また、「北朝鮮に対する圧力を最大限まで高めていく」との文言も削除されたとのこと。

・ネット上では、安倍政権による北方領土の売国の動きが加速していることに怒りの声が噴出。安倍政権に怒っている国民から、「これでも自称愛国の安倍シンパはダンマリなのか?」「まさかこれほどの売国を目の当たりにするとは」などといった声が上がっている。

「北方領土は日本に帰属」消える
外交青書、対北朝鮮圧力も削除

河野太郎外相は23日の閣議で2019年版外交青書を報告した。18年版にはあった「北方四島は日本に帰属する」との表現が消えた。「北朝鮮に対する圧力を最大限まで高めていく」との文言も削除された。4島を実効支配するロシアと、拉致問題解決に応じない北朝鮮への態度を一定程度軟化させることで、それぞれとの交渉を前進させる狙いがある。

北方領土の記述で19年版は日本の法的立場に関する説明を回避。「問題を解決して平和条約を締結」するとの言い回しにとどめた。18年版にあった「未来志向の発想により、平和条約の締結を実現する」も踏襲しなかった。

【共同通信 2019.4.23.】

安倍政権の究極的な売国が炸裂中!当然のごとく、「自称愛国保守」安倍シンパのペテン勢力は揃ってダンマリ!

出典:Twitter(@wanpakutenshi)

ネット上のまともな人たちからも怒りの声が上がっているけど、安倍政権がついに「北方四島は日本に帰属する」との文言すら自ら引っ込めるようになってきてしまったのねっ!!
これまで散々国民の血税をロシアに献上してきたくせに、しまいには、これまで一貫して日本政府が主張し続けてきた北方領土の帰属まで自分から手放すような様子まで見せ始めて…これこそ、戦後希に見る「最悪レベルの売国」なんじゃないかしら!?

安倍政権は、生粋の「アメポチ」のみならず、ついに「ロポチ」にまでなってきた状況だね。
その一方で、特に安倍一族が昔から深い関係を築いてきた韓国に対してだけは威勢良く吠えまくる「プロレス」を展開するばかりだし、そんな朝鮮統一教会と一心同体の安倍政権を「嫌韓思想」の「自称愛国保守」が熱烈に支持をし続けているという…何から何まで「ペテン」に満ちあふれているこの国の現状だ。

当然ごとく、ネット上にウヨウヨ存在している「自称愛国保守」の安倍シンパのペテン勢力は、安倍政権による「稀代の売国」には何の声も上げないし、一方で、自分たちの権益を脅かしかねなかったかつての民主党政権や現野党に対しては、「反日」「売国」と騒ぎ立て、何でもかんでもイチャモンをつけまくるペテン工作を展開しているね。

つまり、ネット上にウヨウヨ存在している「自称愛国保守」は、1%のグローバル資本勢力によるグローバリスムの推進を手助けするグローバリストであり、日本国家の衰退・弱体化や、日本国民の貧困や疲弊を強力に支援する、究極的な詐欺勢力というわけだ。

改めて見返しても、もうこの国は政治・マスコミ・ネットに至るまで、何から何まで騙しとペテンに埋め尽くされている状況だわっ!!
ネット上にウヨウヨ蠢く「自称愛国保守」の連中が、史上最悪の売国政治家の安倍総理を盲目的に支持してる一方で、この連中から「反日パヨク」のレッテルを貼られている人たちが安倍政権の売国に一斉に怒ってるんだから、あまりにウソとフェイクが多すぎて頭が混乱してきてきちゃうわっ!

山本太郎議員もこの事態について「逆転現象が起こっている」って言っているけど、これも全ては、1%のグローバル資本勢力による(1%が99%を徹底支配・搾取する)グローバリズムを隠すために作り出されたフェイクの数々だ。

この国では、国民を激しく不幸にし、グローバリストへの売国を繰り返す傀儡政権が「愛国者」として讃えられグローバリストに逆らい、国民第一の政治をやろうとする愛国政治家が「売国奴」と罵られる構図が続いてきたし、現在の安倍政権では、ついにそうした現象が露骨に現われ、グローバリストによるペテンの手口があからさまになってきている。

ようやく、多くの国民も徐々にこうした詐欺の手口に気がつき始めてきている様子だし、こうしたグローバリズムの実態やカラクリをよく知り、明確にこれに反対する国民運動を起こしていかない限り、これからも、安倍政権のような真の売国勢力が「愛国者」として、日本国民を不幸にし続けていく動きがますます加速していくことになるだろう。

Pocket

 

 関連記事