【炎上】自民・長尾敬氏が「レーダー照射騒動」で韓国への”渡航制限”を主張!「常軌を逸した国に渡った場合、日本人が何されるか分からない」

Pocket

どんなにゅーす?

日韓によるレーダー照射騒動が激化している中、一部の自民党らが韓国に対する経済制裁を主張し、これに多くの「自称愛国」の安倍シンパ勢力が大きく賛同する事態になっている。

・中でも、自民・長尾敬議員は「今の韓国の様に、常軌を逸した国へ渡航した場合、日本人が何をされるかわかりません」「感情だけで理が通じない。協議や法の支配、倫理、道徳も通用するとは思えない」とツイートし、韓国への渡航制限を主張。安倍シンパが大きく同調している一方で、国民から大量の批判や怒りのコメントが寄せられている。

大使召還、経済制裁を=自民部会、対韓国で強硬論

自民党は11日、外交部会・外交調査会の合同会議を開き、徴用工訴訟を受けた韓国裁判所の日本企業の資産差し押さえ決定や、韓国駆逐艦による自衛隊機へのレーダー照射などで深刻化する日韓関係について議論した。出席議員からは日本政府に対し、対抗措置として、駐韓大使の召還や韓国人に対する就労ビザの制限、何らかの経済制裁などを求める強硬論が相次いだ。外務省幹部は、会議での意見を河野太郎外相に伝える考えを示した。

【時事通信 2019.1.11.】

「レーダー照射騒動」を通じて韓国への憎悪感情をひたすら煽る自民議員たちは、背後で(文鮮明・韓鶴子を頂に置く)「朝鮮統一教会」と深い繋がり!

出典:Twitter(@takashinagao)

「日韓レーダー照射騒動」が(まるで意図されているかのように)どんどん激化してきているけど、ついに、一部の自民党議員から、韓国への経済制裁を求める声が上がってきては、長尾敬議員が、「常軌を逸した国へ渡航した場合、日本人が何をされるかわからない」「協議や法の支配、倫理、道徳も通用するとは思えない」とのコメントともに、韓国への渡航制限を主張し始める事態になってきたわ。

ネット上でも、長尾議員のツイートに大きく賛同する声と、強い非難の声が殺到している状況だけど、そもそも、この議員さんって、「朝鮮のカルト組織」と深い接点がある人なんだけどね。

これまでも、(セクハラ発言デマ拡散など)様々な問題行動を繰り返してきた長尾敬議員が、またもおかしな動きを見せ始めているね。

軽くネットの情報をさらってみただけでも、長尾敬議員は、谷川とむ議員とともに、17年4月に朝鮮カルト宗教の統一教会(世界平和統一家庭連合)の関連団体のイベントに参加し、今後の同団体の活動を応援していくとのスピーチを行なっていたとのことだ。

つまり、今回のレーダー照射騒動に乗じて、日本国民に嫌韓感情をことさらに煽っている自民党議員自身が、深いレベルで朝鮮勢力と繋がっている実態があるということだ。
(ちなみに、やや日刊カルト新聞が当時にこの件について2人の議員に質問書を送ったところ、「今回の取材はご遠慮させていただきたい」「ノーコメント」と揃って口をつぐんだようだ。)

↓今回韓国に対する強烈なヘイトツイートを繰り出した長尾敬議員は、(谷川とむ議員とともに)統一教会の関連団体の会合に参加。

出典:mamorenihon.wordpress.com

統一教会2世の政治組織UNITEの学習会に自民党国会議員が参加、応援を約束

今年4月、現職の自民党国会議員2名が、大阪市内の区民会館で開かれた統一教会(世界平和統一家庭連合)の2世による政治組織UNITEの学習会に参加し「UNITEの今後の活動を応援する」と挨拶していたことが判った。
また、今年6月には同教団の関連団体が共催するイベントを、複数の自民党国会議員後援会事務所が後援していたきことも判明した。
自民党国会議員と同教団との関係はいかなるものなのか、名前の上がった国会議員を取材した。

◆大阪で2人の自民党国会議員が UNITE学習会に参加
4月8日、大阪市東淀川区民会館でUNITE・KANSAIが学習会を開いた。昨年1月に結成された全国に支部を持つUNITEは「大学生が自主的に結成した組織」としているが、実際には統一教会と同教団の政治組織・国際勝共連合が主導して教団の2世に政治活動を行わせているとの疑惑が持たれている。
UNITEは今年3月、団体名を『国際勝共連合大学生遊説隊UNITE』から『勝共UNITE』に変更している。

UNITE・KANSAIの学習会に参加したのは長尾たかし衆議院議員と谷川とむ衆議院議員(ともに自民党)だ。

同学習会には柳本顕前大阪市議も参加している。柳本顕前市議の叔父は柳本卓司参議院議員であり、柳本卓司議員はこれまでに2013年10月にさいたまスーパーアリーナで開催された韓鶴子総裁の大規模講演会で中川雅治参議院議員とともに来賓挨拶した他、韓国での原理研究会(CARP)のイベントに来賓出席するなど同教団とはずぶずぶの関係にあると指摘されている議員だ。

長尾議員と谷川議員に質問書を送付した。

【質問書2017年6月20日】(質問の要旨)

・UNITEが旧統一教会の2世信者による団体であることを知った上でUNITE KANSAIの学習会に参加されましたか?
・UNITE KANSAIの学習会に参加された経緯を教えてください。自民党首脳や官邸筋、安倍首相から同学習会に参加するよう要請はありましたか?
・当日の様子を報告しているUNITEのHPには『議員の先生方は、「若者の政治離れが叫ばれる中、こんなにも純粋で、政治の勉強をしている若者が集まっていることに大変驚き、感動した」と語られ、「勝共UNITEの今後の活動を応援する」と約束されました』との記載があります。旧統一教会によるUNITEの活動を応援されるお気持ちに変わりはありませんか?
・旧統一教会は霊感商法や偽装勧誘などの社会問題を起こしてきた教団ですが、その教団が主導するUNITEの活動を応援することは反社会的団体の活動に加担することに繋がります。そのことについての見解を聞かせてください
・旧統一教会、国際勝共連合との関係を教えてください。同教団や同連合から支援を受けたことはありますか
・昨年11月17日に参議院議員会館で開かれた世界平和国会議員連合の集会に参加されましたか

以下は両議員の回答だ。

・長尾たかし事務所「今回の取材はご遠慮させていただきたいと思っております」
・谷川とむ事務所 「ノーコメント」

~省略~

【やや日刊カルト新聞 2017.7.11.】

米・イスラエルのグローバリストの覇権を脅かさないように、米韓勢力と癒着する自民党議員が「日韓分断」を国民に刷り込む”ペテン”の手口!

朝鮮勢力と深く繋がる連中が日本国民に韓国への憎悪を植え付けているっていう構図は、一見すると矛盾しているように見えるけど、日本と韓国はどちらも米・イスラエルの「グローバル資本勢力」の傀儡国家で、日韓双方が一致団結したり、その勢力が強くなっていかないように、グローバル資本勢力が常に「両者の分断やいざこざを引き起こさせている」構図が存在していることを理解できれば、こうした動きも何らおかしなことでもないことが分かるわ。

統一教会というのは、表向き、文鮮明その妻・韓鶴子を指導者に据えた朝鮮系カルト宗教だけど、その背後には、安倍総理のおじいさんの岸信介や、「右翼」を標榜した活動家・児玉誉士夫、笹川良一ら元A級戦犯のCIAエージェントが設立に関わっている上に、「国際勝共連合」という巨大政治組織を結成し、戦後日本の自民党内で強大なネットワークを構築してきた。

こうした統一教会の実態とは、「国際宗教団体」を装った、米イスラエルのグローバル資本勢力が日韓の政治を自在にコントロールするために作り出された「工作組織」であり、この大きな”木の根っこ”があらゆる関連組織や別の宗教団体を派生させ、これまでの日韓の様々な衝突や国民洗脳に大きな役割を演じてきたということだ。

現在では、日韓のレーダー照射騒動が、収拾がつかないほどに泥沼化している状況だし、(朝鮮の闇勢力と繋がる)自民党議員からも、(この「日韓の衝突」をネタに)いたずらに韓国への憎悪を煽る動きを見せては、マスコミもこれに追従するような動きを見せているけど、これはどうみても、「背後でこれを先導(扇動)している勢力がいる」と考えるのが良さそうだね。

事実、現在進行形で日本がロシアに対してどんどん売国している実情が、この騒動によって見事に覆い隠されているし、なんだか韓国側も安倍政権による「失策隠蔽の動き」を半ばサポートしているようにも見えてくるわね。

韓国の側においても、(グローバル資本に飼われている)統一教会と繋がった「反日議員」や「反日団体」が強い影響力を持っているし、こうした韓国国内の政治勢力に配慮しつつ、安倍政権に対する”支援”をしている(韓国への敵意を日本国民間に煽ると安倍政権支持率がアップ)ように見えるね。

とにかく、日韓を取り巻く”闇”は、そのルーツは大日本帝国時代に日本が朝鮮半島を支配していた時代に遡るほどに相当に深いし、ちょっとやそっとで解決できるような問題ではない。
これというのも、長年にわたって欧米のグローバル資本勢力が作りあげた「壮大なペテンの構図」だし、この「ペテン」の中心的な位置に鎮座しているのが、統一教会とも切っても切れないほどの関わりを持つ安倍一族であるということだ。

「差別に反対」「ヘイトは絶対にダメ」との声を上げていくことはとっても大切かと思うけど、その前にまずはこうした「ペテンの構図」が日韓を覆っていることを理解することが必要かもしれないわ。
この腐敗した構図をどうにかしない限り、永遠に日韓の分断やイザコザはなくならないでしょうし、常軌を逸した「韓国ヘイト」をぶちかます議員も今後も絶えることはなさそうね。

そして、今回の「日韓の泥沼の衝突」にまんまと釣られては、韓国への憎悪感情を爆発させている人たちも、自分たちがいいように操られ、洗脳させられていることに気がついた方がいいと思うよ。

おススメ記事&広告

 
Pocket